「美容」カテゴリーアーカイブ

天国の元になった?!モーリシャスで極楽スパ@ヘブンリースパ ウェスティンモーリシャス

heavenly spa BY WESTIN

ウェスティンモーリシャス宿泊中、ホテル内のヘブンリースパで施術していただきました。こちらはフィットネスルームと併設されておりこのエントランスを通ってジムに向かいます。

この橋を通ります。

 

エントランスはクリスマスツリーが(年始になってもクリスマスムード)。

最初はシグネチャーマッサージをお願いしようと思っていたのですが、結構凝り固まって疲れてるんですよねーというお話をすると、バリ式を強くお勧めされまして、おっしゃる通りにしてみました。バリ式、久しぶりです。いつかのマレーシア・ジョホールバルのスパ以来…。

80分で4100MUR(14000円ほど)、クリスマスセールで10000円ほどになりました。

着替えルームでバスローブに。こちらのロッカーに荷物を預けます。

施術するお部屋には屋外を通って向かいます。

明るくシンプルなお部屋。

肝心の施術は割と気持ちよかったですが、結構ゴリゴリ…。褐色の肌と整ったお顔が素敵なモーリシャス美人(モーリシャス、インド系の美男美女が多かったです!)なお姉さん、細身なのに驚くほど力が強かった!

ごりごりお腹を押されながら胃が悪いことを言い当てられました。触ってわかるくらい悪いんですね…確かに激痛でした。泣

そして、これはちょっと困ってしまったのですが、リゾートホテルなのに(?!)スパ商品のセールスがゴリ押しなのには閉口してしまいました…。

「あなたはこれとこれを使った方がいいわ、施術が終わったら紹介するからね!(強い)」「は、はい…」という会話ののち、

終了後は屋外のリラクゼーションスペースへ移動しました。

お茶とお菓子をいただきながら、

先ほどのケア商品のプレゼン…。のどかなリゾート地でここまで熱心にプレゼンされたことがなかったのでおお…と思いましたが、お断りしたらOK〜と驚くほどあっさりしていました。笑

 

ジャグジー、サウナ

着替えルームを介して男女共用のジャグジーとサウナもありました。

フレイバーウォーターもあります

サウナで汗を流した後はこちらの屋外スペースでお休みできます。

フィットネスルーム ジム

フィットネスルームはなかなか広々。24時間カードキーで入室できます。スタッフがいる時間はパーソナルトレーニングも受けられます。気さくな方で、パーソナルトレーニングを利用される宿泊客が多かったです。

エアロバイクやランニングマシン前。日中は窓越しに見える緑と日差しが綺麗でお気に入りでした☆

あまり移動もしない滞在でしたので、せめて筋トレくらいは…と思い、ジムは宿泊中利用しまくりました。同じように考える方が多いのか!?利用者の多いジムだったと思います。

 スパの公式ページはこちら☆


 
☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
 
インスタやってます。

 

シェラトングランデスクンビット宿泊記 都心のホテルスパ「ザ・グランデスパ」+フィットネスルーム

The Grande Spa

夜にシェラトングランデスクンビット内の「ザ・グランデスパ」に伺いました。

馴染みのあるバンコクとはいえあまり夜1人で出歩きたくない(そして最近とみに一回ホテルに戻ると出たくない、出不精発動中…)ので、ホテル内のスパですとそのままお部屋に戻って眠れるのところがいいです。

こちらはエントランス(ジムと共同のエントランスになっています。直進するとフィットネスエリアで、階段を上がるとスパエリアです。ジムの入り口側から撮っています)

2階のスパ用のレセプションに行くと一気に暗めの落ち着いた雰囲気になりました。

お茶をいただきながら、問診票とオイルの香りを決めました。

わたしは全身アロママッサージのひとつ、Indigenous Realignment の90分コースを選択し、よく眠れるそうなラベンダーの香りをチョイス(効能よりもそのときに一番いい香りだな〜と感じるものを直感で選ぶようにしています)。

非常に落ち着いた施術ルーム。

チョイスしたコースは部位ごとに軽いマッサージとディープマッサージを交互に行うコースです。

ライトな方はリラックスできてとても気持ちいい一方、ディープな方はなかなかゴリゴリと痛くて結構きつかったですが、押された後はすごく楽になりました。

まさに飴と鞭。。。

術後の効果を感じられるメニューでした(^^)

終わった後にまたお茶とドライフルーツをいただいて一休み。

そうそう、施術を受けて脚が…見たことないくらい、わたしの脚じゃないくらい細くなったんですよ!爆 ビフォーアフター撮っておけばよかった。笑 効果は数日でしたけどね…感動しました。ものぐさですが、自分でもマッサージしなきゃですね。

 

フィットネスルーム

こちらはジムのレセプションエリアです。有料でヘルシードリンクなど出してくれます。

マシンエリアはこんな感じ。

シェラトングランデスクンビットのジムの好きなところは、スタジオエリアが広々しており、スタジオメニュー開催時間以外は自由に使用できることです。ストレッチやマットワークアウトなどが鏡張りのお部屋で超のびのびできます(^^)

バンコクでも楽しく運動できてよかったです♡

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

大理石のラウンジ☆セントレジス シンガポール 宿泊記 REMEDE SPA&フィットネスルーム

REMEDE SPA @St.Regis Singapore

セントレジス内にある、フランスのルメードゥが手がけるスパに行ってみました。

 

こちらのスパのウォームストーンマッサージはシンガポールのWomen’s Weeklyでスパアワードを受賞しています。

シンガポールの雑誌っていろんなアジアスパやホテルが載っているので、紀伊国屋に寄ってはよく見ていました。

雑誌ではないですが、Great Escapesシリーズも大のお気に入りで、家で時折眺めております(^^)☆

 

わたしはウォームストーンなどよりもハンドマッサージの方が好きで、この日は90分のアロママッサージをお願いしました。

パウダールーム、更衣室は照明抑えめでレトロな感じでした。

日中の時間帯に伺ったのですが、混雑とまではいきませんが、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

 

ルメードゥスパで楽しみにしていたのは、こちらの大理石のウェットラウンジです♡

こうやってみると、備品のボーダーのタオルは相性がいいですね。

水中で何もせず、ぼーっと過ごしていました。

扉を開けると、半屋外ジャグジーもあります。

シンガポールって1年を通じて割と快晴は少なくて、なんとなく曇っていることが多いんですね。1日のうち1、2時間スコールが降る日も多いです。なので半屋外でも直射日光って感じでなく、程よい採光で楽しめていいと思います★

 

個人的にはラウンジでもーっとゆっくりしたかったのですが(そのために早めにスパに行ったので)、予定よりかなり早めに呼ばれてしまいました。え、早すぎ!と思ったのですが、勢いに押されてはい行きます、と答えましたが…。ちょっぴりがっかり。

 

うーん、しばらく離れていて感覚を忘れていましたが、シンガポールの人は基本的にせっかちかもしれません。早く任務を終わらせなければ!と動いているので、個々人のホスピタリティーより、職務に対するレスポンシビリティーの方がまず大事という印象です。

 

慣れてしまえば、こちらがYes,Noとか、後に回してくださいとか、意思表示さえはっきり示せばその通りにしてくれるし、深追いせず放っておいてくれるので変に気を遣わずとっても楽チンなのです。

 

ただ最近は日本やタイなどの「あんまり意思表示しなくてもなんとなく察してくれる」サービス業でだいぶ甘やかされてしまっていたので、スパに限らず高級ホテルなのに冷たい、キツイ。。。とちょっと感じてしまいました。

 

ただマッサージは気持ちよかったですよ^^

相変わらず起きていられないのですが。。。=リラックスしているということで。

 

フィットネスルーム、プール

スパの反対側はフィットネスルームです。

朝ジムに行ったので、朝一で汗を流そう!というヘルシーな皆さん?でこちらもひっきりなしに人がいらっしゃいました。

走ったり、筋トレしたり、海外旅行するといつもよりアクティブになりますねぇ。

プールは夜伺ってみました。

夜プール、シンガポールだと少し肌寒いかもしれません。慣れると入れるのですが、冷水なのと意外と夜は涼しくなるので、わたしは毎回唇が真っ青になってしまいます。笑

 

シンガポールでもスパとジムに行きたいというやりたいことの一つが達成できて満足です。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール チャイナタウンでパワーチャージ観光

チャイナタウンを満喫の巻

シンガポール旅行中にした旅行らしいことのひとつが、チャイナタウン観光です。

チャイナタウンと言えば、パゴダストリート。お土産屋さんが沢山あり、とにかく人の多い通りです。シンガポールで一番混んでいるかもしれません。

そしてアジアの中ではコピーライトにうるさそうなシンガポールですが、この辺りの売り物はは無法地帯気味。ケアベア並みにカラフルなリラックマ的な何かとか、沢山売ってます。

 

SONG FA bak kut teh バクテーご飯

 

シンガポール名物の中でも最もお気に入りの一つ、肉骨茶(バクテー)。胡椒とにんにくがたっぷり入った骨つき豚肉のスープを、ご飯や揚げパンと共にいただく料理です。

肉骨茶を出すお店の中でも最も有名な人気店、ソンファバクテーのチャイナタウンポイント店でご飯を食べました。いつ行っても混んでいますが、回転が早いので行列のわりにすぐ食べられます。

 

どーん

見かけは豪快ですが、この荒っぽいお肉と胡椒のきいたスープがたまらないのです♡

ポークリブは手づかみでガシガシいただきます。スープはガンガンおかわりをくれます。

元気が湧いてくる一品。あー、見ていたら本当食べたくなりました^^;

赤坂のバクテー屋さんに行こうと思います。近々。


ちなみにチャイナタウンポイントは、チャイナタウンでは数少ない、心配なくお手洗いを使える綺麗なショッピングモールです。

チャイナタウンは全体的に古いお店や小さいお店が多いので、お手洗いに困った時はチャイナタウンポイントに行かれることをお勧めします。

マッサージ 養心殿、Kenko Wellness

パゴダストリートから横断歩道を渡った向かい側に、こんないかにもチャイナタウンなショッピングモールがあります。

People’s Park Shopping Centre と People’s Park Complex

2つのショッピングモールは、マッサージ屋さん、旅行代理店、屋台、ほくろ取りなどが集中しています。

上の写真の横断歩道を渡って真正面の、 People’s Park Complexの3階入口近くにある、養心殿というマッサージ屋さんがお気に入りです。

非常にリーズナブルで(マッサージ1時間30SGDしなかったと記憶しています)かなり痛いですが、ツボにしっかり入る感じの痛みで、むくみがすっきりします!強いマッサージが平気でしたら、こちらのフットマッサージはシンガポールの中で最もおすすめです。

残念ながら、今回は予約なしで行ったら入ることができませんでした。夕方以降や休日は混むので電話をおすすめします。受付のお姉さん物腰柔らかい方ですよ^^

養心殿(Yang Xin Dien)

1, Park Road, #3-12

営業時間:11:00~21:00

電話:+65 6536 6587

 

養心殿に行けなかったので、シンガポール国内でチェーン展開しているKenko Wellness Spaに行きました。ケンコーって健康のことでしょうか?

赤いソファとクッションが中華っぽいかな。

Kenkoはどちらの店舗を利用しても、安定して上手な方が多いです。お値段もそれなりですが(激安マッサージと比較すると2倍くらい違ったりします)、比較的綺麗な店舗が多いです。

あとサマセット店など、店舗によってはフィッシュスパ(魚に足の角質を食べてもらう)もできますよ。

こちらも養心殿と同じく基本的に結構グリグリとツボを押す感じなので、強めがお好みの方にお勧めです。

Kenko Wellness (South Bridge)

住所:199 South Bridge Rd

営業時間:10:00〜23:00

電話:+65 6223 0303

 

チャイナタウンフードストリート。半屋外でわいわいガヤガヤ飲食店が立ち並んでいます。

 

味香園甜品でかき氷

チャイナタウンのシメと言えばやっぱり味香園のかき氷ではないでしょうか。

注文レジ。後ろの日本語は日本人の校閲が入っている感じがします

マンゴーシェイブアイス。あー、これがずっと食べたかったです♡

マンゴー大好きですね。

 

今では大好きなチャイナタウン

楽しい観光スポット、チャイナタウン。

 

シンガポールに住み始めた当初、チャイナタウンはちょっと苦手でした。

 

今思えば、春節(チャイニーズニューイヤー)直前に引っ越したものですから、最もチャイナタウンが賑やかで。。。装飾と音楽がすごかったからだと思います。

シンガポールのCNYを代表する、最も中毒性が強い一曲を貼っておきます。


チャイニーズニューイヤーっぽい音楽はチャイナタウンに限らず、シンガポール全域、もっと言うと中華系の多い場所なら世界中どこに行っても流れているかも。

 

横浜や神戸の中華街は、その時期は訪れたことがないのですが、きっと賑やかですよね。神戸は子供の頃、横浜やみなとみらいは、東急東横線を使っていた頃は結構遊びに行きましたが、そういえば最近ご無沙汰です。

来年あたり、春節を味わいに行ってみようかなと思います。

 

ちなみに、今回の旅のガイドブックは何冊かチェックしたのですが、こちらのハレ旅をチョイスしました。ここを載せるとはお目が高い!とか、ここ行ってみたい!と思うようなお店が、一番凝縮されて載っていました。シンガポール観光の参考に是非。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

ナカアイランド プーケット 旅行記 ラグジュアリーコレクションのプライベート空間

The Naka Island A Luxury Collection Resort & Spa Phuket

プライベートプールに入りたい!何もしないで過ごしたい!という希望を叶えられる空間を求めて

タイ・プーケットの離島、ナカ島に行きました。

宿泊するのはSpgのラグジュアリーコレクションの一つです。

小さな小さな島なので、基本的にはホテル内で過ごすような滞在スタイルになるかと思います。

 

 

フェリーで向かい、ナカ島に着いたところ。

ここでインスタ映えしそうな写真を撮っている人多数。

わたしのはそんなに映えませんね。

 

お部屋の様子

お部屋はトロピカルプールヴィラでした。上の写真の右側に写っている木のオブジェが、

起きてるよ。

裏返すと、寝てるよ。Do not Distarbのサインになります。可愛い。

 

アジアンな天蓋付きのベッド。

洗面スペースやバス&スチームルームは離れになっています。全体的に、お部屋の感じがアジアのスパ風。ダークトーンで落ち着きます。

個室のお庭、プール。ザ・ナカアイランドはプールつきのヴィラの数が多いので、このホテル1番の売りかもしれません。

Spg(しかもラグコレ)、プライベートプール、しかもタイ、という条件で滞在されるSpg会員も少なくないのでは?

ぼーっと浸かるだけで開放感抜群でした。

お庭にはうたた寝を楽しめるごろ寝スペースつき。寝心地よし。

 

サンセットはZ Barで

日が暮れてきたところで、海を一望できるZ barに移動しました。

これは何のカクテルだったかなあ。こんなロケーションだといかにもなお酒を頼みたくなります。とりあえずフルーツが刺さっているやつ。w

カクテルを飲みながら、サンセットの時間を待ちました。

ナカ島のサンセットは美しくて見惚れてしまいました。

ミニマリストちなみにこのブログのヘッダーに使用しているのは、ナカ島のサンセットなんです。

紫がかったピンクと水色とオレンジが混ざったような色合いがお気に入りです^^

 

レストラン

ディナーのレストランはMy GrillかTonsaiでいただきます。踊り子さんたちによる伝統衣装を着てのショータイムがありました。やっぱりタイの女の子はほっそりしていて可愛いですねぇ。

 

朝ごはんはTonsaiのビュッフェです。

ステイを通してTonsaiでのご飯が一番多かったです。レストランはTonsai,My Grill,Z Barの3つで、離島ですし本島?の方にも近くにあまりお店がない感じだったので、滞在日数が数日になるとチョイスが少ないかな、とは思います。

この頃人生で最もソムタム(パパイヤ激辛サラダ)とパッタイ(タイ風焼きそば)にハマっておりまして。隙あらばソムタム!パッタイ!ばかり食べていました^^;

 

プール、ビーチ

大きいプールはインフィニティプールになっており、特にサンセットの時間は海と一体になっているように感じられとても気持ちがいい空間でした。

ぼーっとしているとついプールにばかりいてしまうので、ビーチエリアにも足を伸ばして。

海も綺麗でした!透明度抜群。

プールエリアもビーチエリアもチェアーは座れないほどではないですがそれなりに賑わっていました。

 

Spa Naka

ホテルのスパ「スパナカ」を予約しました。ちょっとだけ離れたところにあります。
開放感のある個室で施術してもらいました。

感想は、あまりに上手で気持ちよくて、ほとんど寝て終わってしまった。。。リラックスできた証拠ですね。

終わった後はこちらでドライフルーツやお茶をいただきました。まったりと長居しました。

 

ザ・ナカアイランドはアジアらしい雰囲気が素敵なリゾートホテルでした。

ですが…唯一蚊が多かったのだけが残念でした(><)

蚊よけスプレー(各部屋、各レストランの座席にも付いています!蚊が多い証拠ですね。。。)を自分にも部屋にもものすごい勢いで振りかけても、それでも刺されます。しかも免疫がないからかもともとパワーが強い蚊だからか、かなり腫れてしまいました。

これだけ蚊が多い場所は今までなかったのでびっくり。

ラグジュアリーコレクションと銘打っているくらいですし、シンガポールのように定期的にペストコントロールをやってもいい島では。。。と思ってしまいます。

 

それを差し引いても、(ブログやSNSの各所に気づけば写真を引用していたほど)素敵なリゾートでした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。