「Marriott BONVOY プラチナ」タグアーカイブ

ル・メリディアン・カイロエアポート 宿泊記 朝食、ジム、スポーツバー

エジプト滞在時、国内はラマダン(イスラムの戒律である断食)真っ盛り。

シンガポールではラマダン期にマレー系(イスラム教率が高い)の方が調理しているホーカーに行かない方が良いというセオリーがありましたが(なぜなら味見をしないから…)

そのせいかはわかりませんがエジプトでは残念ながら美味しいなぁと思いながら食べた食事はなかったかな。。。単純に口に合わなかっただけという可能性も高いですが。

 

ルメリディアンカイロエアポートの朝食をいただきました。

パンケーキとか

カレー的なもの?

ハムやチーズなどコールドミール

ヨーグルト

フルーツ

ジュース

いくつか食べてみるものの、わたし以上になんでも食べられる夫と「うーん?」と。。。ホテルの朝ごはんでのそれはアメリカ以来^^;

しかしそんな中、旅で食べた衝撃の美味しさトップ3に入るものがあったのです!

それはこちら、巣のままの蜂蜜です!

こんな感じでとって食べたのですが、食べた瞬間強烈なほどの花の香りが!今まで食べたことがある蜂蜜とは全く別物で、こんなに口の中が花の甘い香りで満たされたことは人生でなかったので衝撃を受けました。

そういえば夫がエジプトのスーパーで買ってきたこのミックスナッツも中毒性を伴うフレイバーで美味しかったです。これは止まらなくなってデブになるやつだ。

 

一応ジムにも行きました。

とっても空いていたので悠々自適でした〜。

スポーツバーは観光後空港に行く前にお世話になりました。

エジプトっぽくておしゃれなディスプレイが入り口にありました。

こちらはテラス席が充実していました。

プールを目前にしたスポーツバーです。

イスラム圏ではおなじみのシーシャ(水タバコ)。見た目もさることながら様々なフレイバーの種類から選ぶことができ、長く楽しめるのが魅力です。

が…夫、シーシャを吸いすぎて酸欠になったのでしょう、立ち上がった瞬間いきなりぶっ倒れたんです!あの時は血の気が引きました。

すぐにスタッフが来て介抱していただき、ソファで横になって休ませてもらって大事には至りませんでしたが、いろんな思いが走馬灯のように駆け巡ったり…旅で一番冷や汗をかいた瞬間でした。

楽しかったけれどやっぱり疲れてしまったエジプト旅。もう早いところ「出エジプト」だ!

…とその前に次回はエジプト観光について書きます。

☆にほんブログ村に参加しています。世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ インスタグラムアカウント

ル・メリディアン・カイロエアポート宿泊記 客室/クラブラウンジ他【世界一周5都市目☆カイロ】

客室

前回記事の出来事のあと、ようやくベッドへ…

もう、ひたすら眠りました、はい。

時差はないはずなんですが、寝不足(と言ってもある程度寝ているのですが、ずっと仮眠状態で落ち着けなかったのです)やら何やらで、ダウン。

旅行中シカゴ〜ニューヨークで熱っぽくなったのに続いて、またまた体調が悪くなりました。

ほとんど寝ることに費やしたお部屋の中をご紹介します。

リーフ柄のソファと、後ろはビビッドなお花のコントラストがお洒落なソファコーナー。

眺めはプールもあり、視界が開けていてほのかに砂っぽくてエジプト情緒があります。

デスク周りは木目とライムカラーの壁で明るい印象。

書斎と同じく明るいテイストのテレビ周り。

アラームはiPodを繋いでスピーカーにもなる…んだと思います(未使用)。

 

ミニバーはこんな感じでした。

エスプレッソマシンがついてます^^

紅茶はトワイニング。エジプトのトワイニングはイギリスと同じ仕様なのだろうか(日本などに流通しているものは茶葉が少ないんですよね…)

 

続いてバスルームです。

ボウルは一口ですが清潔感があります。エジプトが未知すぎたので、少し安心しました。

アメニティはMALIN+GOETZ

マリンアンドゴッツは世界中のメリディアンで使用されていますね。

バスタブは無しで、シャワールームのみが付いていました。

クラブラウンジ

眠って少しお腹が空いたので、ラウンジに行って軽食をいただきました。

メリディアンっぽいカラーの照明が印象的なエントランス。受付で部屋番号を伝えて入室します。

窓際の席、素敵です。

ドリンク類、氷で冷やされてます。

 

思いの外パンが充実してました。

デーツやアプリコット、マシュマロなどは枝状にディスプレイされていました。私は元気が出るかと思いドライフルーツを少しいただきました。

きゅうりにトマト、オリーブなど、乾き物以外も少し置いてありました。

 

雰囲気はよかったですが空調がめちゃくちゃ強くて早々に退散してしまいました;

そして再びベッドでダウン…。もともとエジプトは一泊の無茶な強行日程でしたが、どうせ初日は疲れているだろうと到着日に観光の予定を入れていなくて正解でした。

 

わたしは寝ていましたが、夫はUber(のおかげでカイロ旅行の難易度がグッと下がったと思います!)を使ってスーパーマーケットを覗いたり、夕食を食べたりしたようです。

スーパーの名前は…あとで夫に覚えているか聞いてみます^^;空港近隣の中では大型のモールと言っていたような。

手前の大きい数字は11?

数字は若干読みづらいですがアラビア文字じゃないだけで助かります(全く読めません…)

それだけでなくこちらのスーパーは商品名等も英語表記されており観光客に優しい仕様です。空港から近いので外国人需要も多いのでしょうね。

デーツはとにかく栄養豊富ですのでお土産に良いですね。

そしてスパイス類が充実しているのもらしくていいですね!見ているだけで元気になるビタミンカラー、海外のスーパーはこういうの多くて好きです。

日本未上陸かつシンガポールからも撤退してしまったCOSTA COFFEEで美味しそうなものを飲んだようです。

エジプトはラマダン中でレストランもクローズしていましたがホテル内で夕食もいただいたそうです。

何やらお肉グリルしてます。目の前で焼いてくれる感じなんですね。これはなんでしょう?

 正解は、鳩でした。

小骨が多いらしいです。。。

 

スポーツバーのテラス席で、ビール飲んだりして。満喫してて羨ましい(笑)

 

元気も回復したし、いよいよ翌日はピラミッドや博物館を見に行きます。

☆にほんブログ村に参加しています。
世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

インスタグラムアカウント

ウェスティン・マドリードのMUSEO BAR1912とジム

MUSEO BAR 1912

ウェスティンマドリード内にあるスポーツバー”MUSEO BAR1912″に行きました。

スポーツバー、といっても写真の通りめちゃくちゃクラシックなバーでしたし、時間が早かったこともあり人も少なく非常にまったりしました。フットボールの試合中だときっと様子も変わるのでしょう…。

頑なにノンアルコール。これはパッションフルーツと紅茶の入ったモクテルだったと思います。オリーブが美味しくて、止まりません。このバーでオリーブの虜になり、翌日スーパーですぐ食べる用のタパスと、持ち帰り用に瓶詰めのものも買いました。

 

フィットネスルーム

古い建物のホテルでは時折ジムがとってつけたような場所にあったりしますが、こちらのホテルも例外ではなく、結構遠いです。6階の客室エリアを奥まで進みます。

そして非常口の扉を開けます。

秘密の7階階段が出現。

もしくは隣のエレベーターを使用します。

7階に上がると、スパの受付があります。カリタのスパプロダクトを使用しているみたいですね。

ジムの他に、こちらでマッサージを受けることも可能です。

受付のちょっとかわいくない巨大置物

受付の奥に細い通路があり、更衣室やジムなどと繋がっています。

スパがついているだけあり、更衣室は広々としていました。

そしてこちらがジムです。

こんなホテル内の奥地にあり、私がいる間誰一人他の人が来なくて少し物寂しい感じがしましたが、独り占めと思えば贅沢ですね。

 
☆ウェスティンマドリードまとめ




☆にほんブログ村に参加しています。
世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
インスタグラムアカウント

 

ウェスティン・パレス・マドリッドのラグジュアリーな朝食ビュッフェ

朝食ビュッフェの会場”LA ROTONDA”

rotondaはイタリア語で

平面円形ドーム屋根建築物。また円形部屋

だそうです(Weblioより引用)。

その名の通り、ドーム型のステンドグラスが美しい円形のお部屋でした。

天井の爽やかな色合いのステンドグラス+大きなシャンデリアがヨーロッパならではという感じでときめきが止まりません。

 

朝シャン…朝カヴァ?もいただけますよ♡朝から飲める人が羨ましいです。

ホテルの朝食ではフレッシュジュースをいつもいただきます。美味しい♡

フルーツの種類が豊富で、一方で生野菜は少なめだったかもしれません。

クロワッサンやデニッシュなど色々。チュロスやエッグタルトも。チュロスはスペイン発祥ですよね。

ハムやチーズも選びきれないほど豊富な種類でした。

人気のエッグベネディクトがこんな風に作り置きされてました。ここでも人気のようでした。フムスも小分けでありました。こうやって入っていると可愛くて、思わず手が伸びました。

チョコをちょこっとつまめるコーナー

大量のサーモンたち

何気に味噌汁、白米、中華スープがありました。

味噌汁が思いの外美味しく感激しましたが、久々の日本食だったバイアスもあるかもしれないですよね。

 

フムスや生ハム、パテなど…しょっぱいものざんまいのプレート。

パンケーキにドーナツ、フルーツと糖質ざんまいプレートですね…。最近は糖質制限してるので、こんなに糖質摂るのは少しご無沙汰ですが、やっぱり甘いものって美味しく感じてしまって、なかなかやめられないです。

ウェスティンマドリードは朝食会場の素敵さNO.1!今思い出しても幸せな朝食タイムでした。

 
☆ウェスティンマドリードまとめ




☆にほんブログ村に参加しています。
☆にほんブログ村に参加しています。
世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
 
インスタグラムアカウント

シェラトンボゴタホテルの朝食が美味しい【マリオットプラチナ】【マリオットボンヴォイ】

朝食は、初日はシェラトンクラブラウンジでいただきました。
パンのコーナー。クリムトの絵が♪
南米のフルーツたち、めちゃくちゃ美味しかったです。

とくに右下のピタヤ、今までアジア産しか食べたことなかったわたしには衝撃的な美味しさでした!!

アジアで食べていたピタヤ(ドラゴンフルーツ)は水分が多くほのかな甘みのさっぱりしたフルーツですが、こちらでいただいたものはとにかく濃厚。甘くて、すこしねっとりとした食感でした。

見た目は、アジアのものと比べてタネが大きくて少ないので、ちょっと別の果物みたいです。

wikipediaによると、日持ちするために未熟果で収穫を行うため、淡白なピタヤが多く出回っており、ピタヤ全体がそのようなイメージを持たれがちなようです。そして熟すと甘くなるけれど、糖度が高くなると日持ちしなくなるそうです。

ということで、これは中南米に行ったらぜひ食べてみて欲しいです!お勧め!

フルーツジュースも、種類が豊富で新鮮!

チーズやハム。手前…完全に日本の「さけるチーズ」の食感でした(好き笑)

サンドイッチも…パンが美味しい!

ラウンジ内にホットミールもずらり。スープは素朴な滋味深そうな味わいでした♪

 

翌日はビュッフェ会場に行きました。調理場風景のポップで大きな絵が出迎えてくれました。シェラトンのエプロンしてます^^

ラウンジと比較して会場が大きいのでひとつひとつ量は多めですが、ラウンジのメニュー数がかなり充実していたので、比較して思ったより変わらないのが意外でした。

もし静かに召し上がるなら、人が少なくて落ち着いているラウンジの方がいいかもしれません。

ゆで卵がせいろに!

ちょっと久しぶりのお米。笑 これがまた日本人好みのピラフという感じで、美味しくてもりもり食べてしまいました!

 

コロンビアは未知すぎて、ご飯はどんな感じなんだろう?とドキドキしていたのですが、このホテルの朝食を食べて食べ物が美味しい国だ!と思ったのでした。

特に印象に残ったのはやはりピタヤです。またあの濃厚なピタヤが食べたい…!

☆にほんブログ村に参加しています。
世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

インスタグラムアカウント