「ホテルレビュー」タグアーカイブ

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクの寛げるルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

 マリオットマーキスクイーンズパークのルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

夕方、ホテルに戻り、まだ日が暮れる前の早い時間からホテル内の38階のルーフトップバーに行きました。

エレベーターに乗って37階へ。

まずエレベーターを降りて最初に屋内のバー、ABARがありました。(同名です)

プールバーなので、ビリヤードとかサッカーゲームをして遊べます。

屋内のABARも素敵な雰囲気です。次のステイの際使ってみたいと思います。

帰り際に写真を撮ったので、日が暮れて一層ムーディーな空間になっています。素敵!

 

ここから階段を登っていきます。

ABSOLUTELY FABULOUS だそうですよ。わくわく。

結構な長さの階段をくるくる登ります。壁にはレトロなコラージュが色々貼ってあって、暗がりの雰囲気もあいまっておしゃれでした。屋内のバーも含めて、レトロなインテリアが魅力です。

登って行くと屋上に到着です。

 

可愛いお花が出迎えてくれます。展望台スペースとバースペースに分かれていて、まずは展望台スペースを見学しました。

 

※展望台スペースは服装自由ですが、バーはスマートカジュアル。男性のサンダルはNGとエレベーター前にいた綺麗なホテルのお姉さんがはっきりおっしゃってました。

 

ぷるぷる
ぷるぷるぷる ※キャプションには夫の心の声を入れてみました。w 高所恐怖症なのに、旅行中毎回一回はルーフトップバーに行きます。話のタネに、だそうです。しかし手すりには近づけず、真下を見れません。

エンポリアム、エムクオーティエ方面をはじめ、スクンビットのプロンポン、トンロー方面がやはりよく見えます。

日が暮れていないので、建物がはっきり見えますね。

ムーンバー、シロッコなどのようにクラクラするほどの高層ではありませんが、歩き回って好きなところから自由に景色を楽しめて開放感があります。

展望台で景色を堪能した後、バーエリアへ。

レトロな趣が素敵です。

バーはまだ早い時間で空いていて、一番景色がよく見えるソファー席に案内してもらえました。

高さに震える夫です。震えるあまり、スナックをこぼしています。

こちらのABARは、ジンのメニューがバンコクでも指折りの豊富さだとか。

わたしはフライト前なので…ノンアルコールのカクテルを頼みました。

スナックでついてきたバーベキュー味?のチップスがとても美味しかったです♡どこのやつか、聞けば良かった。

最後のバンコクの夕暮れに乾杯ー。

 

かっ、悲しい。。。バンコクが好きすぎて、名残惜しいです。。。

ソファからの景色。やはりクラクラするほどではないですが、見晴らしが良くて、プロンポン駅周辺が見渡せます。

 

手前に見えるのは、シンガポールに住み始めて間もない頃泊まりに来たエンポリアムスイートです。

 

あれは2014年だったけれど、あれからプロンポンはかなり変わりました。エムクオーティエの登場が大きいのかな?あと恐竜のアミューズメントパークのダイナソープラネットとか。

 

今でも残っているけれど、今以上に古き良き日本人街の風情があったように思います。

ソファに寝っ転がりながらiPhoneで撮ったものです。初めてyoutubeに動画をあげてみました。

撮っている時流れているのは70年代的なディスコミュージックサウンドですが、音楽のジャンルがバラエティに富んでました。

おもむろにm-floが流れたときはびっくり。m-floってすごい東京っぽいなーと異国で聴くと思いました。一気に渋谷区的な空気に。

すっかり日が暮れました。

 

ABARは、昨年できたばかりのようで、まだあまり観光客にも知られていないようでゆったり過ごせました。

やはり展望台に自由に入ることができる上、バーの座席もゆったりと寛げるタイプだったので、フライト前にすごくリラックスすることができました♡

ご飯のシメのルーフトップバーもいいけれど、オープン間際のアペリティフとしての利用も好きですね。

最後も楽しく過ごせて良かったな。

ABAR ROOFTOP

住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, 38th Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
営業時間:17:00〜1:00
電話番号:+66 2 059 5999


お気に入りを見つけて嬉しくなりつつ、夕暮れとともに、バンコクともしばし別れ。

また近々来るよー!♡

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクのお土産が買えるカフェ サイアムティールーム

マリオットマーキスクイーンズパークのカフェ兼ギフトショップ Siam Tea Room

ホテルの1階に、お茶できるカフェが。入り口の柱こそアジアンテイストですが、中は可愛いタイ土産が手に入るカフェでした♪

ドライフルーツ。厚紙でできた袋に好きなだけ入れて量り売りをしてくれます♪

天秤が飾ってあると、なんて可愛いんでしょう。

天秤といえば流れ星ちゅうえい氏の一発ギャグ「天秤ちゃん」を思い出します。
キング観光の広告をおもむろに貼り付けてみるw可愛い!!
実はライブ観に行くくらい好きです♡

あ、ドライフルーツの中にはドリアンもありました。持ち込み注意。。。

 

アイスティーもこんな風に売っています。めちゃめちゃ可愛い♡

タイのディスプレイってセンスいいですよね。そして近年どんどんセンスが上がっているように思います。

 

バンコクイチオシお土産

上段にはKUNNAというメーカーのクッキーやトロピカルフルーツドロップ、マンゴーチューイングキャンデー。

そして下段はSiam Tea Roomオリジナルのチョコレートが売っています!小さめサイズで可愛くて、お土産にぴったり。

わたしはバナナチョコをお土産に買いました(^^)

こちらはお茶のコーナー。食器も少し置いてあります。上段はなかなか高級ラインですね。

バンコクのお土産って何にしようかいつも迷うんですが、今回はここでお土産を揃えました♪

 

会計をする時に、お菓子を試食させてもらったのですが、袋ごとくれるのかと思い、すごい太っ腹、ありがとう♪とにっこりもらおうとしたら、一口だけよ!と失笑されました。笑 そりゃそうですよね…。相変わらず抜けています^^;

 

Siam Tea Room


住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, Lobby Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
電話:+66 2 059 5999
営業時間:7:00〜23:00(遅くまで開いているのもいいですね♪)

近くのLekで足もみ休憩

お土産を手に入れた後、近くのLekマッサージに行きました。

フライト前に疲れを取ってもらわねば。

プロンポンには大きいお店があるんですね。ソイ22沿いで、マリオットからも至近です。

この旅で、一番日本人を見たのはこのLekのSoi22店でしたね。団体さんがいました。

今回の旅行、年度末だからか日本人をそれほど見かけませんでした。セントレジスとコートヤードは一人も見かけなかった気がします。

Lekで英気を養ったあと、再びマリオットに戻り今度はバーに向かいました。

このバーが、また良かったのです。ちょっと長くなってしまうので、次回紹介します。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

まったり過ごす、コートヤードバイマリオットバンコク宿泊記 お部屋、ロビー、クラブラウンジ

COURTYARD Marriot BANGKOK


セントレジスをあとにして、近くのコートヤードマリオットに移動しました。

修行してますねぇ笑

ロビーを上から撮ってみました。

色使いがポップで、欧州のビジネスホテルのような雰囲気。(以前泊まったドイツ・ミュンヘンのアロフトとかフランス・レンヌのイビスとかに似ていると思いました)

お部屋は暖色で優しい色合いですね。

チェアのサイドテーブルに、試してみて!とお菓子が置いてありました。

書斎スペースやミニバー。真っ赤な絨毯可愛いですね。

ちょっとお部屋の机が狭くて、集中して作業ができないと思ったので、お出かけの前にクラブラウンジで仕事することにしました。

 

シンプルなところで、フルーツや飲み物、サラダがちょっぴりと。

それほど広くなく、先客も数組いましたが静かでした。

窓辺を陣取って、黙々と進められました。

 

その後は、歩いてスクンビット方面へ。

チットロム〜プルンチット〜ナーナー〜アソークまでひたすらてくてくウォーキングしました。

道が悪い、空気も悪いのを差し引いても、歩けば必ず発見があって楽しい…♪

プルンチット周辺を歩いている時に、おっこの食器のお店はかわいいなーと入ってみました。
タイの有名な食器、ロイヤルポーセリンのショールームでした(^^)アジアの駐在妻が、高確率で持っているタイ食器ですね。

わーこれ好み!欲しかったクリストフルの食器にも似ている笑

そしてお値段も見た目よりうんとリーズナブルでした!

 

プルンチット店の他にも、いくつか店舗があるそうですよ♪
オフィシャルページはこちら。

プルンチット店は駅のすぐそばにありました(^^)

住所:Mahatun Plaza Bldg.,888/1-2, 5-6 Ploenchit Rd, Pathumwan, Bangkok
営業時間:月〜土曜 9:00〜18:00
電話:022522527

最終的に、アソーク駅まで入ってターミナル21を冷やかしてきました。時々掘り出し物があるんですよ。笑

お店によりますが、フリーサイズが小さめだったりするので、小柄な方は激安で使えるアイテムが手に入るかも(^^)

今回は地下の食品やドラッグストアで買い物するのみでしたが、バンコクでよく買うお気に入りの日用品を手に入れて電車で帰りました。

デンティス エチケット ハミガキ粉 100gFIJI Water フィジー ウォーター 500ml×6本 (6本入り1パック) [並行輸入品]

蒸し暑い中、たくさん歩いてクタクタ。距離にしたら片道3キロ程度なんですが、蒸し暑さと道の悪さのせいか、東京を歩くときより2倍くらい遠く感じました。

気づいたら、意識を失っていました。笑

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

エレガントなセントレジスバンコク宿泊記 朝食、ジム、プール

朝食ビュッフェ@VIU

朝食は12階のVIUのビュッフェをいただきました。

赤と白の比較的カジュアルなダイニングルーム。

赤と白〜とか言いながら、完全に逆光で色うつってない件。
フルーツがたくさん並んでるとほんと可愛いですよね、 ここはズラーと並んでいる感じが特に可愛くて、思わずパチリ。大好きなパッションフルーツを発見♪

毎日スタートはおかゆから^^;まずおかゆを食べてみて、「今日の胃はイケる!」と思ったら他のものを食べ始める感じ。大概この後ちょこちょこ食べてますけどね。

このおかゆは海老入りで美味しかったです。

 

ビュッフェに含まれるオーダーメニューは、ちょっとアジアのテイストが感じられるラインナップでした。

マックンプラウン。マカロニチーズに海老ドーン。ちょっと薄味でした。夫はこれの他に鶏肉のレバーもオーダーしてました。わたしはタイスムージーボウルを頼みました。マンゴースムージーにフルーツとグラノーラがトッピングされています。ヨーグルト味が割と強めのタイプ(プレーンヨーグルトが苦手で、甘いヨーグルトしか食べられないんです;)。

 

ジムでワークアウト

 

ジムで運動。

この日嬉しかったのは、運動嫌いの夫がジムに来たことですw

夫婦でワークアウトに励む、とか、運動に限らずあんまり切磋琢磨といった雰囲気ではないんです^^;

お互い、好きなところや得意なところを頑張りましょうって感じなので。。。

でも一緒にやってくれると嬉しいです!本人の健康のためにもなるので。35歳までに健康的な生活習慣を身につけていただきたいと思います。w

筋トレを一通りしてから(わたしはほとんど自重ですが)

こちらのトレッドミルでランニング♪

昨日のドローイングルームでのアフタヌーンティーの時も眺めがよかったのですが、
こちらも緑があり気持ちの良い眺めでした!

あんまり疲れないように、キロ6分で3キロだけ。緑を見て、音楽を聴きながら。気持ちよかった!聴き放題最高です。

 

プール

ジムと同じフロアにあり、おしゃれなバーカウンターから入り口に繋がっています。夜ならここでお酒を頼みたいですね。


グリーンやオブジェの配置がおしゃれ。プールサイドの小石を敷き詰めたデザインがさりげないアクセントで素敵です。
屋外にもバーエリアが多く、プールに入らなくても楽しめるのがいいですね♡

プールエリアもモノトーンでシックな感じが素敵でした。

随所に散りばめられたエレガントさが心をくすぐる、流石の名門ホテルでした。

 

☆にほんブログ村に参加しています。人気記事のパロメーターと、モチベーションになっています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

エレガントなセントレジスバンコク宿泊記 ELEMISスパ

今回の旅でやりたかった「経験」

今回は、一度は高級スパに行ってみようと決めていました(^^)

 

バンコクはお手頃でおしゃれな一軒家のスパがたくさんあるところも大好きで、毎回のようにリピートしているお店もあるのですが、そんなに高額なスパには行ったことがなかったのです。

今までそういうところに大金を払う必然性が感じられなくて、そこそこの金額でも気持ちいいサービスが受けられるんだからそれでいいじゃないと思っていました。それも確かにそうなんですが、ちょっと背伸びをしてみたくて(^^;

 

そうそう、最近意識しているのが「上も下も見て知ったうえで、何が本当に好きか、何が心地いいのか知りたい。納得したものにお金を払えるようになりたい。」ということ。

なんとなくみんなそうしているから…とか自分はこんなもん…とかあんまり思わないで、一旦思い込みのブロックを外してみてから、メリハリある大人になりたい、が30代の目標かな。

 

ミニマリストといっても最小限というよりは、「選択的優雅」を目指したいと思い

服は数は少ないけど、好きで似合うものを吟味するぞとか

家は狭くても、景観が美しい街がいい、とか

消費の話だけじゃなく、余計なお金使うよりいくらでも総資産が増える方がいいなとか、まあそんな感じで自分(たち)基準で、できる限り資源の最適配分をしたいんですよ。。

まあそんな感じでスパ行きたいなーと思いました笑

セントレジスに泊まるので、せっかくならとホテル内のELEMISのスパを予約しました。


ELEMIS SPA

入り口から白を基調にしたエレガントさで。やはりセントレジスの館内と同じく、全体的に曲線が多いんですよね。わたし曲線フェチなので(ガウディとかフンデルトワッサーの作品みたいな、直線のない世界が大好き)、好みです。

コンサルテーションの用紙を記入して、希望メニューを改めて伝えます。

わたしがお願いしたのはELEMIS Free Style Deep Tissue Massageの90分コースなのですが、プロモーションでエレミスのホームケアがついてきました。

希望する効能について、アンチストレスを即選択。笑 普段あまり意識していないんですが…日本の、特に冬は、知らず知らずイライラしているみたいで。訳もなく落ち込むことも。

 

施術時間より早めにスパに来ることをお勧めされていて、スパの時間までジャグジー、サウナ2種類を楽しむことができます。

わたしは30分前くらいに行きましたが、もっと前から行ってもいいかもしれません。

ロッカーもまた可愛いのです♡ロッカーに当たる照明がホワンとしていて写真で改めて見ると素敵。

ご自由にどうぞ方式で、オレンジとジンジャーのホットティーやドライフルーツが置いてあります。

備え付けのアイテムももちろんELEMIS。

 

そして「施術のスタート時間にはここにいてね」と案内されたところが、めっちゃくちゃ可愛かったのです!!

タマゴー(>ω<)♡きゃーかーわーいーい。リゾート感があって、テンションが自然にアガる。

下ちらっと見えますか?下がジャグジーになっています。

階段を降りると、自由に使っていいと言われたジャグジーサウナエリアなのですが、上も下も全館貸切状態でした(>ω<)

一人とわかると、開放感がすごい。笑

嬉しくて時間ぎりぎりまで堪能してしまいました。

ジャグジーは温水と冷水があるのですが、冷水の方が上から水が降って来ていたので、一人で滝修行ごっこをして遊んでましたw 寒かったけど、スッキリして気持ちよかった!

待ち合わせのタマゴの中。居心地がよくて、もっといたかったです。

ここから個室(貸切だったので、ここも個室みたいでしたが)に移って施術スタートです。

技術については、最初はうーん?と思いましたが、徐々に呼吸が合ってくるような感じで、気持ちよく委ねて満喫しました。スタンダードなオイルマッサージでしたよ。首から腕、手首にかけてリンパを流すような動きをしてもらったのが特に気持ちよかったです。腕がゴリッゴリに凝っていて、自分でも引きました。。。

受付前でお茶をいただきました。

 

終始他のお客さんに会うこともなく、穴場感を感じました。できてそれほど年数も経っていないのでしょうか。ガイドブック等では、あまりお見かけすることはなかったように思います。

おかげで、心から一人の優雅な時間を堪能できました。

一人だったからこそ、特にサウナの中ではプラネタリウム(なのかな?)を見つつ、いろんなことを考えてました。気持ち良い空間にいると考えがまとまるまとまる。

良い経験をしたなぁと思いました。

終わった後は、買ったサンダルがゆるく感じました。特に脚がスッキリしました。嬉しい。

 

☆にほんブログ村に参加しています。

今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。