「シンガポール旅行記」タグアーカイブ

シンガポール オーチャード裏道散歩

シンガポール時代はオーチャードロードにほど近い通りに住んでいたのですが、旅の間は懐かしくて周辺の道をあちこち歩いてみました。

 

ここはオーチャードの西側、タングリンロード。通り沿いのタングリンモールはどちらかというと欧米人が好んで利用するショッピングモールです。確かに中に入っているスーパーや本屋兼雑貨屋さんなどがなんとなく広尾のナショナル麻布マーケットに似ている気がします。

シンガポールのタクシーはエリアにもよりますが、原則タクシー乗り場から乗車します。オーチャード界隈はショッピングモールなどに乗り場があるので、そちらから。

 

タクシー乗り場などに大きく書かれている”Q”の文字は「並ぶ」の”queue”の略語。

 

そういえば帰国後知ったのですが、queueってイギリス英語なんですね。アメリカ英語だとstand in lineっていうらしいんですが、「キュー」で済む方が便利じゃないですかね。

こういうテラスハウスの家はシンガポール東部カトン地区の通りがガイドブックなどでも有名ですが、オーチャードやサマセット界隈でも通りを一本入るとそのようなお家を見ることができますよ。(写真はDevonshire roadという短い通りです)

オーチャードという名前の通り、もともとこの一帯は果樹園と一軒家が並ぶ高級住宅地だったそうですが、初代首相リークアンユーがオーチャードを一大ショッピングストリートにするぞと音頭を取り、今では東南アジア随一のショッピング街となりました。

数あるモールの中でもION Orchard(イオンではなくアイオン)はもっともきらびやかな外観。ハイブランドからファストファッション、TWGカフェからフードコートまでなんでも入っています。

Grange Road(あえてオーチャードロードの裏を歩く)

一応オーチャードロードも載せておこう。ここだいぶ端っこですけどね。。

Clemenceau Avenue(オーチャードから川沿いのクラークキー方面につながる通り)

Oxley Rise(Clemenceau Ave.から上に上がった、建物を挟んでPenang Roadと並走した通りです)

Oxley Roadは先述のリークアンユーの自宅があった通りです。

とても静かな住宅街で、昔のオーチャードの面影を感じられる気がします。オーチャードロード付近の中でも、Oxley周辺は散歩していると穏やかな気分になるので好きですね。

 

この辺りの最寄駅、ドビーゴート駅の前に、イスタナ公園があります。

夜はここがライトアップされて綺麗です^^

この公園の向かいにはイスタナ(大統領官邸)があります。もともとイスタナはマレー語で宮殿という意味だそうです。

アーチが可愛くてお気に入り。

そうそう、イスタナ公園では彼女のインスタ映え写真にお付き合いする男の子が結構いました。

シンガポールの若い男の子はニコニコしててとにかく優しい!あまり「いきがってる」ような男の子は見かけません。

おじさんも一見無表情で気難しそうに見えて、実は気のいい陽気なおじさまが多いように感じます。わたしはシンガポール男性好きですね。

 

プラザシンガプーラのコールドストレージは住んでいた頃毎日のように通いました。

こちらと、スコッツロードのフェアプライスファイネストと、伊勢丹のスーパー、あとは日本人スーパーとして最も有名?なリャンコートの明治屋で日々の食料を調達してました。懐かしくて思わずお買い物してしまいました。久しぶりにセルフレジをやってちょっと緊張した。笑

 

観光もマリーナあたりとボタニックガーデンでちょっとやりましたが、こういう昔の日常を思い出すような滞在も、住んでいたところならではで楽しいものですね。

 
☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
 
インスタやってます。