「ミニマリスト旅行」タグアーカイブ

マリーナベイサンズのショーを特等席で鑑賞!ナショナルギャラリーシンガポールのルーフトップバーAura

シンガポールのチャイナタウン観光の日の夜のお話。

チャイナタウンからクラークキー→ボートキーに向かって川沿いを歩いていきました。

川にかかるElgin Bridgeは、夜になるとレインボーブリッジになります←

クラークキーのショッピングモールCentralにルミネが進出していたり。

 

今回の目的地はここです。

National Gallery Singapore

記憶では、ナショナルギャラリー周辺は数年前ずっと工事をしていて、道路も工事で通れないところが多くてうねうねと迂回しながら歩いた記憶があるのですが、すっかり綺麗になっておりました!

かっこいい!

シンガポールでアートを鑑賞したことがあまりなく、芸術に力を入れているイメージもなかったのですが、ギャラリーの外装はかっこいいですね。

かっこいい正面からは入ることができず、脇のドアから中に入りました。

 

Aura

ナショナルギャラリーは、エレベーターで上の階に行くとバーがあります。

カウンター

こんな感じで屋内スペースもかっこいいのですが、今回はテラスへ。

 

わかりにくいですが屋外です

 

特等席ゲット!

飲み物も頼んで。ノンアルコールのモクテルにしました。

 

そう、こちらのギャラリーは、川を挟んでマリーナベイサンズやシンガポールフライヤー(観覧車)のちょうど反対岸に位置しています。

前にさえぎるビルもなく、マリーナベイサンズ周辺を広い視界で心行くまで鑑賞できるスポット☆

 

そうこうしているうちに

お…!

 

マリーナベイサンズのレーザーショー”SPECTRA”が始まりました!久しぶりに見れた。

毎日午後8時、9時(+金曜と土曜は10時からも)15分間開催されています。

サンズのショーを見られるバーといえば、マーライオンパーク近くのフラトンベイホテルのランタンも好きなのですが、ショーの時間帯はかなり混んでいるので、こちらはまだまだ穴場だと思いました。

 

ちなみに今回歩いた道のりはこんな感じでした。チャイナタウンから腹ごなしにちょうどいい距離です。

Aura
住所:1 Saint Andrew’s Road, 05-03 and 06-02 National Gallery Singapore
電話番号:+65 6866 1977
営業時間:12:00〜14:00、18:30〜22:00

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクの寛げるルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

 マリオットマーキスクイーンズパークのルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

夕方、ホテルに戻り、まだ日が暮れる前の早い時間からホテル内の38階のルーフトップバーに行きました。

エレベーターに乗って37階へ。

まずエレベーターを降りて最初に屋内のバー、ABARがありました。(同名です)

プールバーなので、ビリヤードとかサッカーゲームをして遊べます。

屋内のABARも素敵な雰囲気です。次のステイの際使ってみたいと思います。

帰り際に写真を撮ったので、日が暮れて一層ムーディーな空間になっています。素敵!

 

ここから階段を登っていきます。

ABSOLUTELY FABULOUS だそうですよ。わくわく。

結構な長さの階段をくるくる登ります。壁にはレトロなコラージュが色々貼ってあって、暗がりの雰囲気もあいまっておしゃれでした。屋内のバーも含めて、レトロなインテリアが魅力です。

登って行くと屋上に到着です。

 

可愛いお花が出迎えてくれます。展望台スペースとバースペースに分かれていて、まずは展望台スペースを見学しました。

 

※展望台スペースは服装自由ですが、バーはスマートカジュアル。男性のサンダルはNGとエレベーター前にいた綺麗なホテルのお姉さんがはっきりおっしゃってました。

 

ぷるぷる
ぷるぷるぷる ※キャプションには夫の心の声を入れてみました。w 高所恐怖症なのに、旅行中毎回一回はルーフトップバーに行きます。話のタネに、だそうです。しかし手すりには近づけず、真下を見れません。

エンポリアム、エムクオーティエ方面をはじめ、スクンビットのプロンポン、トンロー方面がやはりよく見えます。

日が暮れていないので、建物がはっきり見えますね。

ムーンバー、シロッコなどのようにクラクラするほどの高層ではありませんが、歩き回って好きなところから自由に景色を楽しめて開放感があります。

展望台で景色を堪能した後、バーエリアへ。

レトロな趣が素敵です。

バーはまだ早い時間で空いていて、一番景色がよく見えるソファー席に案内してもらえました。

高さに震える夫です。震えるあまり、スナックをこぼしています。

こちらのABARは、ジンのメニューがバンコクでも指折りの豊富さだとか。

わたしはフライト前なので…ノンアルコールのカクテルを頼みました。

スナックでついてきたバーベキュー味?のチップスがとても美味しかったです♡どこのやつか、聞けば良かった。

最後のバンコクの夕暮れに乾杯ー。

 

かっ、悲しい。。。バンコクが好きすぎて、名残惜しいです。。。

ソファからの景色。やはりクラクラするほどではないですが、見晴らしが良くて、プロンポン駅周辺が見渡せます。

 

手前に見えるのは、シンガポールに住み始めて間もない頃泊まりに来たエンポリアムスイートです。

 

あれは2014年だったけれど、あれからプロンポンはかなり変わりました。エムクオーティエの登場が大きいのかな?あと恐竜のアミューズメントパークのダイナソープラネットとか。

 

今でも残っているけれど、今以上に古き良き日本人街の風情があったように思います。

ソファに寝っ転がりながらiPhoneで撮ったものです。初めてyoutubeに動画をあげてみました。

撮っている時流れているのは70年代的なディスコミュージックサウンドですが、音楽のジャンルがバラエティに富んでました。

おもむろにm-floが流れたときはびっくり。m-floってすごい東京っぽいなーと異国で聴くと思いました。一気に渋谷区的な空気に。

すっかり日が暮れました。

 

ABARは、昨年できたばかりのようで、まだあまり観光客にも知られていないようでゆったり過ごせました。

やはり展望台に自由に入ることができる上、バーの座席もゆったりと寛げるタイプだったので、フライト前にすごくリラックスすることができました♡

ご飯のシメのルーフトップバーもいいけれど、オープン間際のアペリティフとしての利用も好きですね。

最後も楽しく過ごせて良かったな。

ABAR ROOFTOP

住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, 38th Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
営業時間:17:00〜1:00
電話番号:+66 2 059 5999


お気に入りを見つけて嬉しくなりつつ、夕暮れとともに、バンコクともしばし別れ。

また近々来るよー!♡

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクのお土産が買えるカフェ サイアムティールーム

マリオットマーキスクイーンズパークのカフェ兼ギフトショップ Siam Tea Room

ホテルの1階に、お茶できるカフェが。入り口の柱こそアジアンテイストですが、中は可愛いタイ土産が手に入るカフェでした♪

ドライフルーツ。厚紙でできた袋に好きなだけ入れて量り売りをしてくれます♪

天秤が飾ってあると、なんて可愛いんでしょう。

天秤といえば流れ星ちゅうえい氏の一発ギャグ「天秤ちゃん」を思い出します。
キング観光の広告をおもむろに貼り付けてみるw可愛い!!
実はライブ観に行くくらい好きです♡

あ、ドライフルーツの中にはドリアンもありました。持ち込み注意。。。

 

アイスティーもこんな風に売っています。めちゃめちゃ可愛い♡

タイのディスプレイってセンスいいですよね。そして近年どんどんセンスが上がっているように思います。

 

バンコクイチオシお土産

上段にはKUNNAというメーカーのクッキーやトロピカルフルーツドロップ、マンゴーチューイングキャンデー。

そして下段はSiam Tea Roomオリジナルのチョコレートが売っています!小さめサイズで可愛くて、お土産にぴったり。

わたしはバナナチョコをお土産に買いました(^^)

こちらはお茶のコーナー。食器も少し置いてあります。上段はなかなか高級ラインですね。

バンコクのお土産って何にしようかいつも迷うんですが、今回はここでお土産を揃えました♪

 

会計をする時に、お菓子を試食させてもらったのですが、袋ごとくれるのかと思い、すごい太っ腹、ありがとう♪とにっこりもらおうとしたら、一口だけよ!と失笑されました。笑 そりゃそうですよね…。相変わらず抜けています^^;

 

Siam Tea Room


住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, Lobby Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
電話:+66 2 059 5999
営業時間:7:00〜23:00(遅くまで開いているのもいいですね♪)

近くのLekで足もみ休憩

お土産を手に入れた後、近くのLekマッサージに行きました。

フライト前に疲れを取ってもらわねば。

プロンポンには大きいお店があるんですね。ソイ22沿いで、マリオットからも至近です。

この旅で、一番日本人を見たのはこのLekのSoi22店でしたね。団体さんがいました。

今回の旅行、年度末だからか日本人をそれほど見かけませんでした。セントレジスとコートヤードは一人も見かけなかった気がします。

Lekで英気を養ったあと、再びマリオットに戻り今度はバーに向かいました。

このバーが、また良かったのです。ちょっと長くなってしまうので、次回紹介します。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

煌びやかなルネッサンス・バンコク・ラッチャプラソーン・ホテル クラブラウンジ、プール、ジム、朝食

クラブラウンジ

時間が合わなかったのでハイティーや軽食はいただきませんでしたが、サイアム散策後クラブラウンジでひと息兼、PC作業。

上の写真はエントランスにあるソファ席。新聞が置いてあります。ここがラウンジの中で一番スノッブでルネッサンスらしい雰囲気がいいですね。笑

 

夜景の見える窓際の席が空いていました♪ちゃっかり着席しちゃいます。多少面倒ごとに取り組まなくてはいけなくても、景色が良かったらハッピーなタイプです。

と言いながら、窓越しの写真は全然綺麗に見えないですね(><)すみません…。

比較的暗めの室内ですが、テーブルごとにライトが当たっているおかげで手元はそこまで暗くなく、作業していても平気でした。割と利用者は多かった気がしますが、うるさくはありませんでした。

翌日、朝日を浴びながら。朝も気持ちがいいです。

 

プール Day&Night

日中のプールです。カードキーで入室します。

室内ではありますが、細長く、窓のつくりなどに開放感があってなかなか気持ちがいい空間です。

 

ただ、やはりルネッサンスホテル、本領発揮は…

夜のプールではないでしょうか?

かっこいい!やはりライティングにセンスを感じます。

 

ジム

ジムも十分な広さがあります。

ただ…フリースペースがあるにはあるのですが、基本的にパーソナルトレーニングスペースになっていて使えず、一人でマットワークアウトをする私はすみっこぐらしでした。笑

パーソナルトレーナーをつけて一緒にトレーニングしてもらってもいいかもしれませんね。結構楽しそうでしたので。

ジムの眺めもなかなか。バンコクは高層ビルが多いですねぇ。かっこいい建物が増えていて、日本も頑張れとか思ってしまいます(^^; 耐震等の縛りがあるのはわかるんですが。。。あと電柱のないエリアももっと増えるといいなとか、清潔な国なのに、景観に関しては本当に残念。

 

そんな不満は置いておいて、この日は夫もジムに同行したのですが、夫がトレッドミルに乗っていると、クローン人間並みに夫と後ろ姿が激似の人が、隣にやってきました。ほかも空いてるのに、わざわざ隣に。夫曰く横から見てもそっくりだったそうです。やる気がなさそうなところまで、完コピ。

わたし後ろから衝撃、のち大爆笑。

楽しいジム時間でした。笑

 

朝食ビュッフェ

メニューがとても充実していました。そして、味も美味しかったです。

今回の旅行で一番朝食は充実していたかも。マリオットマーキスはラウンジでの食事でしたが。

これはルネッサンスのクラブラウンジでいただいた朝食です。実はお腹が空きすぎて、ラウンジのおかゆとサラダでは足りず、ロビーでも食べたんです(笑)この頃になると日本でやられていた胃が、だいぶ元気になってきました。

 

ソファーテーブルの休憩スペースなど、デザインやテイストが一つ一つ違うのが凝っているなぁと思いました。でも統一感はあり、どのスペースもかっこいい印象。色彩がどこかアジアンテイストでした。

 

エリアとしてはバンコクの真ん中に位置していながらも、大通りからは少し奥まっているので、騒音も気になりませんでした。

随所にライティングのこだわりがある、かっこいいホテルでした。


☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

煌びやかなルネッサンス・バンコク・ラッチャプラソーン・ホテル宿泊記 サイアム散策。

ルネッサンスバンコクラッチャプラソーンホテル

スクンビット通りから少し奥まった位置にある、ルネッサンスホテル。こちらが今回4番目の滞在先でした。

入り口が大通りからかなり離れているため、立地の割に静かなところが魅力のひとつ。


入ってすぐ目に入るのはキラキラ、鮮やか、艶やかな照明たち!

これは…元はspgによく泊まっているので、「ダブリュー系」と勝手に呼んでいる、イケイケ系ホテル(語彙の不足著しい)。

 

お部屋のカードキー。一番上の5レター!好きです

 

こちらは、エスカレーターです。

ホストクラブの入り口みたいに写ってますが、実物はもっとスタイリッシュでおしゃれな感じ。

ギラギラエレベーターに乗ってお部屋に向かいます。

バイオレット系を基調にした、とてもシャープな印象のお部屋です。タイでは高貴な色とされていますね♡

色合い的に、どこかジムトンプソンのようなタイらしさのあるインテリア。

紫とオレンジは相性が良くて好きな組み合わせです。オリエンタルな感じが素敵。タイに来たー♡って感じがします(翌日帰国ですけど…)。

直線的でスタイリッシュ、そしてカラートーンにオリエンタルさのあるお部屋でした。

 

ロビー階のバーもヴィヴィッドでおしゃれでした。BGMも。

 

わたしは個人的には、シェラトングランデスクンビットやセントレジスのように、もう少しクラシカルで曲線的なデザインが好みですが、主人はこのシャープでヴィヴィットなテイストをとても気に入っていました。

皆さんはクラシカルとモダン、どちらがお好きですか(^^)?

 

サイアム散歩

ルネッサンスは都心部にほど近いので、歩いてサイアム方面へ向かいました。散歩大好き(^^)


高級ショッピングモールサイアムパラゴンでは、コンドミニアムのイベントが開催されていました。

バンコクはコンドが値上がりしている印象です。

コンドの価格を見ずとも、滞在するたびに年々街が洗練されてきているのを肌で感じます。おしゃれな場所も景観の美しいところも増えているし、サービスも洗練されてきている。モノの値段も上がっています。

ビルとかコンドとかは日本よりデザインのかっこいいものがたくさんできています。日本は、耐震基準が厳しいからデザインの自由度が少ないでしょうけど、それにしても「コレ好き!」と思える建物が少な過ぎて、ちょっと残念だな。。。

 

とにかく今回は特に感じました、去年とは明らかに違うと。「シンガポール化している…」と思いました。東南アジア国家の最終形態はシンガポールなのかしら。

 

サイアムパラゴンでのショッピング後は、向かいのサイアムスクエア一帯へ。

はい、また食べてしまいました…笑

またまたカオニャオマムアンです♡

サイアムパラゴンでは結局、いつもと同じコースをフルコンボで堪能しました!

いつものサイアムスクエアでの過ごし方はこちらに書いています(^^)

 

1年ぶりのサイアムは、エネルギーいっぱいの若者の街でした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。