「ナノケア」タグアーカイブ

ミニマリストのヘアケア。モノは少なく髪は元気に。

ミニマリスト 湯シャン メイソンピアソン
髪に何か塗るのやめました。

痛みやすく面倒臭がりな私の髪が健康になってきたのは、全部やめてからでした。



 

痛みまくりの10〜20代

もともと私は肌や目の色が薄いのですがそれに比べて髪が黒く硬く太くちょっと違和感があります。

地毛が一番似合う」なんて言うけれど、それは肌や目の色など他の部分と色素に矛盾がない場合ですよ!そんな風に生まれてたら無駄に手を加えなくてよいでしょう…。

明らかに色素に差があり、髪だけめっちゃ日本人らしいのが嫌で、10代の頃から染めていました。高校の頃黒染めを泣く泣くしてからでしょうか、恒常的に痛むようになりました。

何をやっても、そんなに長くなくても毛先がパサつくので、ヘアオイルを塗ってごまかして見たり、トリートメントしたり。

美容院専売とかケラスターゼとかモロッカンオイル、ココナッツオイルなどなど色々。

結構投資したにも関わらず、その場しのぎの結果。

美容業界全体で利益を上げるために痛める方向に持っていってるんじゃないかと被害妄想を抱くほどでした。汗

 

塗りたくるのはよくないという意見

湯シャン、肌断食の宇津木龍一先生の本を読みました。

現代のヘアケアはシャンプーで根こそぎ全て洗い落とし、カサカサになったところにケア商品を塗るのが常識になっているんですが、自分の皮脂に勝るオイルはないから自分の身体の能力を信じてみよう、という考え方だそうです。

シャンプーはいったん湯シャンにしてみたもののどうしてもやめられず、とりあえず牛乳石鹸のシャンプーで落ち着きました。

ドライヤーとブラシを変えました
ドライヤー:みんながいいというパナソニックのナノケア。

ちょうどドライヤーが壊れたため、ナノケアにしました。女5人ほどで集まった時にみんなにおすすめ何?と聞いたら3人からナノケア!と返答が来たので。たしかにみんなつやつやしているし、と思って買いました。

低温のスカルプや温冷自動切り替えを使ってみたり、ターボでがーっと短時間で乾かすようにしたり試行錯誤・・・。割と良いと思います。

 

ブラシ:メイソンピアソンのエクストラブリッスル

ブラシはイギリスの有名ブランドメイソンピアソンです。ヤフーショッピングでたまったポイントでありがたく買いました。

これは静電気が起きず、しっかりととかしてあげるとさらっさらになります。自分の皮脂をしっかりキャッチして、髪全体にいきわたり、自家発電してる感じ?

 

使った後はブラシのためのケアブラシをこすりあわせてきれいにします。

 

脱塗りケアで、よかったか?

わたし何かを皮膚に塗るケアをやめて、わりとよかったと思います。

そういったケアは、持続時間の差こそあれど、一時の対症療法だなあと感じたからです。

たまにはいいですけどね、パックとかするとつやつやになる気がするし、美容院はリフレッシュになるし髪もきれいになるし。

でも買い続けないといけないというものがひとつ減り、金銭的にも精神的にもなんとなく自由な気持ちになりました。

またそういうケア商品をたくさん買っていると、メイソンピアソンなんかは高くて手が出ないなと思っていたのですが、

やはり使ってみるとちょっといい気分ですね。ブラシがだめになるまで、長く使いたいと思います。

 

ブログ村に参加しています。バナーを押していただけるととてもうれしいです。


にほんブログ村