2018年シンガポール

シンガポール 世界遺産のボタニックガーデンで爽快朝ラン&オーキッドガーデン鑑賞

朝ランが最高!ボタニックガーデン

シンガポール滞在中、夜ランと朝ラン両方行きました。

夜はマリーナベイを1周しオーチャードに向かうラン。

朝ランは世界遺産のボタニックガーデンへ。

日の出後はすぐ気温が高く上がってしまうので、まだ薄暗い時間から出発しました(6時くらいでした)。

シンガポールと日本の時差は1時間です。日本だと基本的に6時にもなればたいがい明るいですが、シンガポールの夜明けはもっと遅いです。日の出時間で考えると、時差2時間くらいはある感覚です。

※夜明け前でも走るには暑いので、水分補給は必須でした!!

あ…出発早々思いきり道を間違えてしまいました!!!

タングリン側のゲートに到着しました☆ボタニックガーデンは、一部を除いて無料で入場することができます。敷地内に入ると、すっと体感温度が下がるのがわかりました!!ガーデンの外に比べて涼しく走りやすいです!とりあえずなんとなく道なりに走ってみることにしました。

にわとりがいました。この色柄、よくチキンライスのお皿に描いてあるチキン…(笑)

フォトジェニックな時計台の付近は人通りも多め。ランニングの途中、体操をしている大きいグループがあったので、こっそり混ざって一緒にやってみました(笑)かなりゆーっくり、念入りなストレッチができました。自分でこんなにしないので新鮮でした。

なんとなく南国の公園にいることを感じられる木々。

この絶妙な高低差、ゴルフしたら気持ち良さそう?

アニメなら移動手段になりそうな葉っぱ

こーんなに朝ランが気持ちいいなら、在住時にもっとボタニックガーデンに通えばよかったなー。ランニングがとても楽しいスポットでした!

日中はオーキッドガーデンを鑑賞

実は…この朝ランがとても楽しかったので、日中にまたボタニックガーデンに訪れたという^^笑

朝はオープンしていない有料のオーキッドガーデンを鑑賞することにしました。

シンガポールの国花はバンダ・ミス・ジョアキムというオーキッド(蘭)で、オーキッドはシンガポールの国中至る所で見られますが、こちらのガーデンでは実に様々な種類の蘭を鑑賞することができます。

ここからはオーキッドガーデンで撮りためた蘭好きのための蘭好きによる蘭ダムな写真集です。

こちら、おそらく国花のバンダ・ミス・ジョアキムだと思います(違ってたらすみません)

個人的にこういう濃ゆいピンク大好きです。

鮮やかなカラー、繊細な淡いカラー、大ぶりの花、小さい花、それぞれ個性がありますね。

は〜、こんなに蘭の種類があるなんて、夢のようです♡

VIP Orchid Gardenのコーナーでは、各国のVIPのお名前がついたスペシャルな蘭が見られます。

こちらはシンガポール初代首相リークアンユーの名を冠した蘭。いぶし銀のように渋いのが珍しく、逆に目を引きました。

こちらは英キャサリン妃。華やかでファッショナブルなキャサリン妃にぴったり!

日本人の名前のついたお花として、現皇后雅子さまの名を冠したプリンセス・マサコなどもありました(写真が残っておらず…)。ご紹介したものはほんの一部で種類はまだまだまだまだたくさんあり楽しかったです!

ボタニックガーデンは、屋外なのに涼しく、とても綺麗に整備されておりすごく楽しめました。シンガポール来訪の際はランニングなどでまた行きたいと思います。

よろしければ夫婦旅行ランキングへの応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村