「旅行(世界一周以外)」カテゴリーアーカイブ

今までで一番好きです。ホテルインペリアル ウィーン a Luxury Collection

Hotel Imperial,  a Luxury Collection Hotel, Vienna

今まで泊まった中で一番好きなホテルは、ウィーンのホテルインペリアルです。

ウィーンは今まで訪れたヨーロッパ各都市の中でも、一番好きです。と言っても国単位でもまだ訪れたことのないところだらけなのですが…現時点で最もいいなと思った都市です。

 

貴族文化の優雅さを残したまま近代化された街並みという感じがします。

パリも好きですが、落書きなどがなくて治安が良いところで個人的にウィーンに軍配が上がります。やっぱり景観が綺麗で安心して街歩きできるところを好きになります。

 

館内の様子

フランツ・ヨーゼフ1世がウィーン万博の際に宮殿だった建物をホテルに改装したのが始まりだそうですね。

 

なぜかお城をモチーフにしたテーマパークはあまり得意ではないのですが、本当の宮殿は素敵すぎてほぉぉーと見とれてしまいました。細部まで装飾が施されていてとにかく贅沢です。

立派な大理石の柱、柱フェチなので笑(特にコリント式ラブ)座ってずーっと眺めていたいです。

 

このような共用のスペースにはずっと警備の方?が座っていました。同じフロアにどなたかいらっしゃったようです…。

お部屋の中

エリザベススイートの、ウィーンらしい赤を基調としたお部屋でした(ブルーのお部屋などカラーは数種類あるようですね)。ソファテーブルに置かれているのはウエルカムスイーツです。フルーツと、

ホテルインペリアル名物の一つ、インペリアルトルテです。これ、とても美味しかった。。結構パクパクいけてしまいました。

(日本でもインペリアルトルテを販売しているお店があるようですね。)

この旅行時、ドイツ・ミュンヘンではレジデンツ美術館、ウィーンではシェーンブルン宮殿などにも観光に行ったのですが、この旅で実は宮殿好きなのに気づきました。

ずーっと、自分はお城とかプリンセスとかにあまり興味ない人間だと思っていました。

子供の頃見た遊園地のお城や、芸能人の部屋、原宿の女性?など、小学校くらいの時に何か間違ったイメージが刷り込まれていたようです。。

本物の宮殿は華やかで豪華ながら上品。お城巡りをしたくなるほど大好きになりました。

フィットネスルーム

階段はフィットネスエリアにつながっていました。

優雅にトレーニング。

 

CAFE IMPERIAL

朝食などはこちらのカフェインペリアルでいただきました。
ウィーン名物の子牛のカツレツ、シュニッツェルはランチで。柔らかくて美味しかったです。

(朝食の写真を全く撮っていませんでした)

 

時々ウィーンが恋しくなると、ここに行きます。上品で華やかな雰囲気そのまま。ボリューミーなところも、そのままです。

 

ちょっと観光フォト

ザッハー

デーメル

ザッハトルテ食べ比べ。どちらも美味しい…。

チョコに関しては大好きなのですが、好きすぎるゆえ?馬鹿舌のようで、何を食べても「美味しい」という感想しか出てきません…。スタバのザッハトルテも好きですし。ごえんがあるよチョコやロングチョコバーも美味しいです。

チロルごえんがあるよ 袋 44.8gリスカ スーパービッグチョコ 1枚×20枚

シェーンブルン宮殿、素敵でした。絶世の美女と言われたマリアテレジアは日々ダイエットに励む美意識のとても高い女性だったようです。




☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

小さな離島のプライベート空間 The Naka Island A Luxury Collection Resort & Spa Phuket 滞在記

ナカアイランド・ラグジュアリーコレクション・リゾート&スパ プーケット

プライベートプールに入りたい、何もしないで過ごしたいという希望を叶えられる空間を求めて

タイ・プーケットの離島、ナカ島に行きました。

宿泊するのはSpgのラグジュアリーコレクションの一つです。

小さな小さな島なので、基本的にはホテル内で過ごすような滞在スタイルになるかと思います。

 

ミニマリスト 世界一周

現在プロフィールに載せている写真はナカ島行きのハーバーでとった写真です。この時プーケットのゴルフ場帰りだったので、ゴルフバック(と汗だくのゴルフウェアが入ったビニール袋)とともに写っています。。。

フェリーで向かい、ナカ島に着いたところ。

ここでインスタ映えしそうな写真を撮っている人多数。

わたしのはそんなに映えませんね。

 

お部屋の様子

お部屋はトロピカルプールヴィラでした。上の写真の右側に写っている木のオブジェが、

起きてるよ。

裏返すと、寝てるよ。Do not Distarbのサインになります。可愛い。

 

アジアンな天蓋付きのベッド。

洗面スペースやバス&スチームルームは離れになっています。全体的に、お部屋の感じがアジアのスパ風。ダークトーンで落ち着きます。

個室のお庭、プール。ザ・ナカアイランドはプールつきのヴィラの数が多いので、このホテル1番の売りかもしれません。

Spg(しかもラグコレ)、プライベートプール、しかもタイ、という条件で滞在されるSpg会員も少なくないのでは?

ぼーっと浸かるだけで開放感抜群でした。

お庭にはうたた寝を楽しめるごろ寝スペースつき。寝心地よし。

 

サンセットはZ Barで

日が暮れてきたところで、海を一望できるZ barに移動しました。

これは何のカクテルだったかなあ。こんなロケーションだといかにもなお酒を頼みたくなります。とりあえずフルーツが刺さっているやつ。w

カクテルを飲みながら、サンセットの時間を待ちました。

ナカ島のサンセットは美しくて見惚れてしまいました。

ミニマリストちなみにこのブログのヘッダーに使用しているのは、ナカ島のサンセットなんです。

紫がかったピンクと水色とオレンジが混ざったような色合いがお気に入りです^^

 

レストラン

ディナーのレストランはMy GrillかTonsaiでいただきます。踊り子さんたちによる伝統衣装を着てのショータイムがありました。やっぱりタイの女の子はほっそりしていて可愛いですねぇ。

 

朝ごはんはTonsaiのビュッフェです。

ステイを通してTonsaiでのご飯が一番多かったです。レストランはTonsai,My Grill,Z Barの3つで、離島ですし本島?の方にも近くにあまりお店がない感じだったので、滞在日数が数日になるとチョイスが少ないかな、とは思います。

この頃人生で最もソムタム(パパイヤ激辛サラダ)とパッタイ(タイ風焼きそば)にハマっておりまして。隙あらばソムタム!パッタイ!ばかり食べていました^^;

 

プール、ビーチ

大きいプールはインフィニティプールになっており、特にサンセットの時間は海と一体になっているように感じられとても気持ちがいい空間でした。

ぼーっとしているとついプールにばかりいてしまうので、ビーチエリアにも足を伸ばして。

海も綺麗でした!透明度抜群。

プールエリアもビーチエリアもチェアーは座れないほどではないですがそれなりに賑わっていました。

 

Spa Naka

ホテルのスパ「スパナカ」を予約しました。ちょっとだけ離れたところにあります。
開放感のある個室で施術してもらいました。

感想は、あまりに上手で気持ちよくて、ほとんど寝て終わってしまった。。。リラックスできた証拠ですね。

終わった後はこちらでドライフルーツやお茶をいただきました。まったりと長居しました。

 

ザ・ナカアイランドはアジアらしい雰囲気が素敵なリゾートホテルでした。

ですが…唯一蚊が多かったのだけが残念でした(><)

蚊よけスプレー(各部屋、各レストランの座席にも付いています!蚊が多い証拠ですね。。。)を自分にも部屋にもものすごい勢いで振りかけても、それでも刺されます。しかも免疫がないからかもともとパワーが強い蚊だからか、かなり腫れてしまいました。

これだけ蚊が多い場所は今までなかったのでびっくり。

ラグジュアリーコレクションと銘打っているくらいですし、シンガポールのように定期的にペストコントロールをやってもいい島では。。。と思ってしまいます。

 

それを差し引いても、(ブログやSNSの各所に気づけば写真を引用していたほど)素敵なリゾートでした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール航空スイートクラス搭乗記

☆こちらの記事は2016年1月にシンガポール航空のA380-800スイートクラス(シンガポール・チャンギ国際空港発、パリ・シャルル・ド・ゴール空港行き便)に搭乗した記録です。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。

タクシーでチャンギ空港に向かい、降りたのはファーストクラス専用玄関です。

入り口がラウンジになっており、その場でチェックインと出国審査は即完了(当時はシンガポールの居住者で指紋による自動出国手続きができたのもあり、本当に一瞬でした)。

ゲートを出ると、目の前にシルバークリスラウンジが。

こちらのシルバークリスラウンジに併設された「ザ・プライベートルーム」を利用することができます。

右奥のツナマヨたっぷりのサンドがおいしそう!写真を見て、改めて食べたくなりました。

 

 

食事サービスは「軽食」とありましたが、サンドイッチやスイーツ、チーズなどのビュッフェのほかにオーダーメニューも豊富にありました。深夜便なのでシャンパンとグリーンサラダをお願いしました。

 

 

この日は出発がかなり遅れていました。

もともとパリでは宿泊しないつもりだったので滞在が朝から夕方までという短時間の中、美術館とお買い物に行こうとしていたのですが、諦めてサンジェルマンデプレの辺りでお買い物をして終了、でした。

その分プライベートラウンジを存分に満喫できたのでよかったです。

温かみがありながら、すっきりと洗練されたブラウン系のインテリアがとても素敵でした。

「もうひとつの我が家」というコンセプトで、自宅のようにくつろげるお部屋にデザインされているそうです。

こんな自宅だったらどんなに良いでしょうか^^笑

後ろが先ほどサラダを食べていたレストランスペースになっています。

 

ようやく搭乗。個室で、中央2席は台で仕切られています。

スマホをいじっている写真ばかりで申し訳ございませんm(__)m

扉をパタンと閉めるとプライベート空間になっていて、この仕切りのために乗る人もいるんだろうなぁと思いました。

ウェルカムドリンクは夫につられてドンペリくださいとなりました。

シャンパンはドンペリとクリュッグを選べました。

とっても分かりやすいものをチョイスしてくれるSQが大好きです(^^)

 

着替えをどうぞと用意されていたのはジバンシィのグレーのパジャマでした。お洒落、というよりは実用派。とても軽く、肩が凝らないのですごく気に入ってしまい、家でもパジャマとしてボロボロになるまで着たおしました。

ちなみに世界的に活躍するフランスのモデル、カロリーヌ・ド・メグレもインタビューでSQのジバンシィのパジャマがお気に入りと答えていました!カロリーヌの著書「パリジェンヌのつくりかた」がクスッと笑えて大好きなので嬉しかったです^^

 

アメニティポーチはフェラガモでした。シニョーラのフレグランスシリーズのアメニティが入っていました。

硬い素材で丈夫なので、小物入れとして今も我が家で大活躍しています^^

 

ラウンジで深夜便だからサラダで〜と言っておきながら、真夜中にリブアイステーキを食べたのはわたしです。

シンガポール航空のサイト内の「ブック・ザ・クック」というページでミールの事前オーダーができます。

ビーフが大好きなので、迷わずステーキを事前オーダーしてしまいました。

 

食器はSQオリジナルのウェッジウッドでした。

ここ2年近く洋食器が欲しいのですが、どのラインで揃えようかとか、そんなに洋食を作るかな?とか、管理するの面倒かなとかうだうだ考えて躊躇っています。

改めて写真を見ると、このSQの食器が一番好みで、このラインが欲しいです。笑

おそらく夫の撮った写真と混ざっているので、流石にこんなに食べていないと思うのですが、全部わたしが食べたのかも…。

すっかり満腹で眠くなったところで、別室のベッドスペースに移動させてもらいました。

こちらも扉を締めてしまえば寝相が悪くても大丈夫?(ベルトでしっかり固定されていますので普通に大丈夫です)

めちゃくちゃ熟睡、爆睡できました。今までのどのフライトよりも朝が来るのが早かったです(笑)

 

おめざなのか夜食なのか忘れましたがフルーツも出してもらいました。乾燥した機内で食べるフルーツは地上の何倍も美味しい。

 

朝食も「ブック・ザ・クック」で事前にお願いしていました。美味しい和食でまさに旅館の朝食みたいでした。

 

居心地よく名残惜しいけれど、あっという間にシャルル・ド・ゴール空港に到着してしまいました。

この旅行ではアムステルダムからファーストクラス(スイートクラスなし)で帰ったので、帰りもとても楽しいフライトだったのですが、この行きのスイートクラスの体験が、この旅最大のハイライトだったと思います。笑

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

天中殺現象@飛行機

マリオット修行を兼ねた旅行@バンコク

 

今回はマリオットで会員ステータスを1つ上げたかったので、色々なホテルに宿泊しました。

そして1泊だけは無料宿泊券を利用して、spgグループのセントレジスにステイ。

クラブラウンジを利用して、いろんなホテルのレビュー記事も書くことができて、

色々とお得に満喫できたなと思います(^^)

 

バンコクは何度も訪れているので、「あれ見なきゃ、これしなきゃ!」という切迫感もあまりなく笑、

「運動して、のんびりご飯食べて、ブログ書いて、散歩して、マッサージして」という、自分の好きなことだけを、気持ちいい空間でひたすら楽しむ毎日を送る旅にできました。

こういう日々が好きだなーと心底思いました。

@セントレジスバンコク

 

タイ国際航空ラウンジ

帰りは深夜のフライトでした。ちょっと軽食がありますが、手が伸びず。ラウンジ自体はとても大きかったですが、深夜なのもあるのでしょうか、座席等にあまり綺麗な印象を受けませんでした。

行きと同じくAIR CHINA便です。北京空港で乗り換えましたが…相変わらず乗り換えるだけなのに、厳重セキュリティチェックでした。

エアチャイナで何が一番ストレスだったかというとわたしは北京での乗り換えでした。

 

北京空港ではバスで奥に連れられて…タラップの飛行機ってLCCで乗って以来です。

別にタラップでも構わないのですが、機材もサービスも含めて、多少食事のあるLCCに乗っているつもりで乗らねばと改めて思いました^^; 小さなイライラが積もっていくので。。。

☆行きの体験はこちらに書いています。

 

天中殺現象@バンコク

以前天中殺について書きました。

バンコクで天中殺現象やぁ…と思ったことがあったので書きます。

別便で帰国したわたしと夫の出来事

仕事の都合で夫よりわたしのほうが先に帰国しました。

上の体験のように、小さな不満はたまりつつも、バンコク北京便も北京羽田便も問題なく乗ることができ、ほぼ予想通りの時間に日本に到着しました。

 

しかし、その後出発した夫はバンコク北京便が大幅に遅れ乗り継ぎに間に合わないことが発覚しました。

そこで「北京成田行きへ振替、しかもプレミアムエコノミーの料金を払っているのにエコノミーにダウングレードした席で帰る」もしくは「翌日のフライトに振替(ただしやっぱりエコノミー)」の二択を迫られたのです。

揉めに揉めたそうですが、1日休暇に余裕を持たせていたので結局翌日のフライトに乗ることにしたそうです。

そして翌日…またフライトが3時間遅れるという知らせが届いたそうですwわたしが乗った乗り継ぎ便より一本遅い便で乗り継ぐ予定だったので、流石に2日連続引き伸ばしはなかったのでよかったですが。。。

噂通り、エアチャイナは遅延が非常に起こりやすい上、振替が必要な時の対応が本当にひどいそうで、見事その事案に当たってしまったというわけです。大変だったでしょうと同情しました。

もはや、自分が往復問題なく到着できたことが、奇跡だったんじゃないかと思うレベル。

 

夫は月天中殺でした

そういえばわたしは年天中殺を2ヶ月前抜けたのですが、夫は月天中殺中でした。笑

安いしマイルも貯まるしエアチャイナにしよう♪という気持ちで選んで、面倒に巻き込まれるという。

おまけに、バンコクから帰国後、ずっと体調を崩しています(T_T)

行きは寅卯天中殺の彼と運気が逆な申酉天中殺のわたしが一緒にいましたが、一人になった途端トラブルが降ってきました。。。

別にわたしがえらいとかでなくて、わたしも天中殺期に知らず知らず助けられていたところがたくさんあったと思います。

 

わたし自身、まだ本調子とはいかず病み上がり感がありますが(2年もじっとしていたらいきなりアクティブにはなれない)、抜けてきてはいるのかな、と。

でも同じ申酉天中殺の安倍首相夫妻を見ていると、まだまだ余波があるかもしれないので、ウォーミングアップ期にしようと思います。

 

運気が悪い時は自分だけで頑張らないで、運が向いている人の側で助けてもらうのが一番だなと改めて思いました。

☆ご自身の天中殺と時期はこちらで調べられます。


天中殺について学ぶならこちらの本がおすすめ。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

マリオットマーキスクイーンズパーク@バンコクの寛げるルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

 マリオットマーキスクイーンズパークのルーフトップバー”ABAR ROOFTOP”

夕方、ホテルに戻り、まだ日が暮れる前の早い時間からホテル内の38階のルーフトップバーに行きました。

エレベーターに乗って37階へ。

まずエレベーターを降りて最初に屋内のバー、ABARがありました。(同名です)

プールバーなので、ビリヤードとかサッカーゲームをして遊べます。

屋内のABARも素敵な雰囲気です。次のステイの際使ってみたいと思います。

帰り際に写真を撮ったので、日が暮れて一層ムーディーな空間になっています。素敵!

 

ここから階段を登っていきます。

ABSOLUTELY FABULOUS だそうですよ。わくわく。

結構な長さの階段をくるくる登ります。壁にはレトロなコラージュが色々貼ってあって、暗がりの雰囲気もあいまっておしゃれでした。屋内のバーも含めて、レトロなインテリアが魅力です。

登って行くと屋上に到着です。

 

可愛いお花が出迎えてくれます。展望台スペースとバースペースに分かれていて、まずは展望台スペースを見学しました。

 

※展望台スペースは服装自由ですが、バーはスマートカジュアル。男性のサンダルはNGとエレベーター前にいた綺麗なホテルのお姉さんがはっきりおっしゃってました。

 

ぷるぷる
ぷるぷるぷる ※キャプションには夫の心の声を入れてみました。w 高所恐怖症なのに、旅行中毎回一回はルーフトップバーに行きます。話のタネに、だそうです。しかし手すりには近づけず、真下を見れません。

エンポリアム、エムクオーティエ方面をはじめ、スクンビットのプロンポン、トンロー方面がやはりよく見えます。

日が暮れていないので、建物がはっきり見えますね。

ムーンバー、シロッコなどのようにクラクラするほどの高層ではありませんが、歩き回って好きなところから自由に景色を楽しめて開放感があります。

展望台で景色を堪能した後、バーエリアへ。

レトロな趣が素敵です。

バーはまだ早い時間で空いていて、一番景色がよく見えるソファー席に案内してもらえました。

高さに震える夫です。震えるあまり、スナックをこぼしています。

こちらのABARは、ジンのメニューがバンコクでも指折りの豊富さだとか。

わたしはフライト前なので…ノンアルコールのカクテルを頼みました。

スナックでついてきたバーベキュー味?のチップスがとても美味しかったです♡どこのやつか、聞けば良かった。

最後のバンコクの夕暮れに乾杯ー。

 

かっ、悲しい。。。バンコクが好きすぎて、名残惜しいです。。。

ソファからの景色。やはりクラクラするほどではないですが、見晴らしが良くて、プロンポン駅周辺が見渡せます。

 

手前に見えるのは、シンガポールに住み始めて間もない頃泊まりに来たエンポリアムスイートです。

 

あれは2014年だったけれど、あれからプロンポンはかなり変わりました。エムクオーティエの登場が大きいのかな?あと恐竜のアミューズメントパークのダイナソープラネットとか。

 

今でも残っているけれど、今以上に古き良き日本人街の風情があったように思います。

ソファに寝っ転がりながらiPhoneで撮ったものです。初めてyoutubeに動画をあげてみました。

撮っている時流れているのは70年代的なディスコミュージックサウンドですが、音楽のジャンルがバラエティに富んでました。

おもむろにm-floが流れたときはびっくり。m-floってすごい東京っぽいなーと異国で聴くと思いました。一気に渋谷区的な空気に。

すっかり日が暮れました。

 

ABARは、昨年できたばかりのようで、まだあまり観光客にも知られていないようでゆったり過ごせました。

やはり展望台に自由に入ることができる上、バーの座席もゆったりと寛げるタイプだったので、フライト前にすごくリラックスすることができました♡

ご飯のシメのルーフトップバーもいいけれど、オープン間際のアペリティフとしての利用も好きですね。

最後も楽しく過ごせて良かったな。

ABAR ROOFTOP

住所:Bangkok Marriott Marquis Queen’s Park, 38th Level, 199 Sukhumvit Soi 22, Klong Ton
Klong Toey, Bangkok
営業時間:17:00〜1:00
電話番号:+66 2 059 5999


お気に入りを見つけて嬉しくなりつつ、夕暮れとともに、バンコクともしばし別れ。

また近々来るよー!♡

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。