「シンガポール アフタヌーンティー 口コミ」タグアーカイブ

リージェントホテルシンガポールのアフタヌーンティー。のんびりアフタヌーンティーをするならここ。

懐かしのリージェントホテル

リージェントホテルといえばイタリアンビュッフェのバジリコが非常に有名でした。今も人気なのかな…?チーズの種類が豊富でそのほかも味がよく品数も多く、コスパが良いと人気だったのです。

バジリコは古いスマホに写真が残っているはずが、見つからず…今回は同じリージェントホテル内にある、ティーラウンジアフタヌーンティーについて書きます。

 

TEA LOUNGE Regent Singapore ティーラウンジ・リージェント・シンガポール

リージェントホテルのティーラウンジはどこか懐かしさを感じるようなクラシックなラウンジです(わたしはなぜか白金台のシェラトン都を思い出します)。シックで好きです。

2名で行った時、こんな風に隣に並んでソファに座りました。誰かのおうちにお邪魔している気分。

赤いテーブルクロスが黒いテーブルに映えます。

TEA LEAVESの紅茶。セレクトの際、こちらの可愛いボックスを持って来てくださって、蓋をあけて香りを確かめながらチョイスができます。たしかわたしはフルーティな香りのお茶にしました。

 

お茶とともにスターターが運ばれます。サンドイッチなどのフィンガーフード。あまり普段サンドイッチは食べていないので、ここぞとばかりに食べます^^;

食器はナルミのもの。これもお洒落だなぁ…♪

今気づきましたが、バンコクでいいなーって見てた食器やSQのスイートクラスで出てきたウェッジウッドの食器に色が似てます。やっぱり好みなんでしょうね。


新しい洋食器を買いたいと思いながら随分時間が経ち…

今日は夫に「そろそろ鍋買い換えたら?」とも言われました。

うーん確かにこの鍋何年使ってるんだ…⁉︎検討します。

 


 

3段トレーが1人分ずつなのが嬉しいですね^^

そしてもうひとつ嬉しいのがスコーンの美味しさ。

見た目の豪華さでアフタヌーンティーをしたくなりますが、もし1人でお茶ならクリームティー(紅茶とスコーンとスコーンにつけるクリームやジャムのセット)を選ぶと思います。

一番好きなのは素のままのスコーンかクロテッドクリームをつけたスコーンです。

カラフルでかわいい1段目。ここにもパンダンリーフのクリームが!シンガポールのアフタヌーンティーあるある?

これでメニューは全部で、ビュッフェはないのですが、これだけでお腹がパンパンに…粉物はお腹で膨れます!笑

 

写真を見返しても、人が全く写っていません。有名なアフタヌーンティーですと平日でも満席近かったりするのですが、リージェントは平日は人もあまり多くなくて、しかも平日だと12時から17時までアフタヌーンティー営業をしています。

のんびりと過ごしやすく、おしゃべりも弾みます。

実はシンガポールに来て早々に訪れたビュッフェのバジリコとは逆に、ティーラウンジは帰国直前に初めて伺いました。もっと早く来ていればよかった…!と思うような穴場でした。

 

ひっそりお茶しながら読書なども進みそうです。ゆったりした時間を楽しみたい方、ぜひこちらでくつろいでみては。

 

TEA LOUNGE Regent Singapore

住所:Regent Singapore, A Four Seasons Hotel, Lobby, 1 Cuscaden Road
電話番号: +65 6725 3246
営業時間:12:00〜19:00(アフタヌーンティー平日12:00〜17:00、土日12:00〜14:30と15:00〜17:30の二部制)

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

ブラッスリー・レ・サヴールでアフタヌーンティー+朝食@セントレジスシンガポール 宿泊記

BRASSERIE LES SAVEURS ブラッスリーレサブール

シンガポールのアフタヌーンティー(ハイティー)といえば、個人的にぱっと思いつくのは

まず一度は行ってみたい、ラッフルズホテルティフィンルーム。2018年は改装中ですが…装い新たになったらまた行きたいですね。(鬼混みそうですが…)

 

そして2010年代半ば当時在住者に非常に人気が高かったグランドハイアット10スコッツ

写真がフォルダにありました。シャンパンフリーフローとビュッフェの充実ぶりが人気の秘密で、数年前コスパNo.1とよく言われていました。

 

そして、ガイドブックや個人ブログ等で結構おすすめに挙がることも多いのが、セントレジスブラッスリーレサブールです。

そのわりに在住時なんとなく行けず、せっかくセントレジスに宿泊したので今回念願のアフタヌーンティー初体験でした^^

内装はお花が可愛いです。ちょっとオリエンタルな感じで、バンコクのセントレジスと比べると同じ東南アジアでも中華圏っぽいなと思いました。

バンコクのアフタヌーンティーの記事はこちらからどうぞ。


紅茶はTWGです。セントレジスブレンドを選びました。

これがすごく美味しいんです!ほどよく甘みがありつつ、すっきりしています。

とても気に入ったので、朝食(もこちらが会場でした)でも毎回オーダーしました。バトラーサービスでも頼もうとしましたが、それはNGでした。

前菜のパイ。うすーいカニクリーム味というのでしょうか。。。←あまり口に合わなかったんです

3段トレイ。ビュッフェがあるので、トレイに乗っているものはそれほど多くありません。緑のスコーンはおそらくパンダンリーフですね。シンガポールのお菓子やパンなどでは、こちらが非常によく使われています。着色ははっきりしていますが、香りやクセなどはそれほど強くない天然着色料。

しょっぱい系セイボリーが特に美味しかったです^^

 

トレイのものをいただき、ビュッフェをのぞいてみました。

お口直しに最適なフレッシュフルーツもバラエティ豊か。

この中だとパイナップルが好きです。日本でも房ごと買って、自分でカットしてすぐ食べきります。笑

あと、アジアのスイカも結構好きです。甘すぎないので、暑いときはお水代わりにバクバク食べてしまいます^^;

焼き物も、小さいココットに一つずつ入って並んでいると可愛いですね。

お寿司系やハムなどもビュッフェにありまして、わたしはスモークサーモンや生ハムなどをいただきました。マンゴーピュレも美味しかったです。

スイーツ類。あ、ここにもパンダンリーフを使っていそうなものが2品も。やはりシンガポールの定番ですね。

そして、ブラッスリーレサヴールのビュッフェの目玉、チョコフォンデュです♡

見ただけでわくわくする大きなチョコファウンテンと、ドライフルーツなどのチョコをかける素材が並んでいます。

わたしチョコレートが甘いお菓子類でダントツに好きで…これはお腹がいっぱいでもつい飛びつきたくなります。

駐在の皆さん曰く、このチョコフォンデュ目当てでリピートする人も少なくないんだとか!

 

お腹もいっぱい、楽しいひとときでした。ただやっぱり食器を下げるのが早いです。。。「待って、まだ食べてる!」ってひとこと言ったら「あ、そうわかった」って放っておいてくれるのですが、久しぶりのシンガポールでその感覚を忘れていました。

自己主張のできる日本人にならなくては。笑

 

朝食

朝食会場も同じくブラッセリーレサヴール内でした。

アフタヌーンティーでクリュッグが並んでいたところに、朝食ではたくさんパンが並べられています☆

キヌア?(自信なし…)をたっぷりのせたサラダをいただいたり、

日本食をチョイスしてみたり(ちょっとイマイチだった←)

卵チーズ牛肉をパンに乗せたもの(これはなんだったのでしょう)

ヌードルバーで作っていただいた日替わりヌードル。美味しかったです!

とこんな感じで毎日色々なものを食べて大変お世話になりました。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。