「ミニマリスト」タグアーカイブ

朝ジム&ラウンジ朝食@JWマリオットシンガポールサウスビーチ

朝ジム

JWマリオットシンガポールのジムは24時間開いています。運良く早く起きれたので、早朝運動しに行きました。

ジムはプールと同じフロアにありました。

ランニングマシンの目の前はガラス張り。

グリーンで隠れてしまっているものの…見晴らしは良くて気持ちよかったです。

大画面スクリーンがあり、ワークアウト映像を流していました。鏡ごしにもしっかり見えました。

ここで振り付け動画でも流してみんなでダンス覚えたら楽しいと思う。←どういう感想

新しく、内装も落ち着いた感じで楽しく運動できました(^^)♪

 

朝食

朝食はエグゼクティブラウンジのみでいただくことができました。フルーツとデニッシュコーナー。美味しそうに撮れた☆←自己満ジュースをいただきました。美味しかったー。

ピタヤもといドラゴンフルーツ。そのままいただくならピンクが好きです。懐かしくなるのと、特に女性には良いと聞いて、日本でもたまーに買ってしまいます。

ナッツやドライフルーツ類もいろいろ。結構ヘルシー志向というか、軽食っぽいものが多かったように思います。アプリコットがお気に入りでした。

ベーコン、ソーセージやソテーなど、ガッツリ系はこちら。調理されたホットミールはそれほど種類は多くなかったかな、と思います。

残念ながら毎度のようにお腹が不安でしたので(シンガポールは一泊ののちまたそこそこの距離の移動がありました)わたしはそれほどこちらのラウンジではお食事をいただきませんでした。

朝食会場が他にないことを考えると、メニューは少し少ないかな、と思いますが主食+タンパク質とビタミンはしっかり摂れますし、ホーカーやカヤトースト、スタバなど、食べたいものがあったら近くで気軽の朝食も摂れます。

ついたと思ったらもう出発か、早いなー(ただし約1週間後にまた戻るのですが)と思いつつ朝を過ごしました。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチ宿泊記 ロビーと客室

やってきました、シンガポール(^^)♡

JW Marriott Hotel Singapore South Beach

宿泊したのはJWマリオットサウスビーチ。

エリアとしては一応マリーナベイエリアでしょうか。最寄駅はエスプラネード(直結)、同じ交差点上にサンテックシティとマリーナスクエアがあり、少し歩いたところにシティホール駅直結のラッフルズシティショッピングセンターもあり、そしてマーライオン徒歩圏内。お買い物も観光も徒歩圏内にバッチリ。

エントランスからしてアート系。ゴリラとポップなチェア、そして真正面にはLEDスクリーン。クリスマス前でしたので冬のホリデーらしいムードの映像が流れていました。

エントランスから入った瞬間、いい香りがしました♪

そして流れてる音楽も今時な感じ←言い方

エントランス付近の調度品がアーティストのお部屋みたいです。

こちらのロビーでチェックイン。

この一角カワイイです♡

ウェルカムドリンク、さっぱり甘くて美味しかったです。

エレベーターはタコやカニが描かれ、照明の色が変わります。クセが強い。

こういうカーペットを見るといつか見たジャクソンポロックの絵を思い出します。まさに爆発していた。

こちらが客室です。女性が舞っている…!笑 たしかアップグレードなしで、あまり広くはないお部屋でした。客室も通路と同じく、ジャクソンポロックのペンキアートのようなカーペットが敷かれていました。全体的には柔らかいクリーム系の色調の家具にモノトーンがミックスされた感じです。

ベッド周りで複数USBが使えて、変換プラグをいちいち出さずに済むのがとてもありがたかったです。

ドアからの通路は細長め。左がバスルームになっています。

書斎スペースの正面にテレビがどーんと^^;

ちょっと時間が前後してしまいますが確かターンダウン後にボックスが置いてあったのですが…
クリスマスらしい、可愛いチョコレートギフトが入っていました(^^)♡

ミニバー。TWGなどが置いてあります。TORRESのブラックトリュフチップス大好き。

バスルームは白を基調にしており、写っていませんがシャワー室やトイレがありそこまで広くはありませんが手狭感もありませんでした。バスルームやクローゼットのなどが、シンガポールのコンドミニアムってこんな感じだったよなぁ〜と、住んでいた人は懐かしくなるかもしれません(なった)。こちらのホテルはレジデンス部分もあるそうです。ホテルの客室もコンドっぽい感じがしました。

アメニティーはアロマセラピーアソシエイツです♡

こちらに泊まったのは一泊だけでしたのでスーツケースの中もほとんどいじらず、最低限だけ出して生活。

実は今回初JWだったのですが、このようなデザイナーズホテル風のJWはとても珍しいそうですね。(この前に宿泊していたバンコクのシェラトンのラグジュアリーコレクションも珍しいようですが…)

前身がデザイナーズホテルだったそうです。そしてオープンして間もなくマリオットに経営が変わったとのことで、フランス人デザイナーPhilippe Starck氏のデザインがそのまま継承されているそうです。

ラウンジに行って見たり、プールやジムで遊んでみましたので、また記事にします。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シェラトングランデスクンビット宿泊記 スパ「ザ・グランデスパ」とジム

The Grande Spa

夜にシェラトングランデスクンビット内の「ザ・グランデスパ」に伺いました。

あまり夜1人で出歩きたくない(そして最近とみに一回ホテルに戻ると出たくない、出不精発動中…)ので、ホテル内のスパですとそのままお部屋に戻って眠れるのでいいですね。

こちらはエントランス(ジムと共同のエントランスになっています。直進するとフィットネスエリアで、階段を上がるとスパエリアです。ジムの入り口側から撮っています)

階段を上がりお茶をいただきながら、問診票とオイルの香りを決めました。

わたしは全身アロママッサージのひとつ、Indigenous Realignment の90分コースを選択し、よく眠れるそうなラベンダーの香りをチョイス(効能よりもそのときに一番いい香りだな〜と感じるものを直感で選ぶようにしています)。

非常に落ち着いた施術ルーム。

チョイスしたコースは部位ごとに軽いマッサージとディープマッサージを交互に行うコースです。

ライトな方はリラックスできてとても気持ちいい一方、ディープな方はなかなかゴリゴリと痛くて結構きつかったですが、押された後はすごく楽になりました。

まさに飴と鞭。。。

術後の効果を感じられるメニューでした(^^)

終わった後にまたお茶とドライフルーツをいただいて一休み。

そうそう、施術を受けて脚が…見たことないくらい、わたしの脚じゃないくらい細くなったんですよ!爆 ビフォーアフター撮っておけばよかった。笑 効果は数日でしたけどね…感動しました。ものぐさですが、自分でもマッサージしなきゃですね。

 

フィットネスルーム

こちらはジムのレセプションエリアです。有料でヘルシードリンクなど出してくれます。

マシンエリアはこんな感じ。

シェラトングランデスクンビットのジムの好きなところは、スタジオエリアが広々しており、スタジオメニュー開催時間以外は自由に使用できることです。ストレッチやマットワークアウトなどが鏡張りのお部屋で超のびのびできます(^^)

バンコクでも楽しく運動できてよかったです♡

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

あけましておめでとうございます&ブログ一周年

2019年になりました。

みなさまあけましておめでとうございます。

ブログを始めて一年が経ちました。早い〜。

昨年は仕事も変わらず家も変わらずで、そこに変化があるのがここ数年の平常運転?だったのもあり、生活はそんなに変わらなかったのかな?という気もします。

でも人知れず内面には変化があったような…!

開き直りかも知れませんが…w

でも葛藤しているときは精神的にも体力的にもしんどくて、驚くほど病みましたが、なんか年末から休暇に入ったらどうでもよくなっちゃって。笑 というか、何回考えてもわたしはわたしでしかないし、それでダメならダメだし、それも人生だし。

でもでも、とにかく一歩進めるようにがんばります。

 

今年の抱負ですが、

・行ったことない国にたくさん行く(特に地中海など、情報収集していこうと思います)

・活動と休息両方大切にする(昨年不眠症からの寝不足で体調不良に悩みまして。今年は快眠のための努力を惜しまないようにしたいです)

・家族や知人との時間を大切にし、1人の時間も大切にする(これもメリハリと計画が大事ですね)

・身体を継続して鍛える(心身のために、週に数回のワークアウトはやはり必要。基本をしっかり。あと美味しくてヘルシーなおやつを選びたいな笑)

・きちんと各種病院に通う(皮膚科、歯科、消化器内科、脱毛クリニックなどなどサボらず通う。今年は体調などの問題の根本解決のため、病院への労力を惜しまない)

・似合うもの探し(昨年パーソナルカラーと骨格診断を受けて学んだことを生かしながら、昨年末あたりからより興味が湧いて来たので頑張って研究しようと思います)

・美的空間の維持(部屋の乱れは心の乱れ。ものの取捨選択見直し。管理できないなら捨てる)

・苦しいときはひたすら休む。無理はしない。(そのために予定はつめこみすぎない。余白をつくる。)

・人と比べない、比べてくる人も気にしない(特に日本あるあるでどうしても「普通」とか周りが何しているかとか気になりがち。わたしと夫が良ければいいんだ、究極は)

 

9個も書いちゃいましたが、一つに集約するなら体調管理に尽きます。

いつも読んでいただいているみなさまに感謝しております。

みなさま一年元気に楽しく過ごせますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

常に頑張っていないといけないのか

なんでもかんでも手に入れないといけないと気が済まなくなっている

常にプレッシャーの下生きている

ここから生活が好転したり報われる保障があってもなくても。

社会保障も、今の高齢者を支えるために、社会保険料を始め各種税金を納めていかなければならない

さあ自分たちが高齢者になる頃はどうなるの?

そんな現代社会。笑

「常に頑張っていないといけないの?」

「頑張らないのはいけないことですか?」

と感じることが増えてきました。

そう感じるのは、きっとこんなんでも子供の頃から無理して頑張ってきた過去があるんですよね。

10代の頃なんかは常に背伸びしてましたし(チビだし)

まあまあしんどい子供時代を過ごしたので、必死だった気がします。

 

そして若い頃はあれもこれも手に入れたいと感じていた気がします。

仕事もがっつり、家庭も持って、でも女性らしさもあって男の人を立てられて〜みたいな人がこれからの時代求められているんだろうな〜って中学生くらいから思っていましたが、大的中してしまいました。

近年どんどんその風潮が強まってきたように思います。

 

そういえば「ガリ勉」「バリキャリ」等、ステレオタイプが減ってきました。

たとえば綺麗な女医さんなどが随分増えたように思いますし

若い男の子もオシャレで小ぎれいな子が増えた気がします。

お見合いが死語となったいま、恋愛結婚をするためには勉強だけでなく、モテの努力も必要なのでしょうか?笑

仕事も家庭も両立させる自分!のためには…。

(あ、お見合いって、恋愛が苦手な(だけど共同生活はできる)人にはいい制度ですよね。仲人さんの手助けなしに結婚できなかった人って実はいっぱいいると思う…。現代の未婚率はそういう人が結婚していないのもひとつの理由だと思います。)

いつの時代も能力が高くタフでなんでもこなせて(しかも容姿端麗な)スーパーマンのような人は一定数います。

でも今の時代って、ただの凡人までスーパーマンになるのを求められている気がします。

前時代なら普通に生きられた人たちへの圧が異様に強いのではないでしょうか。

 

夢を見させて、疲弊させる人はたくさんいますし、それに乗っかる方にも責任があります。

もう…「己を知れ」です。(自戒の念も込めて

 

本来の自分とかけ離れたことをしているとひずみが生じて疲れます。

 

「こうあらねば!」って強迫観念が長く続くと疲弊します。

 

普通にゆるゆるにいさせてくれよと思いますが…。

 

あれこれ選択肢があるなかで、捨てる選択もとても大事に思います。

むしろ、積極的にやりたくて決めたことより、重要じゃないことを捨てた選択の方が、人生のターニングポイントになってきたかもしれません。

捨てると腹が据わりますから!

 

もちろん人生を詰まないように、リスクヘッジのために選択肢を残しておくことは今の時代とても重要なこと。間違いなく。「フリーランス☆」とか確固としたビジョンもなく担保もないのに学校やめちゃったり流行りに乗るのは安直すぎる…

 

その一方で必要のないものを捨てる勇気を持てないと、全部中途半端でうまくいかなくて結局なにも得られてないじゃん?とも思います。

頑張らないといけないときは誰しもありますが

頑張りどころを間違えないようにしたいですよね。

いろいろ成功体験、失敗や挫折を経る中で、試行錯誤しながら頑張りどころがどこなのか学習していく…。本当はあんまり失敗はしたくなかったけど笑

いい人でいることも円滑な人間関係を育む上で大事だけれど、無理なことを無理と言えないと今の時代しんどいことを人から世間から国から押し付けられますから。笑

大変だと言わないと大変だと察してもらえない。他人が守ってくれない時代だと思います。

だから色々線引きする主体性が大事ですね。といいつつ主体的に取り組むの苦手なんですけどね。気をつけてはいます。苦笑

 

大事なところ以外は思い切って捨てるか、適当にこなすか、人に頼むか

そうやって心身ともにバランスをとっていくしかない。

人生は長いです。100年時代って…嘘でしょ…?(遠い目)

 

「頑張りすぎない」というよりは「頑張りどころを間違えない」

そのために一回がっつり頑張る試行錯誤の期間も大事。

頑張りの線引きをする主体性も大事。

心身の健康が一番の財産。(虚弱のわたしがいうなって感じですが

 

こんな感じでしめたいと思います。

 

あ、ちなみに今日の写真はペニンシュラ東京です。前回の帝国ホテルのバーに行く前、最初はペニンシュラのバーに行ったんです。平日の割と早い時間なのに、なぜか激混み…で帝国に行ったんです。だから写真だけ残っています。景気がいいのは良いことです…。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。