「タイ」カテゴリーアーカイブ

小さな離島のプライベート空間 The Naka Island A Luxury Collection Resort & Spa Phuket 滞在記

ナカアイランド・ラグジュアリーコレクション・リゾート&スパ プーケット

プライベートプールに入りたい、何もしないで過ごしたいという希望を叶えられる空間を求めて

タイ・プーケットの離島、ナカ島に行きました。

宿泊するのはSpgのラグジュアリーコレクションの一つです。

小さな小さな島なので、基本的にはホテル内で過ごすような滞在スタイルになるかと思います。

 

ミニマリスト 世界一周

現在プロフィールに載せている写真はナカ島行きのハーバーでとった写真です。この時プーケットのゴルフ場帰りだったので、ゴルフバック(と汗だくのゴルフウェアが入ったビニール袋)とともに写っています。。。

フェリーで向かい、ナカ島に着いたところ。

ここでインスタ映えしそうな写真を撮っている人多数。

わたしのはそんなに映えませんね。

 

お部屋の様子

お部屋はトロピカルプールヴィラでした。上の写真の右側に写っている木のオブジェが、

起きてるよ。

裏返すと、寝てるよ。Do not Distarbのサインになります。可愛い。

 

アジアンな天蓋付きのベッド。

洗面スペースやバス&スチームルームは離れになっています。全体的に、お部屋の感じがアジアのスパ風。ダークトーンで落ち着きます。

個室のお庭、プール。ザ・ナカアイランドはプールつきのヴィラの数が多いので、このホテル1番の売りかもしれません。

Spg(しかもラグコレ)、プライベートプール、しかもタイ、という条件で滞在されるSpg会員も少なくないのでは?

ぼーっと浸かるだけで開放感抜群でした。

お庭にはうたた寝を楽しめるごろ寝スペースつき。寝心地よし。

 

サンセットはZ Barで

日が暮れてきたところで、海を一望できるZ barに移動しました。

これは何のカクテルだったかなあ。こんなロケーションだといかにもなお酒を頼みたくなります。とりあえずフルーツが刺さっているやつ。w

カクテルを飲みながら、サンセットの時間を待ちました。

ナカ島のサンセットは美しくて見惚れてしまいました。

ミニマリストちなみにこのブログのヘッダーに使用しているのは、ナカ島のサンセットなんです。

紫がかったピンクと水色とオレンジが混ざったような色合いがお気に入りです^^

 

レストラン

ディナーのレストランはMy GrillかTonsaiでいただきます。踊り子さんたちによる伝統衣装を着てのショータイムがありました。やっぱりタイの女の子はほっそりしていて可愛いですねぇ。

 

朝ごはんはTonsaiのビュッフェです。

ステイを通してTonsaiでのご飯が一番多かったです。レストランはTonsai,My Grill,Z Barの3つで、離島ですし本島?の方にも近くにあまりお店がない感じだったので、滞在日数が数日になるとチョイスが少ないかな、とは思います。

この頃人生で最もソムタム(パパイヤ激辛サラダ)とパッタイ(タイ風焼きそば)にハマっておりまして。隙あらばソムタム!パッタイ!ばかり食べていました^^;

 

プール、ビーチ

大きいプールはインフィニティプールになっており、特にサンセットの時間は海と一体になっているように感じられとても気持ちがいい空間でした。

ぼーっとしているとついプールにばかりいてしまうので、ビーチエリアにも足を伸ばして。

海も綺麗でした!透明度抜群。

プールエリアもビーチエリアもチェアーは座れないほどではないですがそれなりに賑わっていました。

 

Spa Naka

ホテルのスパ「スパナカ」を予約しました。ちょっとだけ離れたところにあります。
開放感のある個室で施術してもらいました。

感想は、あまりに上手で気持ちよくて、ほとんど寝て終わってしまった。。。リラックスできた証拠ですね。

終わった後はこちらでドライフルーツやお茶をいただきました。まったりと長居しました。

 

ザ・ナカアイランドはアジアらしい雰囲気が素敵なリゾートホテルでした。

ですが…唯一蚊が多かったのだけが残念でした(><)

蚊よけスプレー(各部屋、各レストランの座席にも付いています!蚊が多い証拠ですね。。。)を自分にも部屋にもものすごい勢いで振りかけても、それでも刺されます。しかも免疫がないからかもともとパワーが強い蚊だからか、かなり腫れてしまいました。

これだけ蚊が多い場所は今までなかったのでびっくり。

ラグジュアリーコレクションと銘打っているくらいですし、シンガポールのように定期的にペストコントロールをやってもいい島では。。。と思ってしまいます。

 

それを差し引いても、(ブログやSNSの各所に気づけば写真を引用していたほど)素敵なリゾートでした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

天中殺現象@飛行機

マリオット修行を兼ねた旅行@バンコク

 

今回はマリオットで会員ステータスを1つ上げたかったので、色々なホテルに宿泊しました。

そして1泊だけは無料宿泊券を利用して、spgグループのセントレジスにステイ。

クラブラウンジを利用して、いろんなホテルのレビュー記事も書くことができて、

色々とお得に満喫できたなと思います(^^)

 

バンコクは何度も訪れているので、「あれ見なきゃ、これしなきゃ!」という切迫感もあまりなく笑、

「運動して、のんびりご飯食べて、ブログ書いて、散歩して、マッサージして」という、自分の好きなことだけを、気持ちいい空間でひたすら楽しむ毎日を送る旅にできました。

こういう日々が好きだなーと心底思いました。

@セントレジスバンコク

 

タイ国際航空ラウンジ

帰りは深夜のフライトでした。ちょっと軽食がありますが、手が伸びず。ラウンジ自体はとても大きかったですが、深夜なのもあるのでしょうか、座席等にあまり綺麗な印象を受けませんでした。

行きと同じくAIR CHINA便です。北京空港で乗り換えましたが…相変わらず乗り換えるだけなのに、厳重セキュリティチェックでした。

エアチャイナで何が一番ストレスだったかというとわたしは北京での乗り換えでした。

 

北京空港ではバスで奥に連れられて…タラップの飛行機ってLCCで乗って以来です。

別にタラップでも構わないのですが、機材もサービスも含めて、多少食事のあるLCCに乗っているつもりで乗らねばと改めて思いました^^; 小さなイライラが積もっていくので。。。

☆行きの体験はこちらに書いています。

 

天中殺現象@バンコク

以前天中殺について書きました。

バンコクで天中殺現象やぁ…と思ったことがあったので書きます。

別便で帰国したわたしと夫の出来事

仕事の都合で夫よりわたしのほうが先に帰国しました。

上の体験のように、小さな不満はたまりつつも、バンコク北京便も北京羽田便も問題なく乗ることができ、ほぼ予想通りの時間に日本に到着しました。

 

しかし、その後出発した夫はバンコク北京便が大幅に遅れ乗り継ぎに間に合わないことが発覚しました。

そこで「北京成田行きへ振替、しかもプレミアムエコノミーの料金を払っているのにエコノミーにダウングレードした席で帰る」もしくは「翌日のフライトに振替(ただしやっぱりエコノミー)」の二択を迫られたのです。

揉めに揉めたそうですが、1日休暇に余裕を持たせていたので結局翌日のフライトに乗ることにしたそうです。

そして翌日…またフライトが3時間遅れるという知らせが届いたそうですwわたしが乗った乗り継ぎ便より一本遅い便で乗り継ぐ予定だったので、流石に2日連続引き伸ばしはなかったのでよかったですが。。。

噂通り、エアチャイナは遅延が非常に起こりやすい上、振替が必要な時の対応が本当にひどいそうで、見事その事案に当たってしまったというわけです。大変だったでしょうと同情しました。

もはや、自分が往復問題なく到着できたことが、奇跡だったんじゃないかと思うレベル。

 

夫は月天中殺でした

そういえばわたしは年天中殺を2ヶ月前抜けたのですが、夫は月天中殺中でした。笑

安いしマイルも貯まるしエアチャイナにしよう♪という気持ちで選んで、面倒に巻き込まれるという。

おまけに、バンコクから帰国後、ずっと体調を崩しています(T_T)

行きは寅卯天中殺の彼と運気が逆な申酉天中殺のわたしが一緒にいましたが、一人になった途端トラブルが降ってきました。。。

別にわたしがえらいとかでなくて、わたしも天中殺期に知らず知らず助けられていたところがたくさんあったと思います。

 

わたし自身、まだ本調子とはいかず病み上がり感がありますが(2年もじっとしていたらいきなりアクティブにはなれない)、抜けてきてはいるのかな、と。

でも同じ申酉天中殺の安倍首相夫妻を見ていると、まだまだ余波があるかもしれないので、ウォーミングアップ期にしようと思います。

 

運気が悪い時は自分だけで頑張らないで、運が向いている人の側で助けてもらうのが一番だなと改めて思いました。

☆ご自身の天中殺と時期はこちらで調べられます。


天中殺について学ぶならこちらの本がおすすめ。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクの寛げるルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

 マリオットマーキスクイーンズパークのルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

夕方、ホテルに戻り、まだ日が暮れる前の早い時間からホテル内の38階のルーフトップバーに行きました。

エレベーターに乗って37階へ。

まずエレベーターを降りて最初に屋内のバー、ABARがありました。(同名です)

プールバーなので、ビリヤードとかサッカーゲームをして遊べます。

屋内のABARも素敵な雰囲気です。次のステイの際使ってみたいと思います。

帰り際に写真を撮ったので、日が暮れて一層ムーディーな空間になっています。素敵!

 

ここから階段を登っていきます。

ABSOLUTELY FABULOUS だそうですよ。わくわく。

結構な長さの階段をくるくる登ります。壁にはレトロなコラージュが色々貼ってあって、暗がりの雰囲気もあいまっておしゃれでした。屋内のバーも含めて、レトロなインテリアが魅力です。

登って行くと屋上に到着です。

 

可愛いお花が出迎えてくれます。展望台スペースとバースペースに分かれていて、まずは展望台スペースを見学しました。

 

※展望台スペースは服装自由ですが、バーはスマートカジュアル。男性のサンダルはNGとエレベーター前にいた綺麗なホテルのお姉さんがはっきりおっしゃってました。

 

ぷるぷる
ぷるぷるぷる ※キャプションには夫の心の声を入れてみました。w 高所恐怖症なのに、旅行中毎回一回はルーフトップバーに行きます。話のタネに、だそうです。しかし手すりには近づけず、真下を見れません。

エンポリアム、エムクオーティエ方面をはじめ、スクンビットのプロンポン、トンロー方面がやはりよく見えます。

日が暮れていないので、建物がはっきり見えますね。

ムーンバー、シロッコなどのようにクラクラするほどの高層ではありませんが、歩き回って好きなところから自由に景色を楽しめて開放感があります。

展望台で景色を堪能した後、バーエリアへ。

レトロな趣が素敵です。

バーはまだ早い時間で空いていて、一番景色がよく見えるソファー席に案内してもらえました。

高さに震える夫です。震えるあまり、スナックをこぼしています。

こちらのABARは、ジンのメニューがバンコクでも指折りの豊富さだとか。

わたしはフライト前なので…ノンアルコールのカクテルを頼みました。

スナックでついてきたバーベキュー味?のチップスがとても美味しかったです♡どこのやつか、聞けば良かった。

最後のバンコクの夕暮れに乾杯ー。

 

かっ、悲しい。。。バンコクが好きすぎて、名残惜しいです。。。

ソファからの景色。やはりクラクラするほどではないですが、見晴らしが良くて、プロンポン駅周辺が見渡せます。

 

手前に見えるのは、シンガポールに住み始めて間もない頃泊まりに来たエンポリアムスイートです。

 

あれは2014年だったけれど、あれからプロンポンはかなり変わりました。エムクオーティエの登場が大きいのかな?あと恐竜のアミューズメントパークのダイナソープラネットとか。

 

今でも残っているけれど、今以上に古き良き日本人街の風情があったように思います。

ソファに寝っ転がりながらiPhoneで撮ったものです。初めてyoutubeに動画をあげてみました。

撮っている時流れているのは70年代的なディスコミュージックサウンドですが、音楽のジャンルがバラエティに富んでました。

おもむろにm-floが流れたときはびっくり。m-floってすごい東京っぽいなーと異国で聴くと思いました。一気に渋谷区的な空気に。

すっかり日が暮れました。

 

ABARは、昨年できたばかりのようで、まだあまり観光客にも知られていないようでゆったり過ごせました。

やはり展望台に自由に入ることができる上、バーの座席もゆったりと寛げるタイプだったので、フライト前にすごくリラックスすることができました♡

ご飯のシメのルーフトップバーもいいけれど、オープン間際のアペリティフとしての利用も好きですね。

最後も楽しく過ごせて良かったな。

ABAR ROOFTOP

住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, 38th Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
営業時間:17:00〜1:00
電話番号:+66 2 059 5999


お気に入りを見つけて嬉しくなりつつ、夕暮れとともに、バンコクともしばし別れ。

また近々来るよー!♡

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクのお土産が買えるカフェ サイアムティールーム

マリオットマーキスクイーンズパークのカフェ兼ギフトショップ Siam Tea Room

ホテルの1階に、お茶できるカフェが。入り口の柱こそアジアンテイストですが、中は可愛いタイ土産が手に入るカフェでした♪

ドライフルーツ。厚紙でできた袋に好きなだけ入れて量り売りをしてくれます♪

天秤が飾ってあると、なんて可愛いんでしょう。

天秤といえば流れ星ちゅうえい氏の一発ギャグ「天秤ちゃん」を思い出します。
キング観光の広告をおもむろに貼り付けてみるw可愛い!!
実はライブ観に行くくらい好きです♡

あ、ドライフルーツの中にはドリアンもありました。持ち込み注意。。。

 

アイスティーもこんな風に売っています。めちゃめちゃ可愛い♡

タイのディスプレイってセンスいいですよね。そして近年どんどんセンスが上がっているように思います。

 

バンコクイチオシお土産

上段にはKUNNAというメーカーのクッキーやトロピカルフルーツドロップ、マンゴーチューイングキャンデー。

そして下段はSiam Tea Roomオリジナルのチョコレートが売っています!小さめサイズで可愛くて、お土産にぴったり。

わたしはバナナチョコをお土産に買いました(^^)

こちらはお茶のコーナー。食器も少し置いてあります。上段はなかなか高級ラインですね。

バンコクのお土産って何にしようかいつも迷うんですが、今回はここでお土産を揃えました♪

 

会計をする時に、お菓子を試食させてもらったのですが、袋ごとくれるのかと思い、すごい太っ腹、ありがとう♪とにっこりもらおうとしたら、一口だけよ!と失笑されました。笑 そりゃそうですよね…。相変わらず抜けています^^;

 

Siam Tea Room


住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, Lobby Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
電話:+66 2 059 5999
営業時間:7:00〜23:00(遅くまで開いているのもいいですね♪)

近くのLekで足もみ休憩

お土産を手に入れた後、近くのLekマッサージに行きました。

フライト前に疲れを取ってもらわねば。

プロンポンには大きいお店があるんですね。ソイ22沿いで、マリオットからも至近です。

この旅で、一番日本人を見たのはこのLekのSoi22店でしたね。団体さんがいました。

今回の旅行、年度末だからか日本人をそれほど見かけませんでした。セントレジスとコートヤードは一人も見かけなかった気がします。

Lekで英気を養ったあと、再びマリオットに戻り今度はバーに向かいました。

このバーが、また良かったのです。ちょっと長くなってしまうので、次回紹介します。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

煌びやかなルネッサンス・バンコク・ラッチャプラソーン・ホテル宿泊記 サイアム散策。

ルネッサンスバンコクラッチャプラソーンホテル

スクンビット通りから少し奥まった位置にある、ルネッサンスホテル。こちらが今回4番目の滞在先でした。

入り口が大通りからかなり離れているため、立地の割に静かなところが魅力のひとつ。


入ってすぐ目に入るのはキラキラ、鮮やか、艶やかな照明たち!

これは…元はspgによく泊まっているので、「ダブリュー系」と勝手に呼んでいる、イケイケ系ホテル(語彙の不足著しい)。

 

お部屋のカードキー。一番上の5レター!好きです

 

こちらは、エスカレーターです。

ホストクラブの入り口みたいに写ってますが、実物はもっとスタイリッシュでおしゃれな感じ。

ギラギラエレベーターに乗ってお部屋に向かいます。

バイオレット系を基調にした、とてもシャープな印象のお部屋です。タイでは高貴な色とされていますね♡

色合い的に、どこかジムトンプソンのようなタイらしさのあるインテリア。

紫とオレンジは相性が良くて好きな組み合わせです。オリエンタルな感じが素敵。タイに来たー♡って感じがします(翌日帰国ですけど…)。

直線的でスタイリッシュ、そしてカラートーンにオリエンタルさのあるお部屋でした。

 

ロビー階のバーもヴィヴィッドでおしゃれでした。BGMも。

 

わたしは個人的には、シェラトングランデスクンビットやセントレジスのように、もう少しクラシカルで曲線的なデザインが好みですが、主人はこのシャープでヴィヴィットなテイストをとても気に入っていました。

皆さんはクラシカルとモダン、どちらがお好きですか(^^)?

 

サイアム散歩

ルネッサンスは都心部にほど近いので、歩いてサイアム方面へ向かいました。散歩大好き(^^)


高級ショッピングモールサイアムパラゴンでは、コンドミニアムのイベントが開催されていました。

バンコクはコンドが値上がりしている印象です。

コンドの価格を見ずとも、滞在するたびに年々街が洗練されてきているのを肌で感じます。おしゃれな場所も景観の美しいところも増えているし、サービスも洗練されてきている。モノの値段も上がっています。

ビルとかコンドとかは日本よりデザインのかっこいいものがたくさんできています。日本は、耐震基準が厳しいからデザインの自由度が少ないでしょうけど、それにしても「コレ好き!」と思える建物が少な過ぎて、ちょっと残念だな。。。

 

とにかく今回は特に感じました、去年とは明らかに違うと。「シンガポール化している…」と思いました。東南アジア国家の最終形態はシンガポールなのかしら。

 

サイアムパラゴンでのショッピング後は、向かいのサイアムスクエア一帯へ。

はい、また食べてしまいました…笑

またまたカオニャオマムアンです♡

サイアムパラゴンでは結局、いつもと同じコースをフルコンボで堪能しました!

いつものサイアムスクエアでの過ごし方はこちらに書いています(^^)

 

1年ぶりのサイアムは、エネルギーいっぱいの若者の街でした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。