「航空会社、飛行機」カテゴリーアーカイブ

シンガポール航空スイートクラス搭乗記

☆こちらの記事は2016年1月にシンガポール航空のA380-800スイートクラス(シンガポール・チャンギ国際空港発、パリ・シャルル・ド・ゴール空港行き便)に搭乗した記録です。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。

タクシーでチャンギ空港に向かい、降りたのはファーストクラス専用玄関です。

入り口がラウンジになっており、その場でチェックインと出国審査は即完了(当時はシンガポールの居住者で指紋による自動出国手続きができたのもあり、本当に一瞬でした)。

ゲートを出ると、目の前にシルバークリスラウンジが。

こちらのシルバークリスラウンジに併設された「ザ・プライベートルーム」を利用することができます。

右奥のツナマヨたっぷりのサンドがおいしそう!写真を見て、改めて食べたくなりました。

 

 

食事サービスは「軽食」とありましたが、サンドイッチやスイーツ、チーズなどのビュッフェのほかにオーダーメニューも豊富にありました。深夜便なのでシャンパンとグリーンサラダをお願いしました。

 

 

この日は出発がかなり遅れていました。

もともとパリでは宿泊しないつもりだったので滞在が朝から夕方までという短時間の中、美術館とお買い物に行こうとしていたのですが、諦めてサンジェルマンデプレの辺りでお買い物をして終了、でした。

その分プライベートラウンジを存分に満喫できたのでよかったです。

温かみがありながら、すっきりと洗練されたブラウン系のインテリアがとても素敵でした。

「もうひとつの我が家」というコンセプトで、自宅のようにくつろげるお部屋にデザインされているそうです。

こんな自宅だったらどんなに良いでしょうか^^笑

後ろが先ほどサラダを食べていたレストランスペースになっています。

 

ようやく搭乗。個室で、中央2席は台で仕切られています。

スマホをいじっている写真ばかりで申し訳ございませんm(__)m

扉をパタンと閉めるとプライベート空間になっていて、この仕切りのために乗る人もいるんだろうなぁと思いました。

ウェルカムドリンクは夫につられてドンペリくださいとなりました。

シャンパンはドンペリとクリュッグを選べました。

とっても分かりやすいものをチョイスしてくれるSQが大好きです(^^)

 

着替えをどうぞと用意されていたのはジバンシィのグレーのパジャマでした。お洒落、というよりは実用派。とても軽く、肩が凝らないのですごく気に入ってしまい、家でもパジャマとしてボロボロになるまで着たおしました。

ちなみに世界的に活躍するフランスのモデル、カロリーヌ・ド・メグレもインタビューでSQのジバンシィのパジャマがお気に入りと答えていました!カロリーヌの著書「パリジェンヌのつくりかた」がクスッと笑えて大好きなので嬉しかったです^^

 

アメニティポーチはフェラガモでした。シニョーラのフレグランスシリーズのアメニティが入っていました。

硬い素材で丈夫なので、小物入れとして今も我が家で大活躍しています^^

 

ラウンジで深夜便だからサラダで〜と言っておきながら、真夜中にリブアイステーキを食べたのはわたしです。

シンガポール航空のサイト内の「ブック・ザ・クック」というページでミールの事前オーダーができます。

ビーフが大好きなので、迷わずステーキを事前オーダーしてしまいました。

 

食器はSQオリジナルのウェッジウッドでした。

ここ2年近く洋食器が欲しいのですが、どのラインで揃えようかとか、そんなに洋食を作るかな?とか、管理するの面倒かなとかうだうだ考えて躊躇っています。

改めて写真を見ると、このSQの食器が一番好みで、このラインが欲しいです。笑

おそらく夫の撮った写真と混ざっているので、流石にこんなに食べていないと思うのですが、全部わたしが食べたのかも…。

すっかり満腹で眠くなったところで、別室のベッドスペースに移動させてもらいました。

こちらも扉を締めてしまえば寝相が悪くても大丈夫?(ベルトでしっかり固定されていますので普通に大丈夫です)

めちゃくちゃ熟睡、爆睡できました。今までのどのフライトよりも朝が来るのが早かったです(笑)

 

おめざなのか夜食なのか忘れましたがフルーツも出してもらいました。乾燥した機内で食べるフルーツは地上の何倍も美味しい。

 

朝食も「ブック・ザ・クック」で事前にお願いしていました。美味しい和食でまさに旅館の朝食みたいでした。

 

居心地よく名残惜しいけれど、あっという間にシャルル・ド・ゴール空港に到着してしまいました。

この旅行ではアムステルダムからファーストクラス(スイートクラスなし)で帰ったので、帰りもとても楽しいフライトだったのですが、この行きのスイートクラスの体験が、この旅最大のハイライトだったと思います。笑

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

天中殺現象@飛行機

マリオット修行を兼ねた旅行@バンコク

 

今回はマリオットで会員ステータスを1つ上げたかったので、色々なホテルに宿泊しました。

そして1泊だけは無料宿泊券を利用して、spgグループのセントレジスにステイ。

クラブラウンジを利用して、いろんなホテルのレビュー記事も書くことができて、

色々とお得に満喫できたなと思います(^^)

 

バンコクは何度も訪れているので、「あれ見なきゃ、これしなきゃ!」という切迫感もあまりなく笑、

「運動して、のんびりご飯食べて、ブログ書いて、散歩して、マッサージして」という、自分の好きなことだけを、気持ちいい空間でひたすら楽しむ毎日を送る旅にできました。

こういう日々が好きだなーと心底思いました。

@セントレジスバンコク

 

タイ国際航空ラウンジ

帰りは深夜のフライトでした。ちょっと軽食がありますが、手が伸びず。ラウンジ自体はとても大きかったですが、深夜なのもあるのでしょうか、座席等にあまり綺麗な印象を受けませんでした。

行きと同じくAIR CHINA便です。北京空港で乗り換えましたが…相変わらず乗り換えるだけなのに、厳重セキュリティチェックでした。

エアチャイナで何が一番ストレスだったかというとわたしは北京での乗り換えでした。

 

北京空港ではバスで奥に連れられて…タラップの飛行機ってLCCで乗って以来です。

別にタラップでも構わないのですが、機材もサービスも含めて、多少食事のあるLCCに乗っているつもりで乗らねばと改めて思いました^^; 小さなイライラが積もっていくので。。。

☆行きの体験はこちらに書いています。

 

天中殺現象@バンコク

以前天中殺について書きました。

バンコクで天中殺現象やぁ…と思ったことがあったので書きます。

別便で帰国したわたしと夫の出来事

仕事の都合で夫よりわたしのほうが先に帰国しました。

上の体験のように、小さな不満はたまりつつも、バンコク北京便も北京羽田便も問題なく乗ることができ、ほぼ予想通りの時間に日本に到着しました。

 

しかし、その後出発した夫はバンコク北京便が大幅に遅れ乗り継ぎに間に合わないことが発覚しました。

そこで「北京成田行きへ振替、しかもプレミアムエコノミーの料金を払っているのにエコノミーにダウングレードした席で帰る」もしくは「翌日のフライトに振替(ただしやっぱりエコノミー)」の二択を迫られたのです。

揉めに揉めたそうですが、1日休暇に余裕を持たせていたので結局翌日のフライトに乗ることにしたそうです。

そして翌日…またフライトが3時間遅れるという知らせが届いたそうですwわたしが乗った乗り継ぎ便より一本遅い便で乗り継ぐ予定だったので、流石に2日連続引き伸ばしはなかったのでよかったですが。。。

噂通り、エアチャイナは遅延が非常に起こりやすい上、振替が必要な時の対応が本当にひどいそうで、見事その事案に当たってしまったというわけです。大変だったでしょうと同情しました。

もはや、自分が往復問題なく到着できたことが、奇跡だったんじゃないかと思うレベル。

 

夫は月天中殺でした

そういえばわたしは年天中殺を2ヶ月前抜けたのですが、夫は月天中殺中でした。笑

安いしマイルも貯まるしエアチャイナにしよう♪という気持ちで選んで、面倒に巻き込まれるという。

おまけに、バンコクから帰国後、ずっと体調を崩しています(T_T)

行きは寅卯天中殺の彼と運気が逆な申酉天中殺のわたしが一緒にいましたが、一人になった途端トラブルが降ってきました。。。

別にわたしがえらいとかでなくて、わたしも天中殺期に知らず知らず助けられていたところがたくさんあったと思います。

 

わたし自身、まだ本調子とはいかず病み上がり感がありますが(2年もじっとしていたらいきなりアクティブにはなれない)、抜けてきてはいるのかな、と。

でも同じ申酉天中殺の安倍首相夫妻を見ていると、まだまだ余波があるかもしれないので、ウォーミングアップ期にしようと思います。

 

運気が悪い時は自分だけで頑張らないで、運が向いている人の側で助けてもらうのが一番だなと改めて思いました。

☆ご自身の天中殺と時期はこちらで調べられます。


天中殺について学ぶならこちらの本がおすすめ。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

エアチャイナ(中国国際航空公司)羽田→北京→バンコク プレミアムエコノミーで乗り継ぎ便に乗ってみた感想

初めてエアチャイナに乗りました

ANA便で希望の便が取れず、AIR CHINAを初めて使いました。

羽田→北京→バンコクの乗り継ぎ便に乗ってみました。座席はプレミアムエコノミー。スターアライアンスメンバーのため、ANAのラウンジを利用できました。

羽田→北京の機材はエアバスのかなり古い機材でした。写真で見るよりだいぶボロが来ていましたが、座席の間隔はだいぶ広く脚が楽チン。当然のように?USBなんかは付いていませんが、モニターは付いていました。

 

安全のための説明ビデオは、おばあちゃんが異様に巨乳だったり、緊急時なのに可愛いパンダがのほほんとしていたりして気になりました。wあまりビデオを気に留めたことがなかったのに…地味にクセが強い。それに加えてCAさんが生でジェスチャーするし。

 

日本便の機内食がね、千代紙のような柄のボックスに入ったおかずが思いの外美味しくて(^^)

ゼンマイとあさりの和え物、ふきの煮付け、粕漬けと、ちょっと東北地方の料理っぽいおかずが並んでいてびっくりしました。そしてその3つが美味しかったです!
わたしの母が東北料理を作る人で、慣れた味だったからかもしれませんが^^;

 

乗り継ぎの北京空港はすっごくセキュリティが厳しくて驚きました。日本発が遅れていたのもあり、セキュリティを抜けたら即搭乗だったのに。

バックパッカーの方はバックパックを機内持ち込みしないことを激しくオススメします!!

ロストバゲージが怖いのはわかりますが、北京空港に関しては手荷物検査が厳しいので、ものすごく面倒なことになると思います。LCCではないので、預けても追加料金もかかりませんし。

疑わしきは罰する、で、バックパッカーの方はポーチとか怪しかったら全部開けられているのを見ました。すごく時間がかかっていました。

 

即ゲートへ向かいました。

自動販売機で100円くらいでカップラーメンが売ってました。午後ティーがある♪

 

北京→バンコク便は昔日本の航空会社でよく乗った記憶があるボーイング777。モニターなしでエアバスより新しいけれど前後の幅はエアバスより狭かったです。

ご飯は、数口口にしましたがあまり美味しくなくて進みませんでした。

 

それとネットの口コミを見て懸念していた、乗客がうるさいという意見ですが…思いの外静かでした!特に羽田北京便は、本当に静かでした。

ただ…バンコクまでのフライトではしゃいで通路を何往復も走る子供がいて、それだけはちょっと…と思いました^^;好きな音楽を聴いてやり過ごしました。。。機内で聴こうと思って聴き放題で多めにダウンロードしておいたのですが、機内で聴くお気に入りの曲って、地上で聴くよりなんだか癒されます♡

 

そうこうしているうちに、バンコク到着。

羽田発が遅れたから長く感じましたが、ほぼ定時にバンコクに着きました。

 

乗ってみて、よかったところ

・とにかく安い。タイミングによるのでしょうがANA、JAL便の半額ぐらい??

・スターアライアンス加盟会社なので、スターアライアンス関連のステータスを持っていれば各地のラウンジが使用できる

・スターアライアンスのマイルがたまる

残念なところ

・価格が安いのでいいのですが、LCCのような機材設備

・機内食はあまり美味しくない

・中国の団体さんが乗っていたら騒音が厳しいと思う

・北京のセキュリティチェックが厳しすぎた(航空会社関係ないですが;)

 

エアーチャイナは前評判の悪さに密かに震えていたのですが、リーズナブルなので、できるだけ安くあげたいとか、スタアラのマイルが欲しいとか、直行便が取れないとか、合理的な選択だと思った時ならアリじゃないかなと思いました。

帰りも、頑張ります。笑

 

☆にほんブログ村に参加しています。

今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。