天中殺のこと

旧正月といえばマンダリンオレンジ。でもこれアメリカのネーブルですね;

 

天中殺があけました

2016年2月から2年間の「申酉天中殺」が終わりました。

☆ご自身の天中殺は こちらのサイトで調べられます

天中殺の時期は新しく何か始めたり大きな決断(転職、結婚とか)、大きなお買い物(家とか)をしないように。旅行も控える。そして欲張らないこと。と事前に聞いていたので、結構気をつけていました。

それでも何もないことはなかったかもしれません。

自分の振り返りとして、またこれから過ごす方にも少しこんなもの?ということを実体験としてシェアしたいと思います。

 



気をつけていたこと

会社命令での転勤に伴う引越しと、転職というか再就職はありましたが、基本的に自分の意思で動かないように、割と言われるまま、流されるままにしていました。

旅行も…自らはあまり提案しないようにしていたかな。行き先などの大枠の決定は私と運気が逆の夫に任せるようにしていました。

シンガポールが好きすぎて引越しは心底悲しかったし、就職活動は正直面倒だなと思いましたけどね!

それでも職業訓練校も行ったりして真面目に勉強しました。その時の知識はめちゃくちゃ役に立っています。

 

あとは、落ち度がない行動を心がけるというか、きちんとしようと思っていました。

モノをなくすとか期日に間に合わないとか、うっかりや面倒くさがりがたたって適当にしてしまうことが少なからずあったのですが、天のご加護のない時期にそんなことしてたら容易にバッシングされるだろうと思い、

そういうことがないように、モノの定位置を決めて、見やすいくらいしかストックや種類を持たないようにしていました。

モノをなくしたり、何かミスすることはあっても取り返しがつかないような最悪の事態は事前に防ぎやすくなったかな。良い習慣がついて、それは天中殺を気をつけることで身についた良い面だったような気がします。

 

自分で大きい決断をしない、受け身で生きるという基本セオリーを比較的守っていたので、そこまで大きいトラブルにはならなかった方かもしれません。

 

ちなみに申酉天中殺は、辰巳天中殺の影響も受けるといいます。

今回の申酉以上に、辰巳天中殺の2年は事前知識もなく無防備だったため強烈な制裁を喰らったと感じました。簡単にいうと人生がひっくり返りました。

後になればひっくり返ってよかったのですが、全否定され、別のところからも否定され、また別の角度からも否定、自分でももはや自分が大嫌いになり、一方で目まぐるしく環境も変わっていくので心身共に疲れ切ってしまいました。

 

ただ制裁を喰らい色々リセットしたあとはきちんと良いこともあTたので、一つ大人になるための階段だったような気がします。西洋占星術で言うところの「サターンリターン」略してサタリタみたいな現象でした。

今まさにサタリタ中で、年末から今まではサタリタと天中殺のコンボでした。

 

辰巳天中殺の時期があまりにもカオスだったためか、今回はそこまで自分自身に直接降りかかるものはなかったのですが、同じく申酉天中殺の身内と友人(なぜか周りに多いです)をみて、まさに天中殺。。。と思うことが特に年末年始のラストスパートにかけて怒涛の勢いで起こっているようでした。

 

天中殺中のできごと

私の場合

入る日の前日か当日までヨーロッパ旅行に行ってました。すごく楽しくて、天中殺の入ることがわかっていたから帰りたくありませんでした笑

天中殺に入った初日、嫌ーな気持ちになるLineが届いたことを今だに覚えています。あぁ、始まった…と思いました。

その後ほどなくしてシンガポールから日本に本帰国が決定。

悲しくて泣きながら、持ち物を大量に断捨離しました。

帰ってきても当時は日本での暮らしに希望が持てませんでした。ただ景気は出国当時よりよくなっていると後々わかりました。というか私が大学〜渡航までの時期がリーマンショック〜震災で最悪だったんですよね。最悪な時期に色々やらなければいけないと躍起になっていたから余計辛かったんだろうな。

まぁそんな感じでフラフラ就職活動を始めたりしつつ、自分で勝手に決めないようにしました。「主人に相談してみます」でとりあえず持ち帰るようにしていました。

「私が」うだうだと悩んでいると、早く決めろ、なぜ迷うんだと急かされ、流された結果嫌な目にあったことが多々あります。断れない自分が悪いのですが、即決はどうも苦手です。

主人に聞いてみないと…とか、「主人」を盾にすると静かにしてくれることが世の中には結構あります。ありがたいことです。

話が逸れました。

まぁ大きく嫌だったことは帰国で、それ以外は言われるがままという感じで記憶に残るほどには嫌なことはなかったかもしれません。



身内の場合

私より身内のほうが、危機に陥ることが連続しました。なぜか親族に申酉天中殺の人間が多いのです。

天中殺の人が大きい決断をする→その影響で別の人が壊れる→天中殺の人も倒れる という負の連鎖で、自分のこと以上に見ていて聞いていて心が苦しくなりました。歴史を振り返ったら私なんかいないほうがこの人たちのためだったんじゃないかと絶望したりしました。それは違うと否定されても、わたしの方でもこの件に関しては心を持ち直すのはまだ時間がかかるかもしれません。

 

友人の場合

友人の場合も良かれと思ってやったことが裏目に出たり、一番よく聞いたのは恋愛関係のこじれでしょうか。

もともと結婚や配偶者の縁がなかなかできない天中殺グループです、なぜそうなる、なぜそういう思考回路に…という結構キツイ話が多かったです。恋愛は好きだけれど幸せ恐怖症っぽいところがあるような印象を受けました。

 

明けたいま、それぞれ明るい気持ちで前に進めていけるといいのですが。

 

天中殺の時期を過ごすために

天中殺を抜けてみて「物事をややこしくしない」ことに気をつけるといいのではないか、と思いました。

突然降ってくるような災難でも、自分の行動の中に火種がある場合があります。

「被らなくていい落ち度は、極力作らない」ように粛々と過ごすようにすれば、なんとか乗り切れられると思いました。

そのため些細なミスから重大な事件になったりしないよう、オーバーワークにならないことも意識すべきだと思いました。

 

また、運気の良い他の誰かに助けてもらう姿勢も天中殺に限らず大事だと感じました。わたしの場合はもっぱら夫です。良くも悪くも運気が真逆なので、逆張りリスクヘッジ?な運気の持ち主です。自分一人で孤軍奮闘しなくていいです。助けてくれてありがとうって感謝の気持ちを持って生きていれば良いよねと。

 

今日から戌亥天中殺に移りました。どうか落ち着いて過ごせますように。

天中殺について学ぶなら是非こちらを読んでみてください。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

ブルネイ旅 世界一リーズナブルな7つ星ホテル! ? ジ・エンパイア・ホテル&カントリークラブ +モスク観光

The Empire Hotel & Country Club Brunei

アジアでも指折りの豊かな小国ブルネイを訪れました。

 

泊まったのは The Empire Hotel & Country Club(エクスペディア)

7つ星ホテル(そして意外にもリーズナブル)。

 

もともと迎賓館か何かだったところを一般向けにホテルにしたとのことで、一応今は民間だそうですが、がめつくないというかお金儲けに無頓着というか。。。働く従業員も穏やかでしたがどことなく公務員的な雰囲気漂う。

 

広く開放感がある室内で、

アフタヌーンティーなんかを食べたり、プールで泳いだり、プールサイドのバー(ただし厳格なイスラム教国家なのでお酒はありません!丸ごとココナッツジュースとか飲みました。美味しかったです)でモクテルを飲んだりしながら、とにかくのんびりしていました。

 

たっぷりと、贅沢な空間…!

お部屋の中はこんな感じでした。

客室。

 

屋外設備

屋外もかなり広大な敷地。すごく暑いです。日差しが驚くほど強く、海やプールに入りがいがある気候。

客室を外から。

プールや海も日中とても暑いので、気持ちいいです。

 

ゴルフも楽しめますよ。

ゴルフ場は併設されているのですが、やってる人がいなくて毎日貸切状態(まぁ非常に暑いのでね。。。)。

海が間近で景色が気持ちよく、贅沢なプレイでした。本当に暑いので冷たいものをたくさん用意してくださいね。

 

モスク観光

ガイドさんと一緒にモスクも見学しました。



 

食べて祈って…お金持ち?

ブルネイ人はイスラム教でお酒を飲まない分、たくさん食べるそうです。

マレーシア領などと陸続きなのでわざわざそちらまで食べに行ったりするとか。

 

税金もなし!そしてビジネスビジネス!と躍起にならずとも燃料資源とその利益を海外で投資することで現状は国が回っているようです。

とてものんびりした雰囲気でいいなぁと思いました。

 

娯楽はあまりないですが。。。エンパイアホテルのコースはとても空いていてのびのびプレイできるので、ゴルフがお好きな方だと楽しいと思います。

ブルネイにはシンガポール航空も就航しています☆

まったり7つ星ホテルにステイして優雅にラウンドを楽しまれてみては!

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

NOTミニマリスト THEミーハー。ハワイ旅

 

世界一周に向けてというわけではありませんが、もともと旅行が好きでしたので、過去の旅も時折振り返っていこうと思います。

まずはハワイはホノルル旅から。

はじめにお断りしておきますが、ミーハーな旅ですよ。

ANA ビジネスクラス

ANAのビジネスクラスで向かいました。

スパークリングウォーターとあられ


機内食は日本食をチョイスし、しばし日本とお別れ。

 

ホテル:シェラトンワイキキリゾート

空港のハーツで車を借りて、シェラトンワイキキリゾートへ向かいます。到着早々、すごいトラブルがありましたが割愛しますw

Waikiki rent a car

シェラトンのベランダから見える景色はワイキキビーチの風景としておなじみですよね。やっぱり撮っちゃいます。

とりあえず、せっかく窓が鏡ばりになっているのでミーハーな景色を撮ってみました

やはり立地が最高ですし、大人から子供まで楽しめる巨大ホテルですよね。長年日本人に愛され続けるのも納得です。

なぜか和風なエレベーターホール。

テラス席がお気に入りで入り浸りました

アヒポキとアサイーにハマる

アヒポキとアサイーボウルをお腹が空くたびに食べていた気がします(パンケーキは重いのでパスしました…)

なぜこんなに美味しいのか…笑 帰国後、日本でも良く食べるようになりました。

ハワイは食事の単価は全体的に少々高いものの、一品のポーションが大きく好きなもの(私の場合主にアヒポキとアサイーボウル)がたくさん食べられて嬉しかったです。ハワイの食べ物って味付けに何かしら中毒性があるのか、下手に少量食べるともっと食べたい禁断症状に駆られるので、たっぷり食べられるのが良いです。何が入っているんだハワイ食。

おすすめ:BLUE TREE CAFE

上の写真のアサイーボウルはBLUE TREE CAFEというオーガニックカフェのものでした。

BLUE TREE CAFE(トリップアドバイザー)

ここ、くつろげてテラスが最高に気持ちいいのでオススメです。あまり日本人はいませんでした(今はわかりません…)。ランニングやジム帰りと思しきヘルシーな2人組が、スポーティな格好でテラスでおしゃべりしてたり、パソコン仕事してる人がいたり。飲み物も美味しいです。

フィットネスウェアがタウンで着られる雰囲気の街は気持ちの良い街。たぶん。

 

KAILUA BEACHにて

有名なこの小道。絵になりますよね

ドライブをしてカイルアビーチで水遊び。

カップルらしく?影絵をしてみたり(しかし図柄が適当。やる気がなかった)

オーガニックマーケットWHOLE FOODSでお土産や自分用のシャンプーやお菓子などを買いこみ(昔からお洒落な方のブログに頻出で、ぜひ行ってみたかったので嬉しかったです♡)

LANIKAI JUICEではスムージーを飲み(とっても美味しいです!また行ったら絶対飲みたい)

RUM FIRE@Sheraton Waikiki Resort

食事を外で食べそびれがちだったので、ホテル内のRUM FIREに何度も行きました、昼も夜も。飲む。食べる。

結構なボリューム。2人で1品プラスαで足りるかも
サラダもこの量

飲む。

足りないからモヒートピッチャーで!(ひとりで飲んでるわけじゃないですヨ…笑)

North Shore

カイルアビーチとは別日に、オールドハワイの雰囲気を味わえるというノースショアに遊びに行きました。青空と相まって、綺麗なビーチ。

が…恐ろしく波が強い。身の危険を感じるレベル。

冬のノースショアは…親不知(※)の海くらい怖かった…!(※親不知の海…「東宝映画のオープニングか!」と慄いた海。まじで怖い。一度何を思ったか冬に観光に行きました、しかも一人で。死ぬ気か、と周りの人に思われたかもしれない。)

結局あまり海には近づきませんでした。

 

少しドライブして、マツモトシェイブアイスをつつく(大人気、大混雑でした)。

そしてジョバンニのガーリックシュリンプをつつく。予想通りのお味でした。

すごい落書き量…

 

買い物もする

アウトレットに行ってみました(なんか今世界中三井アウトレットパークみたいなのありますねぇ…)。

そしてアラモアナショッピングセンターで買い物。

日本より安いからと言い訳し、ヴィクシー、バナリパ、アバクロ、アメリカンイーグルス、オールドネイビーなどアメリカの服(主に家着)を買う。アメリカのアパレルは記事が柔らかい。きっと肥mなんでもないです。。。

そしてアメリカじゃないのに手持ちがくたびれてきたと言ってUGGを買う。(今年猛烈に履いています。AMIEは厚底でスリムなところが猛烈に気に入っています)

普段それほどショッピングに関心があるタイプではないのですが、ハワイでは今までの旅行で一番ショッピング代を使ったと思います。

 

帰国

ホノルル空港のラウンジ。質素でした。ホノルル空港自体が、なかなか簡素ですよね…。

さらばハワイ。帰りもANAのビジネスでした。

帰りも和食をチョイス。だしっぽい味が疲れた胃に優しい。うどんが美味しく感じました。

 

駆け足でしたが、これがわたしの初ハワイでした。

旅の参考にしたのはこちらの本です。

ちなみに、いつかホノルルマラソンに出場したいような気もしますが、それを目標にしたい!というほどの強い熱量はまだ湧いていないです。。。とりあえず、次回ハワイに行くときは街ランをスケジュールに入れようと思っています。

ハワイとかバリ島とか、ド定番な旅行先ほどなぜか未体験なので、なぜこれほど人気なのかわかっておりませんでしたが

日本人が好きなものがわかりやすくつまっていて、古くから日本人の旅行先として不動の人気なのも納得しました。

お洋服とか小物とか食品とか、とにかく買い物天国ですしね。リーズナブルにいろんなものが楽しめるバンコクとともに、じつに財布が緩む街でした。

こんなミーハーな旅もいいですね。また行きたいと思いました。

 

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

旅するように暮らすとは。

いろんなものを捨ててきました。

わたしは2011年から2016年の間に5回引越しをしました。

平均すると1年1回ペースですね。1年で2回引越ししたときもあったので、2年住んだ家は長く住んだ家です。

 

そして2011年当時から持ち続けているものはほとんどありません。思いつくのはテレビと布団、パスポート。

あとはどこかのタイミングでほとんど処分してしまいました。

 

以前引越しの際処分に悩んで実家に送った荷物と実家で再会することがありました。

それらの物を見て、優柔不断な気持ちを実家に押し付けてしまったことに申し訳なく思い、なんでこんなにガラクタを物惜しく抱えていたんだろうと思いました。

母はそれらを捨てずに全部とっておいていました。ますます申し訳なく思いました。

 

ただ、毎回モノが多かったりガラクタが多かったりで、引越しに際する決断がしんどかったのも事実です。

初めての海外引越しは特に、私にとっては涙モノでした…。国内なら持って行きそうなモノでも、余裕がないので持っていけないとか、使えなさそうだから処分するとかが多くてしんどかったです。

 

ただそんな経験や、日本以外の街並みと家を味わったことで「旅みたいに身軽に暮らしたいー!」とミニマリストっぽいことを考えるようになりました。

 

美的感覚の変化

ミニマリスト
シンガポールのテラスハウス。東部の方にありました。

シンガポール ミニマリスト シンガポール ミニマリスト

シンガポールに住んでから日本に帰国して、街がごちゃっとしていると思いました。

 

それは都市部に限らず、地方でも無秩序だと思います。各々がこんな家(ビル)作りたーい、こんな広告出したら目立つよね?!このショッピングモール誘致したら人来るよね??

 

と、周囲との調和を考えずに、景観を重視しない街づくりを進めてきた結果なんでしょうね。

 

景観にうるさい街だと、建物の設計も、広告活動も自由度は下がります。調和とかよくわからないしどうでもいい、という人もいると思います。わたしも以前は繁華街などにいたり、散らかったスペースにいても、何か気が休まらない感じはしてもそれがなぜなのかはよくわからなかったです。

 

また、家の作りも、和洋折衷?和室の作りで白壁とフローリングにしただけ、というなんちゃって洋室だったり、天井が低く狭いところになんとなくモノがたくさんある感じがデフォルトになっています。

まぁ……ものは多いほうがよくて、アメリカコンプレックスのあった昭和の高度経済成長期の名残でしょうか(適当)

 

わたしも美的感覚はまだまだ発展途上です。もともと平均的な日本人より低い気が(汚実家育ち…)。少しでも気持ちよく住めるように、

持ち物の絶対数を減らす。新しくものを買うときは、自室とそこにすでに置いてあるものと調和するものを選ぶ ということは意識して家を整えるようにしています。

 

納得するまで買わずに済ませてみる

引越しが多かった割に、家具の選び方が夫婦揃ってわからず、いつも適当に、行ったお店に売っていたお手頃なものを買って、でもすぐボロボロになったり、全体の調和がいまいち取れなかったりでなんとなくいつも不満を抱えていました。

今回は、合うものが納得いく価格で見つかるまで買わずに間に合わせることにしました。

ちなみにソファやライトは1年半くらい探しました。

このライト(見切れてますが)は中古ショップで見つけました。気に入っています。

カーテンは防犯上すぐ必要になるので、カーテンに合わせるのもいいかもしれません。面積も大きいですしね(特に夜間)。

 

お金と感覚を大事にする

景観は変えられなくても家の中はある程度なんとかできます。

選ぶものって感覚的なものだとも思うので、インスタ映えだとか他人から素敵と思われたいとかよりも、自分たちが好きで、使っていて心地よくて、なんとなくその場に調和するものを選んでいけば幸福度が上がるのでは。

 

適当なものや、必要か微妙なものを買わなければ、不要にモノが増えません。

 

わたしはモノが増えてくると「本当に自分が欲しいもの、良いと思うもの」に対するセンサーがすぐに鈍ってきてしまいます。

そうすると買い物はもちろん、いろんな選択も必要以上に迷ったり失敗したりが多くなります。脳のキャパがなさすぎる…。

たくさんモノを持つことはより選択肢が増えるというメリットもありますが、わたしにはデメリットの方が大きいようです。

 

あと、これ欲しい!と思うものがあった時に、余計なものを買っていなければお金の面で悩むことも減ります。

お金で諦めるというのは悲しいものです。財源はそれぞれ限りはあるにせよ、本当に良いもののためにはできるだけ確保したい。

 

家具などは高いので一気に揃えるとまとまった額が消えてしまいます。

だからとりあえず一通り揃えないと恥ずかしいという見栄を捨てて、お金が整うまで少しずつ揃えるとか、気に入ったものが見つかるまで買わない選択もありだと思っています。

ちょっと不足してるモノもあるけれど、知恵を使ってなんとかしてみる。

それはちょっとホテル暮らしみたいで、ある意味楽しい期間です。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

ミニマリストのヘアケア。モノは少なく髪は元気に。

ミニマリスト 湯シャン メイソンピアソン
髪に何か塗るのやめました。

痛みやすく面倒臭がりな私の髪が健康になってきたのは、全部やめてからでした。



 

痛みまくりの10〜20代

もともと私は肌や目の色が薄いのですがそれに比べて髪が黒く硬く太くちょっと違和感があります。

地毛が一番似合う」なんて言うけれど、それは肌や目の色など他の部分と色素に矛盾がない場合ですよ!そんな風に生まれてたら無駄に手を加えなくてよいでしょう…。

明らかに色素に差があり、髪だけめっちゃ日本人らしいのが嫌で、10代の頃から染めていました。高校の頃黒染めを泣く泣くしてからでしょうか、恒常的に痛むようになりました。

何をやっても、そんなに長くなくても毛先がパサつくので、ヘアオイルを塗ってごまかして見たり、トリートメントしたり。

美容院専売とかケラスターゼとかモロッカンオイル、ココナッツオイルなどなど色々。

結構投資したにも関わらず、その場しのぎの結果。

美容業界全体で利益を上げるために痛める方向に持っていってるんじゃないかと被害妄想を抱くほどでした。汗

 

塗りたくるのはよくないという意見

湯シャン、肌断食の宇津木龍一先生の本を読みました。

現代のヘアケアはシャンプーで根こそぎ全て洗い落とし、カサカサになったところにケア商品を塗るのが常識になっているんですが、自分の皮脂に勝るオイルはないから自分の身体の能力を信じてみよう、という考え方だそうです。

シャンプーはいったん湯シャンにしてみたもののどうしてもやめられず、とりあえず牛乳石鹸のシャンプーで落ち着きました。

ドライヤーとブラシを変えました
ドライヤー:みんながいいというパナソニックのナノケア。

ちょうどドライヤーが壊れたため、ナノケアにしました。女5人ほどで集まった時にみんなにおすすめ何?と聞いたら3人からナノケア!と返答が来たので。たしかにみんなつやつやしているし、と思って買いました。

低温のスカルプや温冷自動切り替えを使ってみたり、ターボでがーっと短時間で乾かすようにしたり試行錯誤・・・。割と良いと思います。

 

ブラシ:メイソンピアソンのエクストラブリッスル

ブラシはイギリスの有名ブランドメイソンピアソンです。ヤフーショッピングでたまったポイントでありがたく買いました。

これは静電気が起きず、しっかりととかしてあげるとさらっさらになります。自分の皮脂をしっかりキャッチして、髪全体にいきわたり、自家発電してる感じ?

 

使った後はブラシのためのケアブラシをこすりあわせてきれいにします。

 

脱塗りケアで、よかったか?

わたし何かを皮膚に塗るケアをやめて、わりとよかったと思います。

そういったケアは、持続時間の差こそあれど、一時の対症療法だなあと感じたからです。

たまにはいいですけどね、パックとかするとつやつやになる気がするし、美容院はリフレッシュになるし髪もきれいになるし。

でも買い続けないといけないというものがひとつ減り、金銭的にも精神的にもなんとなく自由な気持ちになりました。

またそういうケア商品をたくさん買っていると、メイソンピアソンなんかは高くて手が出ないなと思っていたのですが、

やはり使ってみるとちょっといい気分ですね。ブラシがだめになるまで、長く使いたいと思います。

 

ブログ村に参加しています。バナーを押していただけるととてもうれしいです。


にほんブログ村

旅好き都内在住アラサー夫婦の妻。スターアライアンスビジネスクラスで世界一周。旅するように暮らす。