「お金」タグアーカイブ

ブルネイ旅

アジアでも指折りの豊かな小国ブルネイを訪れました。

 

泊まったのは The Empire Hotel & Country Club(エクスペディア)

7つ星ホテル(そして意外にもリーズナブル)。

 

もともと迎賓館か何かだったところを一般向けにホテルにしたとのことで、一応今は民間だそうですが、がめつくないというか儲けに無頓着というか。。。働く従業員も穏やかでしたがどことなく公務員っぽい感じ。

 

広く開放感がある室内で、

アフタヌーンティーなんかを食べたり、プールで泳いだり、プールサイドのバー(ただし厳格なイスラム教国家なのでお酒はありません!丸ごとココナッツジュースとか、美味しかったです)でモクテルを飲んだりしながら、とにかくのんびりしていました。

 

プールや海も日中とても暑いので、気持ちいいです。

 

ゴルフ場も併設されているのですが、やってる人がいなくて毎日貸切状態(まぁ非常に暑いのでね。。。)。

海が間近で景色が気持ちよく、贅沢なプレイでした。本当に暑いので冷たいものをたくさん用意してくださいね。

 

ガイドさんと一緒にモスクも見学しました。



 

食べて祈って…お金持ち。

ブルネイ人はイスラム教でお酒を飲まない分、たくさん食べるそうです。

マレーシア領などと陸続きなのでわざわざそちらまで食べに行ったりするんですって。

食べて祈って、恋…は宗教とかで自由にできないかもしれないですが、

税金もなく、ビジネスビジネス!と躍起にならずとも燃料資源とその利益を海外で投資することで現状は国が回っているようで、しみじみ豊かだなぁと思いました。

真似をできるとかそういうものではないのですが、資源(資本)があるとこういう風になるんだ〜と一番思った国かもしれません。

娯楽はあまりないですが。。。ゴルフがお好きな方だと楽しいと思います。
シンガポール航空も就航しています。

まったり7つ星ホテルにステイして優雅にラウンドを楽しまれてくださいね。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

シンガポールで私が学んだこと【お金】

一番好きな国はシンガポールです

以前シンガポールに居住しておりました。

シンガポール バブル 

大好きすぎて、帰国の日は飛行機で大号泣(T_T)

帰国して1年半近く経ちましたが、時々「シンガロス」が訪れるほど好きな国です。

 

シンガポールでの気づきは数知れません。



サービスやその対価に関する考え方の違い、思いやりの違いだったり、外国人への接し方だったり、環境整備の仕方、誰にでもわかる明確なルール作り、明確なルールに基づいた安全性、美しい空間の作り方、お金に対する考え方、スピーディな意思決定 などなど

戸惑うことももちろんありましたが、基本的にはわたしにとって「良いな」となんとなく感じていた価値観や行動が、日本よりも肯定的に捉えられている国だと感じ、感覚としてですが「これでいいんだ」と思えた国でした。

 

物価の高い国

わたしが住んでいたのは2014年から2016年です。

そのため最近のことには疎いのですが、当時は景気がよかったと思います。少なくとも、わたしが日本に住んでいて感じたことがない程度には。

※余談ですが、最近ドンキホーテが出店したそうです。オーチャードセントラルって、東急ハンズもありましたよね?日本人にとってはますます日本のように暮らせそうな国ですねぇ。笑

ドンキがシンガポールにやってきた!!!

 

まぁ物価は高かったです。輸入品ばかりですしね。

そして、価格競争もあまりない。スーパーならまあFair Priceが安いかな程度。

欧米のデザインがかっこいいものとか、日本だと割高に感じ手を出さないものでも、出さざるを得ないのです。笑

逆に開き直っていろいろ試せてよかったです。楽しかった。

 

そして、失敗もたくさんしたので、安物買いの銭失いはダメだ!という人生観(大げさ)に繋がりました。

 

レストランもサービスチャージがデフォルトなので、お会計がん?と思うほど高かったです。日本の感覚では食事ができない、と思いました。

おまけに必ずしも美味しいとかサービスがいいわけではありません。ショックを受けることも度々ありました。

 

そしてモノ以上に高かったのは、不動産!

当時がピークだったのでしょうか、当時住んでいた家の家賃を見てみると今はだいぶ下がっていますが、シンガポールに移住など考えた時に家の値段は大きな問題になりますね。

 

そうやって生活コストの高い国に身を置いた感想は、

デフレって本当病むわ」でした。

意外でしょうか。

 

モノが安いこと」よりも、「モノが高くても、それを支払えること」のほうがうんと大事だと思いました。

たとえ支払いが多くても、それで人にお金が回って、経済が回っていくならそれに越したことはないです。

当時の東京ではまだまだ長時間営業の安い居酒屋さんが流行っていました。

あのシステムは長時間、休みなく賃金も高くなく働いてくれる人がいないと成り立たないと思います。

ヘトヘトだろうに、笑顔で安くても普通に美味しいものを出してくれる。

それに甘んじて、若かったのもありますが安くダラダラ、睡眠時間を削っても飲みに行って、身体を壊したりして。

なんだか双方が消耗していく気がします。

話が脱線しました。

 

また、なんでも安く買えるわけではないからこそ、自分にとって必要なもの、お金をかけたいものと、必要ないもの、お金をかけたくないものをよりシビアに考えるようになります。

当時の日本ではすっかりデフレやプチプラに飼いならされてしまった上に、雑誌やテレビ、周りの友人などの影響で「アレもコレも買わないといけない、これ持ってないとダメ、恥ずかしい」と、なんでも満遍なく買わなくてはいけないという強迫観念がどこかにありました。

そうやって若く十分なお金がないにも関わらず、デフレでモノが安いのをいいことに各所を満遍なく人に合わせようとするから、買っても買っても何も満足できないし、お金がなくなっていくのです。

物価が高いことがいい訓練になりました。

 

お金は大事

お金持ちの思考 バブル シンガポール 世界一大きいコイン

世界一大きいコイン@Singapore Coins&Notes museum

お金持ち お金 シンガポール 1000ドル札 通貨

世界一高い紙幣1000シンガポールドル(約85000円。2018年1月現在)

 

シンガポールに限らず、中華圏の方ってわかりやすくお金好きですよね。笑

お正月に願うことも、まずお金がたくさん入ってきますように!だし、街や建物なども風水に基づいて設計されています。

風水都市のシンガポール、あと香港などは、いい気が流れている感じがしますね。日本の開発計画も、もっと風水を取り入れればよかったのに。。。

 

シンガポールに住む以前は、お金はなくなるもの、怖いもの、苦しいもの・・・など、無意識にお金に対するマイナスイメージを抱いていましたし、あまりお金の話をするのも良くない、したくないと思っていました。

でもお金は大事、あればあるほどいい、降ってこい(?)とあっけらかんとポジティブに考えている人々に、あぁそれでいいのね、と個人的には良い影響を受けました。笑

 

風水的にも、散らかった部屋なんていいわけがありませんからね。お金降ってこい!と思いながら掃除に励まねばと思います。笑

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

掃除の大切さ。

お恥ずかしい話ではありますが、夫婦揃って、掃除が苦手な人種でした。

片付けることが面倒で、まめな掃除が面倒。

それは今でも変わりません。

ただ、度重なる引越しでいい加減モノの多さに嫌気がさしたことがきっかけで、一気にモノを減らし、そのあともじわじわとモノを減らしています。

物が減ってくると、空間にゆとりがあることが自分の中で当たり前になってきて、汚れや散らかりが目立つようになります。

それに伴って、少しずつ綺麗な空間を維持できるようになってきました。

日本の、特に都市部の住宅で広々した空間を得ることは、お金が沢山あれば可能かもしれませんが、そうでなければ難しいです。

最近は海外の高級コンドミニアムのような天井や間取りにゆとりがあるような物件も流行り始めているとか?通常のタワーマンションなどより広々する分お値段はするそうですねぇ。

今まで引っ越してきた中で、古い物件、狭い物件、割と綺麗な物件など住んでみて、

古い物件ほど、物があると必要以上に生活感が出てしまうというか。。。

はっきり言って、貧乏くさい雰囲気になるなあと痛感してきました。

お金をかけずにゆとりある空間を作るにはモノを減らすに限ります。

お金持ちの家
貧乏な家

ドラマでお金持ちの家は物を少なく、貧乏な家は床に物をたくさん置くセットを組むように、モノがごっちゃりとある空間は貧乏くさくなってしまいますね。

家の大きさや収納の多さに応じて、適正なモノの量があると思います。

それを意識しながら、適正量より思い切って少し多く捨ててみると、より多くのものが入ってくるようになると思います。



ごちゃごちゃした家では、良いものも入ってこなくなると思います。

今の家は、以前の物件よりも結構古いので、落差にがっくりきましたが、おかげで生活感を減らそうと、思い切りモノを減らす弾みになりました。

引っ越しを検討中ではありますが、ここで学んだことを活かしてまた家づくりができたらいいな。

私も、2018年良い年にできるよう、もう少し余裕を持った部屋作りをしていきたいと思います。

旅行の情報収拾もしていくぞ〜。

ブログ村に参加いたしました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

お財布について

よく金運が上がる財布、下がる財布があるといいます。

 

逆に、ホント関係ないから!と主張する向きもあり、とても興味深いです。

 

私もお金が欲しいので(ともするとミニマリスト的思考に矛盾するのかもしれませんが、モノではなくお金は、一庶民として持つ程度であればあるに越したことはないと思っています。手元にあるお金を、どうでもいいものに使ってしまって、ここは!というところで使えないことが嫌なのです。)ついつい見入ってしまいます。

 

運が良くなる、または悪くなる財布について、言われていることを少し上げてみると、

 

長財布、カードが少ない(ただしゼロは良くないとのこと。なぜか偶数がベター)、領収書が入りっぱなしになっていない
色は金色、茶色、黒、白がいい。

 

良くないのはお札を折り曲げる財布、赤字を連想する赤、水に流す青、お札以外でパンパンの状態、何年も使っているもの、などでしょうか。

 


 

個人的な感覚では、赤い財布の時はすぐお金を使い果たしてしまっていたなということ。
可愛くて、気に入っていたのですが、入ってくる額が少ない上に、出て行くお金も多かったです。まぁ若かったし、なんとも、ですがね。笑

 

今使っているのはこれ。

金運アップ財布

プラダのサフィアーノにお札と、クレジットカード、デビットカード、保険証、図書カード、家電量販店のカード。

お札だけ入れるようにして、小銭とレシートはとりあえず入れたりはしますが、家に帰ってきたら取り出すようにしています。
クレジットカードは数枚持っていますが、持ち歩いているのはANAカード1枚だけです。

ポイントカードも、使う時は比較的一気に貯まってすぐ使える(コンタクトレンズに使うことが多いです)ビックカメラのカードを持ち歩いています(額が大きい時に忘れると割と嫌だから・・・)。

 

海外に行った時は、あまり現金を持ち歩かないようにしています。
現金は交通、チップ、屋台などで使えるだけあれば良いので、あとは基本的にVISAデビットで。

 

世界一周に向けて、ソニー銀行の口座で米ドル中心に外貨預金を始めています。主に現地で使う用に。
今だと手数料もかからず、お得なので、タイミングをみては入れています。

 

もう一つ、小銭入れを持ち歩いています。ハワイアンキルティングのものでしょうか。数年前いただいて以来ずっと使っています。

こちらには小銭、PASMO、メトロの回数券を入れています。
ここに千円ほど入れてお出かけすることもあります。可愛くて大活躍の小銭入れです。

 

ちなみに、結構こまめにゆうちょ銀行で小銭を貯金しています。中がスッキリしますし、少額でも口座にはきちんと記録されますから、なかなか侮れません。

プラダは形がシンプルで使いやすいですね。シンプルだけどきちんと可愛らしい。

今のお財布はこんな感じです。

ブログ村に参加いたしました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村