「健康管理」カテゴリーアーカイブ

ランナーの聖地、ルンピニー公園至近。アクティブに朝活ステイ@コートヤードバイマリオットバンコク

ルンピニー公園でランニング

 

ルンピニ公園はバンコクのランナーの聖地的位置づけの公園です。

3つ目に宿泊したコートヤードマリオットバイバンコクは、ルンピニ公園から1km少々の立地。

一応、ランナーの端くれのわたし。

世界一周に際して自分で決めていることは、世界でランニングをすること。


一度ルンピニーではランニングしたことがあったのですが、せっかく来たから今日走るしかないな♪と思ったので、ランニングシューズに足を通し、小銭を持って朝7時前にホテルを出ました。

 

ラーチャダムリ通りをトコトコ進んでいきます。

うんまだ日も出てないし、ゆっくりいけば大丈夫な感じ♪

なんですが、道路が悪いせいかなんだか下腹部に響きます。お気をつけて。

 

公園に到着すると、おびただしい数の屋台が出ていました。

前回来た時よりも、うんとたくさん。休みの日だったからかな。買いに来ている人もたくさん。

すでにお腹が空いていたので、いい匂いに誘惑されそうになりましたが、早く走り終わらないと気温が上がって大変なことになります(前回経験済み)。

公園内のランニングルートに入ることにしました。

綺麗なんだけど、なんか夕暮れっぽく写るのはなんででしょうか笑

前回の写真も、夕暮れ時っぽい仕上がりでした^^;

この辺りで太極拳をしているグループも。気持ちが良さそうでした!

 

東京の皇居のように、たくさんの人が周回していました。

ルンピニーのランナーは…時々めちゃ早い人がいますが、基本的にはゆっくりペースの人が多いです。それもそのはず。。。日が昇る前でも、湿度がものすごいんです!ミストサウナに入りながらランニングしてるみたい。笑

今回もヒーヒーしながらノロノロ走りました。

途中入り口付近の売店でお水を買いました。ここでは本当に命の水。冷たいのでも8バーツで買えますよ♪

たまに現れる好きな風景に癒されます。思わずパチリ。

ヤシの木と濃い色のお花が生えるところはいいところである という謎の持論を持っています(南国が何より大好きです!)。

 

前回12キロ走った結果、熱中症で死にそうになったので←弱すぎ 今回は6キロちょっとでおしまい。

ホテルまで走って戻りました。

 

コートヤードバイマリオットバンコクのフィットネスエリアへ

そしてホテルに戻って、さらにジムで筋トレすることにしました!うーん虚弱のくせに頑張りすぎ?

旅行に来ると、運動したくなるんです笑

特にあったかいところは体調も良くなるので、余計にアクティブになるんですよねぇ。

 

ジムはそれほど広くはありませんが、一通り揃っている感じ。

広さの割に、利用者も多かったです。

 

そしてさらに素敵だったのがプールです!

“Courtyard”の名前にふさわしい、都会の素敵な中庭空間が広がっていました!

規模は小さいですが、それがまた雰囲気に合っていておしゃれなんです。

プールから階段を上がると、日焼け専用スペース!?がありました。パラソルも何もないので、焼きたい方はこちらでゆっくりとお過ごしください。笑

 

たっぷり運動したあとは、朝食ビュッフェを

たっぷり汗を流した後は、朝食ビュッフェをいただきました。

なかなか充実のメニューで、中でもフルーツ系が充実していました。フルーツジュースが、こんなにたくさん☆

私はここでもやっぱりおかゆから。

ミューズリーやスムージー、ヨーグルトなどもいろいろありました。ミューズリーも食べてみました。もう少し甘みが欲しいと思いました(甘いヨーグルトしか食べられないやつ)。

でも、運動した後のご飯は美味しい!

この後、結局ベトナム風ヌードルまで完食したのでした。美味しかったなー♪

今回の宿についてはこちら。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

旅好きミニマリストは歩くのも好きです

歩くことの効用は計り知れない。

このような記事を見つけました。

 

QOL(生活の質)に大きく関わるものとして精神の健康が上げられると思います。
少しきつめの運動であればドーパミンが多く出ると思うので、ウォーキングでなくても好きなスポーツでいいと思います。

ウォーキングのメリット

ただ、道具が一つもいらなくて、どこでもできて、日常動作の延長として取り入れられるという点で歩くことじゃすごく手軽で効果的なので、私はウォーキングを推します。
大きめの公園で早歩きしているマダムをお見かけしますが、公園に限らず、好きなところどこでもいいと思います。

ランニングだと心肺がきつかったり、膝や腰にくると大変だったりしますが、そういう身体に負担がかかるリスクが少ないのも良いところだと思います。

こちらで上げたように、私は時間さえあればどこへでも徒歩で行きます。歩くのも走るのも大好きです。
前々世あたりで参勤交代でもしていたでしょうか。それよりは伊能忠敬の伊能図作成メンバーの方がいいなぁ。なんてね。

 

わたしは落ち込んだ時(意外と悩むこともある。。。)、なんとなく心が元気じゃない時に、ちょっとお出かけする元気があれば、少し歩いてみて、まだいけると思ったらどんどん進んでます。

気がついたら10kmとか歩いていたりするので「私できるじゃん!」っていう自信になるんですよね。自信を取り戻すと、考え方も少しずつだけれどまともになってきます。

歩く方向は無計画だったりもするけれど、心がすさんだときはできるだけ綺麗なものや歴史ある風景を見たいなと感じますね。

例えば昔大名や名家の人が住んでいて大屋敷があったエリアとか歩いていると、癒されて回復していくのを感じます。昔から良い土地とされていたところは、時を経て姿を変えても良い土地だなーと思います。

(逆に気分が落ち込んでいるときに近づかないようにしているのは、うるさいところやテーマパークや大型モールみたいな、大衆向けに作られた商業施設です。なんかわからないけど虚しい気分になってきます。)

ウォーキングのデメリット

えーと、単調で続かないことでしょうか?あとはめんどくさい、とか。

でもそれを言い始めたら、面倒くさくない運動なんてあるのでしょうか。笑

車等で行動していると、時間がかかってまどろっこしいかもしれません。時間の無駄と感じるかもしれません。

確かに時間がかかります。だからこそ、贅沢な気持ちになるんだけどなぁ。ウォーキングにハマると、マイペースに歩く時間を作りたい!と時間がなくても捻出したいと感じるほどです。

 

ウォーキングは、「旅するように生活する」ことの第一歩だと思う。

ブログの紹介文にも書いているように、わたしは「旅するように生活したい」というのが人生テーマ(大げさ)。

車や電車で移動しているとわからない、街の点と点が繋がってくる感覚が好きです。なんだか安心するんです。

駅と駅の間に、その土地の色を感じられます。

まるで知らないところにきたような、新しい世界の広がりを感じるので、初めての道を通るのはワクワクしてしまいます。人があまりいないところも、お気に入り。

時間と気力が許す限り、進みます。

沈丁花が春を運んできました。香りを嗅ぐと、やっと好きな季節が来る…と泣きそうになります(大げさ)。

長く鬱々とした冬も、もう少しで終わり。

ダイエット、気分の高揚、ネタ作り。いいことづくめなので、一緒に歩きませんか?

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

にほんブログ村

 
インスタやってます。

やらないほうがいいことをやってしまうこと。

やらないほうが絶対いいのに、ついやってしまう、やめられないものがある

 

今月はツイッターでこのように宣言しており、先を急がないお買い物はリストだけ作って来月以降に買うか決めようって思っているんですね。

8日経過していますが、リストには「暖かくなってから着る服、靴(基本的に少数を買って着倒すので、去年の残りが少ないです)」「全身鏡」「調理家電」など並んでいます。あともっと安いものだけれど「ハンガーを買い替えるか検討」とか。

大きい買い物はしていません。

ただ…意識していてもつい食べ物だけはふらっとお店に入って買っていて、別に本気でお腹空いてるわけじゃない気がするんだよなぁ…ということも多く、またそれが本当に食べたいものなのかよくわからなかったりすることが(前からあったんですが、ほかのものを特に買っていない分余計に)気になりました。

 

このツイートに対しいいねやリツイートをいただいたので、買い物に限らず、時間や体力等々も含めて、「やらないほうがいいことをやってしまうとき、わたしが深層心理で陥っていそうな落とし穴」について考えてみました。

 

わたしがやりがちな「やらないほうがいいこと」TOP3

不要な買い食い

上で述べたとおりです。お腹が空いてないのに、なんとなーく食べてしまう。で、家や手元にあるものならいいんですがわざわざコンビニ等々で手軽に買って手軽に食べる。満足感は、薄め。

スマホゲーム

たまにハマることがあります。朝起きて、何となくログイン。電車を待っている時ぴこぴこ。寝る前にも。ほかにやっている友人がいたら、無駄に争ってみたり。

テトリスやぷよぷよ系の消すゲームにはまりやすいです。

習慣で開くサイト、SNS

こちらも朝起きてチェック。隙間時間が見つかるとついついチェックしてしまいます。スピード感があり、自分も発信しているのでレスポンスがあるのが楽しくなって、開いてしまいます。

 

よくないことをやりたくなる裏にあるもの

 

体調不良

個人的に結構これが大きい気がします。

胃に疾患があり、厄介なことに「空腹でも具合が悪くなり、食べ過ぎても具合が悪くなる」ため、胃がキリキリしてくると、そこまで本気でお腹が空いていなくても、何か口に入れて紛らわせたくなります。何か食べると、その場は多少収まります。

睡眠不足

寝不足の時は生産的な活動ができなくて、とりあえず起きているために非生産的なことをします。

食べたり、スマホをぼーっといじったり。

栄養(成分)不足

量的には十分食べても、栄養素が足りていないと、それを求めてなんか足りない…とまだ何かを乞う時があります。

あまりにも低カロリーだった時や炭水化物ばかりの食事だった時など起こりがち。

不安

やらなきゃいけないことができてないよー。

大事なことが控えてるよー。

あの人に悪く思われたかも。

このままでいいんだろうか。

と、不安は毎日たくさん出ます。

そんな心のざわつきを紛らわせたくて、手っ取り早く別のことをしたがっています。

 

寒い、低気圧など気候からくる影響

体調不良に含まれるのですが寒い時や台風みたいな気候の日は調子が悪く、色々うまく回せなくてむしゃくしゃします。

オーバーワーク

過労は相当なストレスを引き起こします。

人前では、ニコニコ、全然ヘーキ!という顔をしてても、一人になったときにどかっと疲れが襲ってきます。

だけど、、、帰らなきゃ、、、家であれやらなくちゃ、、、と思っている時、気分転換に(なっていないのですが)どうでもいいことをしたくなります。

本当は他に求めているものがある

例えば、本当はすごく行ってみたい高級レストランがあって、そこでコースを食べたいと思っているのに、時間がないとかお金がもったいないとか予約が面倒とか一緒に行く人を探すのが面倒とか、そういう理由で行くのをやめているとします。

食べ物以外でも、本当はここに旅行に行きたい、この家を買いたい、などなんでもいいですがまとまったお金あるいは時間など必要なもので、手に入らないものがあった時、その欲望をぶつける先が、「容易に買えて、容易にできること」であることが多々ある、とふと思いました。

 

心と体に聞いてみよう

このように色々裏側にあるのですが、どうでもいいことをすることは基本的には問題解決になっていないので、適切に対処するために、自分に問いかけをして、行動してければいいよねと思いました。

実は心身のSOSではないか?

第一に心か身体が病んでしまっていないかと問いかけます。

思い悩むことがあるとか、慣れないことをして疲れてるとか、体力を超えているとか、まずは少し立ち止まって客観的に考えてみようと思います。

やらなくていいことをやめるか先送りする

やらなきゃいけないことってたくさんあるんですが、全てやらないと死ぬかというと…絶対死なないよな、と。

部屋が片付いていなくても、洗濯物が片付いていなくても、多少料理が少なくても死にません。

まずはまともに動けるようになるまで休むことが優先。

人に頼む

頼めるならば、どんどん人に頼んでしまうようにしています。

迷惑かなぁとためらっても、少なくとも自分だけで抱えて作業が滞るよりはましと考えます。

頼んだ相手が困っている時に助けられればいいと開き直るようにしています。

治療が必要か検討する

もし病気ならば、適切な治療を受けることを検討します。無駄遣いして紛らわせるくらいなら病院に行った方が良い場合も多々ありますよね。

診てもらってスッキリしたことも多々。

やったほうがいいことは取り掛かりが面倒だったり、頭を使うことだったりすることを肝に命じる

より良い暮らしのためにやることって、往々にして取り掛かりが面倒です。

今はそれをする元気がないのだ、と認識して休むか、これは面倒なものだけど、やればこんなにメリットだらけだと割り切ってやるか。体力次第ですが、できるだけやるか、やらずに休むかをはっきり決めるようにするぞ!と思います。

 

惰性でやっているものを我慢して本当に欲しいものを得ると決意する

惰性でやっているものって、妙に甘美なんですよねぇ。。。

悪いことほど気持ちいい、じゃないけど、頭使わなくてよくて、一回一回は短時間でできてお金使っても少額で心を傷めにくくて、何となく問題を少し忘れられて。

うまくできています。

 

でも私、もうそういうのやめて一段上に行きたいです。

 

本当に欲しいものって、大抵努力が必要なものか、額が桁違いか…とにかく容易に手に入るものでもなかったりします。

ミニマリストであることは、資産と労力の集中投資につながるので、本当に欲しいものを手に入れる近道の一つだと思っています。

 

さらにステップアップするために、この記事に書いた自己チェックと、適当なもので誤魔化さずに本質的な問題を解決していくことを意識していこうと思います。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

Instagramはじめました。綺麗なところだけ切り取った旅写真集にしようと思っています。w フォローいただけると嬉しいです。

 

【目指せ東京マラソン】今期のランニング振り返りと今後の目標

ロイヤルオーキッドシェラトンのジム。

 

昨年〜今シーズンのレース振り返り

今日(2/25)は東京マラソン。

わたしも応募しましたけど、あっさり落選でした。。。

 

昨年は渋谷表参道ウィメンズラン、北海道マラソン、タートルマラソン、目黒シティラン、新宿シティハーフマラソン、東京マラソンに応募して、東京マラソンは落選、北海道マラソンは某人気グループのライブと重なりホテルが取れず断念、タートルマラソンは大雨かつ遠方のため自主棄権、そのほかは走りました。

 

今年も応募するとしたらそのあたりでしょうか。

名古屋や湘南は憧れますが、フルマラソンはまだ走れる走力ではないから、あまり無理はしないようにしたいですね。

スポンサーリンク


気づいた弱点

そしてレースに参加するにあたり、実際大会当日を迎えてわかったんですが…

わたしプレッシャーを感じるとお腹がめちゃくちゃ痛くなるんです(T_T)

自分では「楽しく走れればいーや」くらいでタイム狙いじゃなくても、お腹が勝手に緊張と焦りで暴れ出します、毎回。毎回当日体調不良。

 

朝お腹が痛くて家で何度も何度もトイレ行って、水分取れない、食べられない状態で体が空っぽのままレースを迎えるんです。

スタートラインに整列しちゃうと開き直って落ち着くんですが、それまでは本当に腹痛とトイレすぐ行けるかなというプレッシャーに苛まれます。

そしてスタート後、1箇所目の給水所でその日初めての水分補給。

10キロなら水だけでも何とかなりますが、ハーフになると栄養補給しないともたないので、甘いスポーツドリンクを必死で摂取します。w

 

2017-2018年出場大会振り返り

渋谷・表参道ウィメンズラン

こちらから大会公式サイトへ

女性だけで渋谷区を走る華やかな大会。デビューランになりました。

参加賞のTシャツも毎年可愛いです。

当日はずっと雨で、とにかく寒かったです。

コースとしては10キロなのですがさすが渋谷、アップダウンがかなり多いです。

表参道を走るのは気持ちいいのですが、地味にアップダウンがずっと続く感じでした。

明治神宮の中を走るのは静かな瞑想のようで、この大会ならではの体験でした。

参加者は全員女性ですが、デビューラン、ファンランが多く、スマホで走行中に記念撮影をしている人が、わたしが走ったレースの中では特に多い感じ。確かにインスタ映えすると思います。

本番に向けて、実際のコースに近い練習(渋谷モディのあたりとかラフォーレあたりとか、人通が多い道が多いので早朝限定なのと、明治神宮内は走れません)、

代々木公園と明治神宮の周辺をぐるぐる回る練習、

またノンストップでアップダウンの道を走る練習をするために赤坂御用地3周(1周3.3キロ)をよくやっていました。

お気に入り。

寒いのと、当時初出場で自己申告タイムがかなり遅かったので、だいぶ後ろからのスタートだったのもあり、ひたすら全力で走り続けて57分台でゴール。疲れました。

 

 

目黒シティラン

スターターは原辰徳さんでした

大会公式ページはこちら

一番気持ちよかったのは目黒シティランかなー。

程よい気温で天候がよかったのもあるし、コースが長方形でわかりやすく、人数的にもスタートで多少混雑があった後は同じペースのランナーさんとゆったり走れました。

区役所で着替えや手荷物預け、トイレも開放してくれていたから寒くないしトイレも綺麗ですごく快適でした。

朝早め(8時半スタート)で、ゴールしてもまだモーニングの時間。笑

サクッと走って、ナカメのスタバで朝ごはんしてさっと帰りました。

実はこの時、しばらくランニングをやめていて、10キロ走るのも久々でした。だから緊張感がすごくてお腹壊しまくりだったんだけど…結果は楽しく走って自己ベスト(54分台)でした。

 

新宿シティハーフマラソン

大会公式ページ

こちらの記事でも書きましたが、初めてのハーフマラソンは連日の雪がまだ残る寒い日に行われました。

周辺が工事中で狭くなっている道が多く、混雑により途中で止まってしまったり、病院や横断歩道前で長時間止められたりと都市型ランならではのトラップが結構ありました。

個人的にも無事に完走することだけ考えて、タイムは制限時間が2時間半とちょっと厳しめ(これも都市型ランなので交通規制が大変だからでしょうね)なのでとりあえず間に合うように…と思って走りました。

正直走力としてはハーフを走りきった後かなり脚腰が痛くなるので、まだハーフの能力には達していないなと思いますが、何とか完走できました。

 

ヤクルトスワローズ好きなので、神宮球場でのフィニッシュは幸せでした。

大好きなつば九郎を見逃すなんて、わたしとしたことが…!

次回出るならつば九郎に会いたいです。

 

春からのランニング計画と目標

OPP(お腹ピーピー笑)を毎回経験したので、次回のレースは

・近場

・もしくは泊まりがけ

・できれば朝早すぎない

・トイレ難民にならない環境笑

を満たすレースを選んで参加したいと思います。

 

大会レースに出場することにあまり固執しないで、走りたい時に走りたい場所を走る感じでもいいかなというのが正直なところ。

出ると負けず嫌いと胃痛を同時発症して、あまり身体に良くないなと思ったので;

東京マラソンは運試し的で今年も応募しようと思います。

当たったら?死ぬ気で練習します!笑

 

後は世界でランニングの記事で書いたように、旅先でランニングコースを見つけて、暇さえあれば走る感じにしたいなーと。

今年も元気に走れますように。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


 

運動音痴が4ヶ月で10km60分以内でランニング①ー走るメリット編ー

ランニングするのに好きな公園の一つ

 

ランニングって何がいいのか

わたしは自分が走り始めるまでランニングの良さなんてさっぱりわかりませんでしたし、マラソンなんてお金払って苦しいことを長時間するなんて正気の沙汰ではない、と思っていました。

少なくとも世界中でランニングしたーい(過去記事) などというような種類の人間ではありませんでした。

 

今では…走れる喜びを感じていることもあったり、やっぱりしんどいなぁと思いながら走っていたり。体調や気分、天候によってその感情は異なるのですが、走り終えた後はやっぱり今日走れてよかった!という清々しい気持ちになっています。

 

走れるようになってよかったことは色々あります。

人の気持ちはコントロールできないとは知りつつ、これから走りたいと思っている人が、走るのを楽しいなと思ってくれるのをお節介にも願ってわたしなりのランニングをやってよかったことを書いてみます。

 

スポンサーリンク


メリット

自信がついた、自己肯定感が高まった

トコトコとのんびりした速さではありますが、10キロくらいならへこたれない脚力がつきました。

ナイキランで計っているのですが、走った記録が積み重なってくると自信に繋がってきます。

ナイキランの記録つき写真。インスタにあげてもいいですよね

今日はそんなに遠出はしませんでしたが、のんびりと10キロちょっと走りました。快晴のもと走るのは気持ちいい。東京タワーも綺麗に見えました。

 

体に良いことしてるという満足感があります。意識高い人みたい。

どちらかというとわたしは意識他界系(意識?何それ?どこにあるの?系)だと思うのですが、ヘルシーなことしてる!という気持ちは、意外と自己肯定感を高めてくれます。

自己満足ですが、これがすごく大事なことだと思っています。

もともと運動ができないことでネガティブな経験があったので、それを克服できた、というのも自己肯定感を高めたポイントかと。

 

体力がついた

相変わらず胃腸周りを始めとして体質としては虚弱ですが、心肺と足腰の持久力は以前に比べて相当高まりました。

多少駆け足で移動しても息切れしません。

ショッピングで少し離れた街に出かけても、買い物でたくさん歩けることはもちろん、それでは飽き足らずにそのまま徒歩で帰ってくることが増えました。 交通費の節約にもなっているかもしれません(基本地下鉄なので1回につき200円弱とかなのですが)。

 

人に言える趣味ができた

長年、人様に自信を持って言える趣味があまりないことがちょっといやでコンプレックスでもありました。趣味は?と聞かれるのが苦手。今は「ランニングです」と言っておけば話題に事欠きません。

走るのが好きな人も嫌いな人も、ある程度の年齢なら健康とダイエット両方に関心を持つ人が多いですから、コミュニケーションのための話題としてはかなり優秀だなーと感じています。

 

地理に詳しくなり、最新のスポットなど耳年増ならぬ目年増になる

家の周辺や、少し離れたエリアもあちこち走ると、道も覚えるし、新しくできたお店などに敏感になります。

あれなんだろうと調べたりするのも面白いし、雰囲気が気に入ったエリアがあったときはこの辺りに引っ越したらどうかなとマンションを探してみたりもします。

まさに自分の足で情報を得るといった形で、話題に事欠きません(基本的に人見知りなのですが、おしゃべりするのは好きです)。

 

単純に爽快でやめられない

風をきって気持ちよく走っているのが単純に爽快なのです。

邪念がなくなり無の境地に達することが時々あるんですが、その時の気分の良さは、多分瞑想に近いものだと思います。何も考えていない状態の気持ちよさは、わたしはランニングで始めて得ました。いわゆるランニングハイというやつですね。

これがあるおかげで、自然と頭の整理ができ、冷静でいられることが増えてきました。

少し嫌なことが多い日でもポジティブというかフラットな状態に戻しやすくなりましたし、些細なことだったら走ったらどうでもよくなることが増えました。笑

 

ドーパミンとセロトニンが分泌されるため、大変でもまた走りたい、やめられないという良い中毒症状になったらこちらのものです。そういう時期は心の中でガッツポーズを取ります。

 

夏と冬は気候がしんどく、辛さに負けてしまうこともあるのですが、やっぱり走ると楽しいです。

 

次回は10キロ1時間以内で走れるようになるまでの練習方法について書きたいと思います。

 

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク