「ミニマリスト」タグアーカイブ

常に頑張っていないといけないのか

なんでもかんでも手に入れないといけないと気が済まなくなっている

常にプレッシャーの下生きている

ここから生活が好転したり報われる保障があってもなくても。

社会保障も、今の高齢者を支えるために、社会保険料を始め各種税金を納めていかなければならない

さあ自分たちが高齢者になる頃はどうなるの?

そんな現代社会。笑

「常に頑張っていないといけないの?」

「頑張らないのはいけないことですか?」

と感じることが増えてきました。

そう感じるのは、きっとこんなんでも子供の頃から無理して頑張ってきた過去があるんですよね。

10代の頃なんかは常に背伸びしてましたし(チビだし)

まあまあしんどい子供時代を過ごしたので、必死だった気がします。

 

そして若い頃はあれもこれも手に入れたいと感じていた気がします。

仕事もがっつり、家庭も持って、でも女性らしさもあって男の人を立てられて〜みたいな人がこれからの時代求められているんだろうな〜って中学生くらいから思っていましたが、大的中してしまいました。

近年どんどんその風潮が強まってきたように思います。

 

そういえば「ガリ勉」「バリキャリ」等、ステレオタイプが減ってきました。

たとえば綺麗な女医さんなどが随分増えたように思いますし

若い男の子もオシャレで小ぎれいな子が増えた気がします。

お見合いが死語となったいま、恋愛結婚をするためには勉強だけでなく、モテの努力も必要なのでしょうか?笑

仕事も家庭も両立させる自分!のためには…。

(あ、お見合いって、恋愛が苦手な(だけど共同生活はできる)人にはいい制度ですよね。仲人さんの手助けなしに結婚できなかった人って実はいっぱいいると思う…。現代の未婚率はそういう人が結婚していないのもひとつの理由だと思います。)

いつの時代も能力が高くタフでなんでもこなせて(しかも容姿端麗な)スーパーマンのような人は一定数います。

でも今の時代って、ただの凡人までスーパーマンになるのを求められている気がします。

前時代なら普通に生きられた人たちへの圧が異様に強いのではないでしょうか。

 

夢を見させて、疲弊させる人はたくさんいますし、それに乗っかる方にも責任があります。

もう…「己を知れ」です。(自戒の念も込めて

 

本来の自分とかけ離れたことをしているとひずみが生じて疲れます。

 

「こうあらねば!」って強迫観念が長く続くと疲弊します。

 

普通にゆるゆるにいさせてくれよと思いますが…。

 

あれこれ選択肢があるなかで、捨てる選択もとても大事に思います。

むしろ、積極的にやりたくて決めたことより、重要じゃないことを捨てた選択の方が、人生のターニングポイントになってきたかもしれません。

捨てると腹が据わりますから!

 

もちろん人生を詰まないように、リスクヘッジのために選択肢を残しておくことは今の時代とても重要なこと。間違いなく。「フリーランス☆」とか確固としたビジョンもなく担保もないのに学校やめちゃったり流行りに乗るのは安直すぎる…

 

その一方で必要のないものを捨てる勇気を持てないと、全部中途半端でうまくいかなくて結局なにも得られてないじゃん?とも思います。

頑張らないといけないときは誰しもありますが

頑張りどころを間違えないようにしたいですよね。

いろいろ成功体験、失敗や挫折を経る中で、試行錯誤しながら頑張りどころがどこなのか学習していく…。本当はあんまり失敗はしたくなかったけど笑

いい人でいることも円滑な人間関係を育む上で大事だけれど、無理なことを無理と言えないと今の時代しんどいことを人から世間から国から押し付けられますから。笑

大変だと言わないと大変だと察してもらえない。他人が守ってくれない時代だと思います。

だから色々線引きする主体性が大事ですね。といいつつ主体的に取り組むの苦手なんですけどね。気をつけてはいます。苦笑

 

大事なところ以外は思い切って捨てるか、適当にこなすか、人に頼むか

そうやって心身ともにバランスをとっていくしかない。

人生は長いです。100年時代って…嘘でしょ…?(遠い目)

 

「頑張りすぎない」というよりは「頑張りどころを間違えない」

そのために一回がっつり頑張る試行錯誤の期間も大事。

頑張りの線引きをする主体性も大事。

心身の健康が一番の財産。(虚弱のわたしがいうなって感じですが

 

こんな感じでしめたいと思います。

 

あ、ちなみに今日の写真はペニンシュラ東京です。前回の帝国ホテルのバーに行く前、最初はペニンシュラのバーに行ったんです。平日の割と早い時間なのに、なぜか激混み…で帝国に行ったんです。だから写真だけ残っています。景気がいいのは良いことです…。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

【ミニマリストワードローブ】手持ちの秋冬服

秋が来ました。

一気に気温が下がりました。これから気温の低い日が増えてくることでしょう。そろそろ秋冬服を買わなければなりませんが、ちょっと面倒です。

寒いの嫌、重ね着嫌い、厚手の服嫌、秋冬カラー似合わない、おまけに単価が高いですから、腰が重くなるのは当然だと思っているのですが!

ただ足りていないので手に入れないといけないですねぇ。

 

とりあえず今のワードローブ

今持っているもので秋冬使えるもの…

(夏から継続して着ている薄手のカーディガン等は省きます。冬が近づいても着られるもの前提で。)

トレンチコート

肌寒いくらいなら夏からの薄手の服にコトニエのトレンチをはおればなんとかなります。袖を折り返して柄をちょこっと出したり、袖まくったり(寒くなければそのほうがバランス良く見える)、ウエストをぎゅっとしぼってワンピもどきにしたり、前を開けたり。けっこう着方が多くて面白いですよね、トレンチ。

本気で寒くなったら迷わずモンクレールのダウン。エルミンヌです。買ってよかったと思うものの一つ。だって寒すぎます近年の東京!!!モンクレールはさすがにダウンでも品があるように思います。暖かいですが非常に軽く、ウエストラインを思い切り絞れるのですっきりして見えます。

アクアガールで買ったジャケット(年季入ってます)。デニムと合わせるのが定番でした。

こんなのですね
黒デニム

ヤヌークのブラックデニム。春からの続投です。割と厚手なので、寒い時期にもいいかと。

アルマーニエクスチェンジのデニム。シンガポールで購入したので結構長く履いています!上のジャケットと合わせたり、セーターに合わせたり…休日の定番。
ストール

ベージュのカシミヤストール(年季入ってます)。肩にかけたりひざにかけたり、屋内や飛行機の機内でも簡易ブランケットとして使えます。首周りの衣服が苦手ですが、今持っているストールは平気なので、長年手放せない相棒です。

家着はベアフットドリームスのロンハーマン別注カーディガンがひとつ。

ベアフットは軽くてとても暖かく、寒い飛行機の機内でリラックスしたいときにもいいです(ただしかさばるので着っぱなし前提)。
ムートンブーツ

 

おわり。笑

セーターとかボロボロすぎて捨ててしまったんですよ…だから肝心のメインの服が不足しているのです。

暫定買い物リスト

ということで、

・トップス(ニット類)2着→色と形が似合うもの。カラー診断でサマーと言われたので、トップスはあまり秋冬らしくない青みのある淡い色を探してみようかなと(素直)。タートルと肩が合わないデザインはNG。最近すぐ肌がかゆくなるので素材に注意。

 

・パンツ(裏地のあるあったか素材)2着→「暖パン」といえばユニクロですが、しまむらの暖パンもいいと聞いたので気になっています。23区内にも三軒茶屋、お台場など意外と?店舗があるようですので見てみます。

 

・ルームウェアトップス1着、ボトムス2着→寒がりゆえあったかいことは大前提。でも何を買うか(とくに価格帯について)迷っているうちに寒くなってしまった…。

家着って身内以外には見られないかもしれないけど、実は長時間着ているものじゃないですか……しかもすっぴんで……。それなりに見えるものにしたほうがいいんじゃないかって。

 

・ブーティ1足→普段歩きやすさと疲れにくさ重視で、スニーカーかデッキシューズみたいなのばかり履いています。今年はソールが分厚いものが出てる気がするので、疲れにくい、タッパを足せるw、女子会(あまりしませんが…笑)対応OKなブーツが欲しいです。
わたしの場合歩きすぎるので靴が長持ちしません…。お手入れして履けるようないいものを買うか、履き潰すものを買うか。つまさきは普通サイズなのに、かかとが小さすぎるため、合う靴がなかなかないので悩みます。

 

この辺を、ワンシーズン着用前提で探してみます。今季の服が全然似合わなかったら中古のお店で探そうかなぁーと考えております。

ファッションに関する過去記事はミニマリストファッションカテゴリーに書いています。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

東京星図と引っ越し

開運スポットを「東京星図」で調べてみよう

 

東京星図とは

松村潔氏が15年ほど前に出版したこちらの本。

皇居を中心に東京を12等分し(つまり30°ずつ割ります)、それぞれに星座を当てこんで、土地の性質について考察した本です。

残念ながら、現在絶版となっていますが、お遊びで読んでみると面白いですので手にする機会があれば是非。

 

エリア別星座一覧

(→はわたしのざっくり乱暴すぎる感想)

牡羊座:渋谷、恵比寿、代官山、駒場方面を除く目黒区一帯、六本木、広尾、赤坂→東京カレンダー系

牡牛座:霞ヶ関、白金台、泉岳寺、品川駅、芝公園、虎ノ門→高級感あり、やや特権階級主義的

双子座:新橋、日比谷、汐留、お台場、羽田空港(海多し)→良くも悪くも軽い?

蟹座:銀座、築地、月島、豊洲、辰巳(海多し)→水の気が強そう系

獅子座:東京駅、門前仲町、葛西、浦安(ディズニーランド)→東京駅豪華一点主義系

乙女座:大手町、神田、両国、錦糸町、押上→あらゆる方面のプロフェッショナル系

天秤座:秋葉原、上野、浅草、亀有、柴又→人情系

蠍座:神保町、御茶ノ水、本郷、根津、谷中、日暮里→研究者系

射手座:九段下、水道橋、飯田橋、東池袋、大塚、赤羽→スポーツの星

山羊座:護国寺、池袋、目白、高田馬場、神楽坂、雑司ヶ谷→古き良き優等生系

水瓶座:四谷、新宿、大久保、江古田等一部を除いた中野区、中央線→カオス度ナンバーワン

魚座:元赤坂、千駄ヶ谷、代々木、原宿、駒場、初台〜京王線沿い→フワフワスピリチュアル系

 

こんな感じです。(どんな感じだ笑)

わたしの解説は置いておいて、東京に土地勘のある方、なんとなーく、キャラが見えてきませんか?

 

今まで住んだ感想

わたし個人は今までこの中では牡羊座、牡牛座、蠍座、山羊座、水瓶座、魚座エリアに住んだり働いたり学校がありました。

牡羊座ミニマリスト ランニング

流行り物大好き、派手なもの好きの性質が強調され、結構楽しかったです。が、落ち着きがなくあまりあれこれ計画を立てるよりノリで生きがち。生活習慣は乱れに乱れてしまいました。

 

牡牛座

「東京」が誕生した日の太陽は、東京星図では東京タワーの位置なんだそうですよ

土地としては気持ちの良い空間で、あれしたい、これしたいという上昇志向的な欲求が沸くところでした。ただ結構しんどかった記憶が。うまく進むことができず空回りしていました。

 

蠍座

アカデミックさを求めるならば居心地が良いのだと思いますが、ちょっと重たくて、マニアックな雰囲気。うーん、ついていけない。。。と思っていました。

山羊座

落ち着いた雰囲気で生活は整う感じ。きちんと生きようと思える一方、ちょっとでも派手にすると浮く感じがして、華やかさや個性を出そうとすると途端に息苦しい印象がありました。

 

水瓶座

国籍、出自、趣味嗜好、まるで問わないなんでもありのエリア。ノリも良くなり自分の好きなものを大切にできる一方、悪趣味を突っ走りかねない危うさがありました。怪しい人(?)も多い。。。

 

魚座

フワフワとどこか浮いている雰囲気。頑張ろうとしても力が抜けてしまう気がしました。でもその分気軽に楽しく過ごせました。全体的に小綺麗なところが多い。

 

まぁ一長一短ですし、相性もあります。

好きだけど、合わないもあれば、興味がなかったけど、相性がよかったり縁があるところも。

 

自分に合ったエリアを選ぶ

「合っている」の定義は様々かと思いますが、基本的にはホロスコープを出して、足りない性質の集まった星座エリアに住んだり仕事の拠点にするのがいいそうです。

なので、自分のホロスコープの

●火・水・風・地

●活動・不動・柔軟

●男性・女性

3グループそれぞれで不足しているものをピックアップして、その要素が詰まった星座を出せばいいです。

例えば、風星座、活動宮、男性星座が少ないなら、足りないパワーをもらえるのは天秤座。上野秋葉原浅草方面がおすすめだよ、という感じです。

足りないものだけでなく、太陽星座はやはり自分の生きる基本的指針なので、そこを強調するもよし。

またスタートアップには牡羊座、何かを極めるなら蠍座といったように、その土地の持っている性質を借りるというアプローチも。

 

実はずっと引っ越しについてあれこれ考えていて、興味半分でこの本を読んだのですが、なかなか面白かったのでシェアしました。

3度の飯より?散歩好きなので、いろんな土地のエネルギーをいただきに都内のあちらこちらにこれからも出没します^^

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

今までで一番好きです。ホテルインペリアル ウィーン a Luxury Collection

Hotel Imperial,  a Luxury Collection Hotel, Vienna

今まで泊まった中で一番好きなホテルは、ウィーンのホテルインペリアルです。

ウィーンは今まで訪れたヨーロッパ各都市の中でも、一番好きです。と言っても国単位でもまだ訪れたことのないところだらけなのですが…現時点で最もいいなと思った都市です。

 

貴族文化の優雅さを残したまま近代化された街並みという感じがします。

パリも好きですが、落書きなどがなくて治安が良いところで個人的にウィーンに軍配が上がります。やっぱり景観が綺麗で安心して街歩きできるところを好きになります。

 

ホテル館内の様子

フランツ・ヨーゼフ1世がウィーン万博の際に宮殿だった建物をホテルに改装したのが始まりだそうですね。

 

なぜかお城をモチーフにしたテーマパークはあまり得意ではないのですが、本当の宮殿は素敵すぎてほぉぉーと見とれてしまいました。細部まで装飾が施されていてとにかく贅沢です。

立派な大理石の柱、柱フェチなので笑(特にコリント式ラブ)座ってずーっと眺めていたいです。

 

このような共用のスペースにはずっと警備の方?が座っていました。同じフロアにどなたかいらっしゃったようです…。

お部屋の中

エリザベススイートの、ウィーンらしい赤を基調としたお部屋でした(ブルーのお部屋などカラーは数種類あるようですね)。ソファテーブルに置かれているのはウエルカムスイーツです。フルーツと、

ホテルインペリアル名物の一つ、インペリアルトルテです。これ、とても美味しかった。。結構パクパクいけてしまいました。

(日本でもインペリアルトルテを販売しているお店があるようですね。)

この旅行時、ドイツ・ミュンヘンではレジデンツ美術館、ウィーンではシェーンブルン宮殿などにも観光に行ったのですが、この旅で実は宮殿好きなのに気づきました。

ずーっと、自分はお城とかプリンセスとかにあまり興味ない人間だと思っていました。

子供の頃見た遊園地のお城や、芸能人の部屋、原宿の女性?など、小学校くらいの時に何か間違ったイメージが刷り込まれていたようです。。

本物の宮殿は華やかで豪華ながら上品。お城巡りをしたくなるほど大好きになりました。

フィットネスルーム

階段はフィットネスエリアにつながっていました。

優雅にトレーニング。

 

CAFE IMPERIAL

朝食などはこちらのカフェインペリアルでいただきました。
ウィーン名物の子牛のカツレツ、シュニッツェルはランチで。柔らかくて美味しかったです。

(朝食の写真を全く撮っていませんでした)

 

時々ウィーンが恋しくなると、青山のラントマンに行きます。上品で華やかな雰囲気そのまま。ボリューミーなところも、そのままです。

本場さながらのボリューム♪

 

 

ちょっとウィーン観光フォト

ザッハー

デーメル

ザッハトルテ食べ比べ。どちらも美味しい…。

チョコに関しては大好きなのですが、好きすぎるゆえ?馬鹿舌のようで、何を食べても「美味しい」という感想しか出てきません…。スタバのザッハトルテも好きですし。ごえんがあるよチョコやロングチョコバーも美味しいです。

チロルごえんがあるよ 袋 44.8gリスカ スーパービッグチョコ 1枚×20枚

シェーンブルン宮殿、素敵でした。絶世の美女と言われたマリアテレジアは日々ダイエットに励む美意識のとても高い女性だったようです。

それとウィーン近郊にはアウトレットがありました。ル・クルーゼのアウトレットもあり、移動がなかったらお鍋欲しかった…。

 




☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

【身長が低いミニマリスト】2018年春夏、似合う服がない問題②細身のパンツをYANUKで

細身のパンツが必要だった

服が必要なのに今期売っている服が買えない(似合わない)ため、パニックだったという話はこちらから^^;

以前から履いている白ガウチョ、↑で新たに購入したネイビーのワイドパンツに加えてもう1着ワイドではないパンツが欲しかったのですが、

ジョガーは短所が目立って最悪だし、スキニー過ぎても肉感を拾い過ぎて似合わない。

何を履いても似合わない。。。という状態になっていました。

 

ちなみに昨年までは、ジョガーよりはもう少しストレート気味のパンツを履いていましたが(2014年前後によく出ていたゴムウエストのストレートパンツ)、着倒したので処分しました。

この以前よく出ていたパンツも、決して似合っていたわけではなくて、安くてモノトーンならいいや!という気持ちで履いていたものです。

パンツが好きな割には、デニム以外は「これは絶対似合う」と思えるパンツに出会えていませんでした。

 

ポイントはつかず離れずのライン

↑骨格診断を受けた時に指摘されたのですが、パンツは身体のラインに寄り添うもの、でもスキニーほどピッタリしていないほうが良い、とのこと。

もともと下半身がアンバランスなので、スキニーだとそのアンバランスさが全部出てしまいます。

ただストレッチが全く効いていなかったり、身体のラインがマークされないパンツもまた似合わない。

 

もうこれ、ストレッチが効いているストレートのデニムしかなくないか、と思って、インディゴだとカジュアル過ぎるので黒デニムでお茶を濁すことにしました。

 

ノーダメージより多少ユーズド感が欲しい

デニムを専門でセレクトしている店で、色々と試着。

「綺麗めの黒デニム、ストレート、ストレッチ」で探すものの、

ダメージ加工が一切ないものが、真っ黒過ぎてどうものっぺりして似合いません><

チノパンに近いものも試してみましたが、光沢があったりして綺麗めという意味では良いのですが、似合うかというといまいちなんですね。。。

あれこれ履いてみて、最終的に選んだのがこれです。

ヤヌークのミッドライズスリムブラックパンツ。

 

いやー、やっぱりミッドライズパンツって最高です^^インディゴカラーのデニムでも1本持っているのですが、いちばん気に入って履いています。

ミッドライズはローライズより腰が高く見えるけれど、ハイウエストほど大げさに股上をマークすることなく、自然に脚長に見えます。またハイウエストより下に下がりにくいところがいいです。そしてストレートデニムは脚の太いところをカモフラージュしながら、フィット感はあるのでダボついて見えないのでもう何年も重宝してます。

あまり売っていないのが悲しいです。。。骨格ウェーブさんには合うと思うんだけどなあ。

そして、「綺麗め」の希望からは離れてしまうのですが、小汚くならない程度に少し腿のラインにユーズド加工がある方が、スッキリ馴染んで見えるんですよね。

ノーダメージや光沢があったりする方がより綺麗な感じがするのですが、自分に合う方を選ぶことにしました。

 

「こうでなければならない」に縛られ過ぎるとおしゃれが本当に楽しくなくなる

雑誌の影響なのか、世間の目なのか、服に対して「綺麗め」「オフィスカジュアル」「大人〇〇」etc.お決まりのフレーズが散乱する日本社会。

もちろんスーツ着用が絶対だったりするところならスーツから外れてはいけないし、明確なルールは守るべきですが、そうでない時にあまり過剰にかくあるべし!とか勝手に思いこむと、モッサリし過ぎますね。。。

どんなところに所属するかによって、どこまでOKかは異なってきますが、

大人になればなるほど、似合わないものが勢いで似合わせて着られなくなります。

また歳とともに似合うものも変わってきますしね。顔や身体の変化にも対応しないといけない。

自分に似合うものがわからないとどんどんモッサリしてくるのか。。。と思うと悲しいですが、流行りだから、安いからと飛びつくことはせず、できるだけ似合うものだけ着ていきたいものです。

 

そうそう、↓の地曳いく子さんの本を読んで、目を覚まされました。雑誌のように着まわしやバリエーション、なんでも着こなせるのがおしゃれだという思い込みが払拭され、似合うものをちょっとだけ着ていればいいのねと開き直ることができました(笑)ファッションの本で、一番勉強になった本でした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。