「シンガポール」カテゴリーアーカイブ

名探偵コナン紺青の拳 どこより詳しい!?シンガポールロケ地一覧とネタバレ感想など②サンズとマーライオン以外全部!

ロケ地一覧(Google Mapにまとめました)

まず先に…

☆名探偵コナンのシンガポールロケ地をまとめたグーグルマップはこちら☆※一部ネタバレを含みます

映画内で場所の名前が出てきたものや、明らかにここしかありえないというものの他に、ここかなーと個人的に特定して見たものも含みます。

↑上のマップに網羅しましたので、一覧はそちらから見ていただくこととして、ここからは登場した各エリアについて小話だったり感想を書きますので、よかったら読んでいってください。

 

第一弾はマーライオンパーク とマリーナベイサンズについて(くどくど)書いていたら2000字を超えてしまいましたので、第2弾です。それ以外について書きます。

 

ハジ・レーン(アラブストリート)

壁画デザインが目を引く建物が出てきたのは、アラブストリートエリアの通りのひとつ、Haji Laneです。おしゃれな小さいお店が並ぶ通り。

ハジレーンに並ぶテラスハウス。ポップな色合いが可愛い建物がいっぱいある通りです。

最寄りはブギス駅。アラブストリート方面に向かって歩いてください。

ヤクンカヤトースト Far East Square店

朝食のシーンで、大好きなヤクンカヤトーストが!

おそらくチャイナストリートにあるFar East Square店だと思います。

こちらの店舗はテラス席があり、お皿が緑なのが特徴的。

通常の店舗は、お皿が赤いのです。

ヤクンのカヤトーストが好きすぎてこんなブログも書いてます。

最寄りはブルーのダウンタウンライン、テロ・アヤー駅。

The Chamber

ヤクンカヤトーストと同じくChina St.にあるレストラン。朝食を食べているシーンで円錐型の建物が見えるなぁと思い、最初に浮かんだのはオーチャードのウィーロックプレイスというビルだったのですが、エリアが異なります。こちらだと、ちょうどテラス席から建物が見えるであろう位置なので、こちらが正解ですね。

マックスウェルフードセンター(天天海南雞飯)

リーズナブルな食事処としてホーカー(フードコート)文化が根付いているシンガポールですが、代表的なホーカーのひとつ、タンジョンパガーとチャイナタウンの間に位置するMaxwell Food Centre

とくにお昼時は観光客、地元客、ビジネスマンなどで毎日大賑わいします。

こちらで最も有名なお店が、京極さんと園子ちゃんの食べていたであろうチキンライス店、天天海南雞飯です。

チキンライスってもともとあっさりした味付けのものなので、いかにチキンがぷりぷりに調理されているかが美味しさのポイントだと思います。

ホーカーのチキンライスはチキンがパサパサしていることも多く、シンプルな分若干ハズレを引きやすいメニューでもあるのですが、こちらのチキンはぷりぷり!

行列になっていますが、しばらく並べば食べられます。

先にティッシュなどで(ホーカーでは多くの方がポケットティッシュで席取りします)席の確保をしてくださいね!

もちろんフルーツ屋さんもあるので、劇中で飲んでたフレッシュなスイカジュースも一緒にどうぞ♪むくみにも効くし、わたしも大好きです!

(でもマックスウェルの乱闘シーンはこんなの一瞬で捕まるだろう、シンガポール警察なめんなよとは思った)

マックスウェルフードセンターはグリーンのラインのタンジョンパガー駅、あるいはパープル/ブルーのチャイナタウン駅などから徒歩圏内です。ちょっと歩くのでタクシーでもいいかも(シンガはタクシー安いです)

Tras Street(予想です)

予告編の動画に登場したこちらの通り。このような小さなお店が並ぶ通りはシンガポールに無数にあり、特定は難しいです…。

住んでいた頃の記憶とグーグルマップを頼りに、前述のマックスウェルフードセンターからも程近い、Tras Streetがモデルになっているのではないかと予想しました。

57 Tras Streetあたりのストリートビュー。建物や街灯の位置などディテールが異なるので確証は持てないのですが、ここが思い浮かびました。

あとはタンジョンパガーのDuxton Roadの周辺も似ている気がするし、ラッフルズホテル裏のSeah St.もこんな雰囲気はある…あ、でもSeah St.については毛利氏が一人で飲み食いしてたお店があるところかも?と思いました。

Fountain Of Wealth(富の泉)

エスプラネード駅すぐにあるサンテックシティ内の、シンガポール随一の有名パワースポットである巨大噴水。

ショーの時間帯にはサンテックの地下から入場し噴水の溢れる水しぶきを体感することができます(それ以外の時間は地下からはガラス張りの屋内で眺めることになります)。

巡礼して金運がアップするかも♡


 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

写真集「世界一うつくしい植物園」の表紙を飾るほど、幻想的なデザインが魅力の植物園。

同じくマリーナベイ周辺として登場するシンガポールフライヤー(観覧車)とともに。

君達もまさか破壊されるとは思わなかっただろうよ(合掌)

ガーデンズバイザベイの敷地は広く、この最も目立つ建物以外にも、多様な植物を見学できるエリアが連なります。

昼間も楽しめますが、フォトジェニックさを狙うならやはりこの夜のライトアップが美しい!

なんと夜中の2時まで営業しているそうですので、ぜひ夜写真を撮りに行ってみてくださいね☆

ラッフルズホテル(ロングバー)

言わずと知れた、コロニアル建築が美しいシンガポールを代表する名門ホテルももちろん登場します。

ホテル内のロングバーで事件に関連する出来事が起きます。

もしかするとラッフルズホテルのロビーや中庭などはレオン氏のセキュリティ会社のモデルになっているかもしれません。

ちなみに写真は全て改装工事に入る前のラッフルズです。

以前宿泊したことがあるのですが、今まで宿泊したシンガポールのホテルの中で最もお気に入りです♡サンズよりずっと…というかホテルのタイプが全然異なるのですけどね。

実は私、劇中にも登場したロングバーは未訪なのです。

ただ、ラッフルズに宿泊した際チェックイン時に看板カクテルシンガポールスリングはいただきました♡

鮮やかな赤がやっぱりシンガポールらしくていいなぁと思います。このグラスはラッフルズホテルのお土産屋さん、THE ARCADEでも買えます☆

ラッフルズホテルについてはこちらの記事に書いているのでよかったらどうぞ。

ホテルはグリーンのラインとレッドのラインのシティーホール駅が最寄りです。エスプラネード駅とかからも近いです。

競技場など(屋内競技場/国立競技場/ザ・フロート@マリーナ・ベイ)

本来空手大会の応援が今回のシンガポール旅行のメインイベントだったこともあり、競技場はシーンとしては多かったですね。


空手大会が行われたのがシンガポール屋内競技場(Singapore Indoor Stadium)。そして毛利氏がレオン氏の秘書に呼び出されたのが、屋内競技場の近くにあるシンガポール国立競技場(National Stadium)。ナショナルスタジアムはサッカー日本代表の試合なども行われました(観に行きました)

どちらも、オレンジ色のサークルラインStadium駅が最寄りです。まさにスタジアムが結集するシンガポールのスポーツエリアですね。

もうひとつ、風景として出てきてあったなこれ!と思ったイベントプレイスが、ザ・フロート@マリーナベイ・グランドスタンドです。カラフルな客席が目を引きます。

こちらはマリーナベイの海上に設置された、世界最大の浮遊式ステージ

こちらはマリーナベイサンズから例の近未来的な橋、Helixを渡ってすぐにあります。

ちなみにお隣のマカンストラはシンガポール国内の美味しい選りすぐりのお店を集めたホーカーなのでお手軽ご飯におすすめです(映画クレイジーリッチ!にもたしか出てきました)。

 

オールド・チャンギ病院(まったく確証なし)

園子が入院した病院がコロニアル建築で、ついこちらのコロニアル建築の廃墟病院が頭に浮かんだのですが、形も違うしこれはおそらく違うと思います。

まぁマックスウェルあたりで倒れたら大手のラッフルズホスピタル行きますね、日本人医師いるし…^^;ははは

 

とまぁこんなにつらつらと書いてしまいましたが、コナンファンが大勢いる中でこちらの映画を見て、わたしはほんとにシンガポール大好きだなぁ…と^^;

そして思わずこちらの記事を書かずにはいられませんでした。昔の写真を引っ張り出してきたりしながら、記憶を頼りに書いてみました。

映画を見て実際にシンガポールに行ってみたい!と思った方、ぜひ遊びに行ってみてください!どこを切り取っても美しい街並みやアジアらしい雰囲気、外国人としての居心地の良さなどをぜひ肌で感じてください。

そしてシンガ好きが増えるといいなぁと願っています♡

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

名探偵コナン紺青の拳 どこより詳しい!?シンガポールロケ地一覧とネタバレ感想など①

名探偵コナンの新作映画観てきました。

いやー、めちゃくちゃ面白かったです!

なにせ今回はなんと舞台がシンガポール♡♡♡♡←すみません、うざいです

シンガポールに住んでいた、シンガが大好きな人間としてこれは絶対観ねばと思っていたのです。

さすがのリアルな風景描写にニヤニヤが止まりませんでした。

ロケ地一覧(Google Map まとめ)

せっかくなので、気づいたロケ地をまとめました。

映画内で場所の名前が出てきたものや、明らかにここしかありえないというものの他に、ここかなーと個人的に特定して見たものも含みます。

☆グーグルマップにロケ地一覧を公開したので、ご参考にしていただけると幸いです。※一部ネタバレを含みます。☆

↑上のマップに網羅しましたので、一覧はそちらから見ていただくこととして、ここからは登場した各エリアについて小話だったり感想を書きますので、よかったら読んでいってください。

マーライオンパーク周辺

物語のキーエリアのひとつでもあり、シンガポールで最も有名な観光スポットでもあるこちらから。

それにしても、予告編でマー様が血を吹き出したときはおったまげました。わたしの血が引きました←あの政府が許したのかとね!

コナンくんスーツケース開封のシーンで登場した元祖マーライオンもパーク内にいます。小型で、大型マーライオンとお尻を向き合っています。

ちなみにマーライオンパークとEsplanade Driveがクロスする橋の下で食べてたものは、屋台のアイス屋さんで売っているアイスをパンまたはウエハースで挟んだおやつ。このアイス屋台はシンガポール国内の観光地やショッピングエリアのオーチャードロードなど様々なところにあり愛されています。150円前後とリーズナブルですが美味しいんですよ。

Esplanade Drive

主にWALL’Sのアイスを使用した店とMagnoriaのアイスを使用した店がありますが、映画ではパラソルの色やロゴからWALL’Sの屋台をモデルにしていると思いました。

なんかね、パンがカラフルなんですよ…苦笑 緑はパンダンリーフだと思います。シンガポールでは高級ホテルのアフタヌーンティーにも多用されている天然着色料です。味は普通の食パンです。

わたしのイチオシはマンゴーアイスのウエハース挟み☆日本人的にはモナ王?橋の下で食べてるシーンを観て私もまた食べたくなりました。

 

※こんな日もあります、の例

①吐かないマーライオン

トレードアクションがなく静かなマー様。

2大ランドマークであり、マリーナベイサンズ(今作コナンの最大の被害者。本編見たらマーライオンの比じゃないほどやばいことになってて白目向きそうになったわ!!)を穏やかに見守る図です。

②カラフルマーライオン

プロジェクションマッピングのイベントが行われた際、色鮮やかなマー様が登場しました☆

かわいいいぃ。変わり種は見れるとラッキーですね。

劇中では後ろの高層ビルがひとつひとつちゃんと表現されているのがさすがだな!と思いました。そのうちのひとつ、マーライオン側に最も近い黄色いロゴのMayBankがやたらと目につきました。やっぱり黄色って目を引くし、シェントンウェイのビル群の代表的な一つでもありますね。

マーライオンパーク側から眺めたシェントンウェイのビル群

ほんとそのまま描かれていました!この光景が大好きなのでアガったー。

 

マリーナベイサンズ

今回最大の被害者でおはします、マリーナベイサンズ様。サンズ、MBSなどと呼ばれております。

これが博士のクイズに登場した、ニューイヤーに上げられる花火☆煙で隠れているけど右後ろがサンズです。

 

登場人物たちが宿泊、タワー3のエレベーター殺人ショッピングモールで被害者が倒れる、地下駐車場が爆発インフィニティプールでラブラブシーン、バーで泥酔、スカイパーク戦闘←、そしてついには…  と…とにかくやられ放題!!

色々目を光らせることで有名なシンガポール政府がだまっているか不安になりましたが…政府観光局が協賛を出しているではないですか。商機を逃さない姿勢がますます好きになりました。笑

 

思いきりネタバレになりますが

先日、マリーナベイサンズとリゾートワールドセントーサのそれぞれの運営会社らが大規模な投資をし新しい観光客誘致のための施設を作る計画が出ているとリー首相のSNSで目にしていたので、レオン氏の新しい都市開発計画を〜ってくだりは偶然でしょうがタイムリー!と思った…人は劇場に何人いたでしょう、ふふ

あぁこのサンズにつらなるお気に入りの近未来的な橋、The Helixもあんなことやこんなことに……!泣

映画でもキービジュアルのひとつになっているインフィニティプール!サンズオープン時からプール目当てで宿泊する人で常に溢れかえっています。

プールから眺める夜景はロマンチック。やはりラブラブシーンにもってこいです。

プールサイドのバー、セラヴィも登場していましたね。おっちゃん泥酔で。。

冒頭の殺人前シーンのバーもここでしょうか?ちょっと自信なし。

劇中には出てきませんが、もしこの景色を落ち着いて楽しむなら、個人的なイチオシはフィットネスルーム。プールは常に混んでいるのですがジムはそうでもないので、トレッドミルから素晴らしい眺めを堪能するのが気持ちよくておすすめ♡

 

そうそう、サンズのレーザーショーSPECTRA 光と水のシンフォニー“のシーンもありました。

「蘭、うしろうしろー」って感じのシーン。笑

以前ショー動画を撮っていました。危機が迫るシーンにぴったりの演出だと思います(そんな風に使われるとは思っていなかったろうに)。

 

マリーナベイサンズの宿泊記や周辺についてなどはこちらの記事にまとめています。


 

すみません、劇中でもフィーチャーされた2大スポットなので、2ヶ所書くだけでこんなボリュームになってしまいました^^;

ロケ地紹介続編☆↓

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール発オイスターバー”WHARF” で生牡蠣

かなり前から日本に上陸しているWHARFに初めて行きました。

こちらはもともとシンガポールロバートソンキーにお店があり、生牡蠣と様々な種類のモヒートが楽しめるオイスターバーでした。

東京ではNEWWoMan新宿にオープン。

ニューマンには、同じくシンガポール発のデザートバー「ジャニス・ウォン」も出店していますね。ひっそりシンガポール推しではないですか。

新宿で用事があった際にサクッとご飯が食べたくて、せっかくならと懐かしのワーフに足を運びました。

ディナータイムの訪問です。

ランチタイムは定食屋さんのようになったり、かなりメニューが異なるようです。

マーライオン様のドリンクメニュー。

もちろんシンガポールのタイガービールは置いてありますし、

モヒートはクラシックモヒートのほか4種類のフレーバーモヒートがありました。

仲良くモクテルを頼みましたが、ジャーに入っていて見た目も可愛いですよね。

 

そんなにがっつり牡蠣を食べられそうなコンディションではなく、控えめに3種食べ比べをオーダー。

いや〜、日本の牡蠣は大きくて美味しい♡♡

一度当たってしまってから警戒していましたが、やっぱり美味しいなぁ。

写真がありませんが、他にアヒージョなども。美味でした。

 

美味しいし、コスパも良いし、おしゃれなバルのような雰囲気で賑やかで繁盛しているようでした。

ちょっと騒がしかったかなぁ…というのと、場所柄お客さんの年代がかなり若かったです。

お隣の会話が気になって仕方なかった…^^;

 

オイスターバーワーフ 新宿ニュウマン バスタ新宿
営業時間:7:00〜1:00
住所:東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目24−55 NEWMan新宿店エキソト2F
電話: 03-3351-7788

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

インターコンチネンタルシンガポール プールとジム/ジャカルタ・スカルノハッタ空港へ

インターコンチネンタルシンガポールの続きです。

一泊はあっっという間ですね。

出発当日、プールやジムにちょっとだけ行ってみました。

日当たり抜群な屋上のプールは早い時間からパラソルの下での利用者多めです。気持ちいいですもんねー。

ここで眠るのは気持ちよさそう。

のんびり過ごせるウィークエンド感がたまらなく良いです…。

小さい子向けの浅瀬のプールも。

うしろにある大きい建物が国立図書館。こちらすごーく綺麗な図書館です。

そういえばこの図書館でTOEICなど英語の勉強してましたね、昔…。英語はお勉強の中で唯一好きで。一生懸命勉強して900点オーバーをマークしたなぁ。。。

もうせっかく勉強したことも相当忘れてしまいましたけど。。。日常で使わないと恐ろしいほどすっかり忘れてしまうんですよね。まぁ日常で英語を使わない代わりにいろいろやらなきゃいけないこともありますし、痛烈に必要と感じたらまた勉強するでしょう…とすっかり開き直っています。

 

そしてさくっとジム。

コンパクトな建物の中で、ジムが予想以上に広々!パーソナルスペースばっちり取れる。笑

全体的にクラシックなホテルですが、ジムに関しては意外にもモダンで非常にすっきりしたフィットネスルームです。清潔感があって心地よい空間です。

しかもマットワークアウトなどができる別室付きなのが嬉しい!

時間がなかったので30分弱ほどの滞在でしたが、もっとゆっくり利用したいと思う気持ちの良いフィットネスルームでした。

 

もう出発の時間が近づいていたので泣く泣くタクシーでチャンギ空港へ向かいました。

中心地の中でもブギスは空港まで早いし料金も安く着くので良いですね(初めてブギスから空港に行きました)。

日本人宿泊客が今まで宿泊したシンガポールの中ではマリーナベイサンズに次いで多かった気がするのですが、空港や中心地へのアクセスの良さ、雰囲気、宿泊料金など全体的にバランスが良く、昔から定番人気で愛され続けているのも納得のステイでした。

 

チャンギから、インドネシア・ジャカルタのスカルノハッタ空港へ。

わたしは初ジャカルタです。

あれ?

これ↑(@チャンギ空港)に似てる笑

WONDERFUL INDONASIA♪

壁画のイラストをバックにインドネシアらしい籐のチェアが置いてあったり…

ターミナル3は想像より遥かに新しくて綺麗な空港でした。

第一印象は、Uターンしてチャンギ空港に戻ってきたみたいだな、と。

各所にアートがある感じもチャンギによく似ていました。きっと、いや絶対意識してるよね???導線がえらい長いと思いましたが(笑)

 

VISAも取り、入国審査を抜けたあとは

こちらのPUBLIC TRANSPORTATIONのカウンターでタクシーを押さえました。割高にはなるようですが、普通に待っているとあまりにもタクシーが捕まらない様子でした。

想像通り、渋滞で車が非常ーに多かったです。いやぁグーグルマップの表示時間がアテにならない街だろうな。。。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

フォトジェニックなアフタヌーンティー@インターコンチネンタルシンガポールのロビーラウンジ

THE LOBBY LOUNGE

インターコンチネンタルシンガポール のロビーラウンジ は在住時行ってみたいなと思いつつ未訪でした。

レセプションで、写真に載っていたアフタヌーンティーに一目惚れ!予約して午後から伺いました。

天井が高く開放的で、凛とした空気がありながらも穏やかな雰囲気でした。

くつろげるソファ席に案内していただきました。

食器はフランスのアビランドのもの。紅茶はTWGのセレクションからチョイスできます。

お食事系が乗った3段トレイ。上の段のチョコバー風のものはフォアグラでした!

そして、一目惚れしたスイーツが乗っているプレートは…

カラフルなチェスを模しているのです♡可愛いーーー!

馬さん、食べるのがもったいない。

 

そのほか、クレープとアイスクリームのビュッフェもありました。食べたかったですが、お腹がいっぱい。。。基本メニューだけでも食べきれず包んでいただきお持ち帰りしました。(夫は完食したのち夕食もがっつり食べていたので、特別多いわけではないのかなぁ…)

ブギスの喧騒を忘れさせてくれる貴重な空間なので、アフタヌーンティーや待ち合わせにすごく重宝しますね。とても素敵なティータイムでした。

 

The Lobby Lounge

住所:InterContinental Singapore, 80 Middle Rd, Singapore
電話: +65 6825 1008
営業時間:8:00〜0:00 (アフタヌーンティーは14:00〜17:00)

 
☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
 
インスタやってます。