「セントレジスシンガポール宿泊記」タグアーカイブ

ブラッスリー・レ・サヴールでアフタヌーンティー+朝食@セントレジスシンガポール 宿泊記

BRASSERIE LES SAVEURS

シンガポールのアフタヌーンティー(ハイティー)といえば、ですが、

まず一度は行ってみたい、ラッフルズホテルのティフィンルーム。2018年は改装中ですが…装い新たになったらまた行きたいですね。

 

そして当時在住者に非常に人気が高かったグランドハイアットの10スコッツ。

写真がフォルダにありました。シャンパンフリーフローとビュッフェの充実感で数年前コスパNo.1とよく言われていました。

 

そして、ガイドブックや個人ブログ等でもおすすめに挙がることが多いのが、セントレジスのブラッスリーレサブールです。

そのわりに在住時なんとなく行けず、せっかく宿泊したので今回は念願のブラッスリーレサブールアフタヌーンティー初体験でした^^

内装はお花が可愛いです。ちょっとオリエンタルな感じで、バンコクのセントレジスと比べると同じ東南アジアでも中華圏っぽいなと思いました。

バンコクのアフタヌーンティーの記事はこちらからどうぞ。


紅茶はTWGです。セントレジスブレンドを選びました。

これがすごく美味しいんです!ほどよく甘みがありつつ、すっきりしています。

とても気に入ったので、朝食(もこちらが会場でした)でも毎回オーダーしました。バトラーサービスでも頼もうとしましたが、それはNGでした。

前菜のパイ。うすーいカニクリーム味というのでしょうか。。。←あまり口に合わなかったんです

3段トレイ。ビュッフェがあるので、トレイに乗っているものはそれほど多くありません。緑のスコーンはおそらくパンダンリーフですね。シンガポールのお菓子やパンなどでは、非常によく使われています。着色ははっきりしていますが、香りなどはそれほど強くない、かな。

しょっぱい系が特に美味しかったです^^

 

トレイのものをいただき、ビュッフェをのぞいてみました。

お口直しに最適なフレッシュフルーツもバラエティ豊か。

この中だとパイナップルが好きです。日本でも房ごと買って、自分でカットしてすぐ食べきります。笑

あと、アジアのスイカも結構好きです。甘すぎないので、暑いときはお水代わりにバクバク食べてしまいます^^;

焼き物も、小さいココットに一つずつ入っていると可愛いですね。

お寿司系やハムなどもビュッフェにありまして、わたしはスモークサーモンや生ハムなどをいただきました。マンゴーピュレも美味しかったです。

スイーツ類。あ、ここにもパンダンリーフを使っていそうなものが2品も。やはりシンガポールの定番ですね。

そして、ブラッスリーレサヴールのビュッフェの目玉、チョコフォンデュです

見た目もわくわくする、大きなチョコファウンテンと、ドライフルーツなどのチョコをかける素材が並んでいます。

わたしチョコレートが甘いお菓子類でダントツに好きで…これはお腹がいっぱいでもつい飛びつきたくなります。

駐在の皆さん曰く、このチョコフォンデュ目当てでリピートする人も少なくないんだとか。

 

お腹もいっぱい、楽しいひとときでした。ただやっぱり食器を下げるのが早いです。。。「待って、まだ食べてる!」ってひとこと言ったら「あ、そうわかった」って放っておいてくれるのですが、久しぶりのシンガポールでその感覚を忘れていました。

自己主張のできる日本人にならなくては。笑

 

朝食

朝食会場も同じくブラッセリーレサヴール内でした。

アフタヌーンティーでクリュッグが並んでいたところに、朝食ではたくさんパンが並べられています☆

キヌア?(自信なし…)をたっぷりのせたサラダをいただいたり、

日本食をチョイスしてみたり

卵チーズ牛肉パン乗っけ食(これ以上味が形容できない…これはなんだったのでしょう)

ヌードルバーで作っていただいた日替わりヌードル。美味しかったです!

毎日色々なものを食べてお世話になりました。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

大理石のラウンジ☆セントレジス シンガポール 宿泊記 REMEDE SPA&フィットネスルーム

REMEDE SPA @St.Regis Singapore

セントレジス内にある、フランスのルメードゥが手がけるスパに行ってみました。

 

こちらのスパのウォームストーンマッサージはシンガポールのWomen’s Weeklyでスパアワードを受賞しています。

シンガポールの雑誌っていろんなアジアスパやホテルが載っているので、紀伊国屋に寄ってはよく見ていました。

雑誌ではないですが、Great Escapesシリーズも大のお気に入りで、家で時折眺めております(^^)☆

 

わたしはウォームストーンなどよりもハンドマッサージの方が好きで、この日は90分のアロママッサージをお願いしました。

パウダールーム、更衣室は照明抑えめでレトロな感じでした。

日中の時間帯に伺ったのですが、混雑とまではいきませんが、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

 

ルメードゥスパで楽しみにしていたのは、こちらの大理石のウェットラウンジです♡

こうやってみると、備品のボーダーのタオルは相性がいいですね。

水中で何もせず、ぼーっと過ごしていました。

扉を開けると、半屋外ジャグジーもあります。

シンガポールって1年を通じて割と快晴は少なくて、なんとなく曇っていることが多いんですね。1日のうち1、2時間スコールが降る日も多いです。なので半屋外でも直射日光って感じでなく、程よい採光で楽しめていいと思います★

 

個人的にはラウンジでもーっとゆっくりしたかったのですが(そのために早めにスパに行ったので)、予定よりかなり早めに呼ばれてしまいました。え、早すぎ!と思ったのですが、勢いに押されてはい行きます、と答えましたが…。ちょっぴりがっかり。

 

うーん、しばらく離れていて感覚を忘れていましたが、シンガポールの人は基本的にせっかちかもしれません。早く任務を終わらせなければ!と動いているので、個々人のホスピタリティーより、職務に対するレスポンシビリティーの方がまず大事という印象です。

 

慣れてしまえば、こちらがYes,Noとか、後に回してくださいとか、意思表示さえはっきり示せばその通りにしてくれるし、深追いせず放っておいてくれるので変に気を遣わずとっても楽チンなのです。

 

ただ最近は日本やタイなどの「あんまり意思表示しなくてもなんとなく察してくれる」サービス業でだいぶ甘やかされてしまっていたので、スパに限らず高級ホテルなのに冷たい、キツイ。。。とちょっと感じてしまいました。

 

ただマッサージは気持ちよかったですよ^^

相変わらず起きていられないのですが。。。=リラックスしているということで。

 

フィットネスルーム、プール

スパの反対側はフィットネスルームです。

朝ジムに行ったので、朝一で汗を流そう!というヘルシーな皆さん?でこちらもひっきりなしに人がいらっしゃいました。

走ったり、筋トレしたり、海外旅行するといつもよりアクティブになりますねぇ。

プールは夜伺ってみました。

夜プール、シンガポールだと少し肌寒いかもしれません。慣れると入れるのですが、冷水なのと意外と夜は涼しくなるので、わたしは毎回唇が真っ青になってしまいます。笑

 

シンガポールでもスパとジムに行きたいというやりたいことの一つが達成できて満足です。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

セントレジスシンガポール 宿泊記 Astor Bar で夜時間を楽しむ

Astor Bar

セントレジスの1階にあるアスターバー。

宿泊時、夜に訪問しました。

煌びやかなカウンターに、所狭しと並べられているリカー。

大して飲めないくせに、バーの雰囲気は大好きですねぇ。家ではお酒をあまり飲まないし、コレクションしたりしないのですが、お酒のボトルが並ぶのを眺めているのは好きです。

 

セントレジスシンガポールはラウンジがないのですが、代わりにアスターで1日1杯無料でお酒をいただけました。

ソファ席。かなり暗がりで、落ち着ける雰囲気でした。

 

初日は、到着祝いのシャンパン。

 

ホテルのロビーにも絵画などがたくさん飾られていましたが、こちらのバーの中にもピカソの作品などが飾られていました。

 

絵画を観たり、ピアノと生歌の演奏を聴きながら、置いてあった世界のホテルを紹介した写真集を眺めていました。

のんびりとお酒を楽しめて(飲むの遅いんです)、ほろ酔いで気持ちよく客室に戻ったのでした。

 

1日目に一人でPC作業している人を見かけたので、2日目はPCを持って一人で飲みに行きました。

アスターのシグネチャーは、ブラッディーメアリーとのことでしたので頼んでみました。塩気が効いていてなかなか濃いカクテルでした。

 

ただ…この日はタイミングが悪かったのか、団体客の話し声が大きくて、まぁびっくりする位とにかくよく飲むので、作業どころではなかったのが正直なところでした。。。せっかくの生演奏も、かき消されてしまうほど。

 

そしてお酒を飲むような場所でのおひとり様が得意じゃないんだなぁ、と改めて思いました。やっぱり誰かと一緒に行くのがいいなぁ。

まあそんな日もありますね。日々勉強←

Astor Bar


住所:29 Tanglin Road, The St. Regis Singapore, Lobby Level
電話番号: +65 6506 6859
営業時間:12:00〜2:00

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

セントレジス シンガポール 宿泊記 客室とロビー

Arrival。グリーンにちょっと赤味がアクセントで入ってたり、照明の感じがとても可愛い。帰ってきたよ!

はい、世界一好きなチャンギ空港に帰ってきました。

 

タクシーで滞在ホテルへ。

空港からシティに向かうこの光景が、何度通っても大好きです。

文字通りの「ロードムービー」を撮ってみました。後半ふわーって観覧車やサンズが出てきます。

 

St.Regis Singapore

シンガポールのセントレジスは住んでいた頃から行ってみたかったところの一つでした。

宿泊以外でもアフタヌーンティーがシンガポール内でも人気のホテルですが、行く機会がないままでしたので、ぜひと思っていました。このロビー…見覚えがありませんか?

…米朝首脳会談のために金正恩氏が宿泊するホテルということで、ニュースにバンバン映ってましたね。笑 金委員長は当初フラトンに宿泊すると聞いていたので驚きましたねー。ちなみに2015年の中台首脳会談では習近平国家主席が宿泊していたそうです。

 

シャンデリアと、壁に飾られた絵画が印象的です。館内のアートツアーのサービスがあるほど、セントレジスシンガポールはアート作品がたくさん展示されています。

螺旋階段が可愛いけれど、これは映っているのを見ませんでしたね

 

お部屋の中

全体的に「こっくり」した色合いが素敵なお部屋。

コーナーソファがお気に入りで、滞在中残念ながらあまり体調が良くなかったのでここで長い間ダラダラ過ごしていました。

ベッドの壁面には上品なシノワズリ風の絵。ダイニングルームなどもですが、シンガポールのセントレジスは中華の雰囲気がミックスされていますね。

ミニバーをのぞいてみる。KOKAってタイスキのコカレストランでしょうか?

TWGが4種類入っていてうれしいです。イングリッシュブレックファスト、グリーンティー、カモミール、ウーロンだったかな。このTWGのボックスかわいいなー♡

 

その他バトラーサービスがありますので、アールグレイなど他の味もお部屋に持ってきていただけます。

到着してほっと一息、二人でコーヒーブレイクしたり
ひとりお茶タイム&パソコン仕事タイムにしたり。

 

ソファはゆったりしていましたが書斎スペースの幅が狭かったので、パソコン作業などはベッドサイドのオットマン付きのチェアでやりました。

書斎、テレビスペース

こちらからは景色を堪能できました。セントレジスがあるタングリン地区はオーチャードの西側で、緑に囲まれた高級住宅が立ち並ぶエリアでもあります。

初めてタングリンに来たとき、昔訪れた軽井沢の住宅地を思い出しました。気候が天地ほど違うんですが。

バスルーム。優雅な雰囲気で好きです。

例の期間中、SNS上の金正恩氏の偽アカウントが、「この風呂は落ち着かない。」ってつぶやいているのを見て爆笑しました。落ち着いてくださいな^^;しかし両首脳、緊張気味でしたねぇ

鏡にテレビがついています。

 

アメニティはルメードゥ。今回はルメードゥスパにも行ってみましたので、別記事にしますね。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。