「断捨離」カテゴリーアーカイブ

限られた気力体力の中で

FORTNUM&MASONの紅茶

 

ここのところフォートナムアンドメイソンの紅茶を飲んでいます。



紅茶はずっとアールグレイ派。トワイニングのティーバッグなどお手頃なものもポットで淹れたものも好きです。ベルガモットの香りが強いものも優しいものも好きですが、若干キツくないか?と思うくらいのにハマりがち。こちらのアールグレイクラシックは、少し長めに置いて濃いめに出して、お砂糖を入れていただくのが美味しく感じます。

 

冬はガマンの連続。

こちらの記事では冬旅の健康管理の重要性

について書きましたが、日常生活においても、冬はポンコツ具合が進みます。

冷えると動けないので、こうやって意識的に紅茶や白湯を飲む回数を増やしたり。

鍋物は家で作るとわたしは大概食べ過ぎてしまうのですが(油分が少なく葉物が多いからでしょうか、満足感がない割に塩分を摂り過ぎる)、そんなこと言っていられないのでしょっちゅう作ります。

長風呂は嫌いですが、冬はなかなか身体が温まらないので、我慢してしばらく湯船に浸かります(ホントはさっとシャワーで済ませたい)。

寝具も重ねる分多くなりますが、我慢(大きいものを何枚も扱うのが大変なので、いっそ極暖の寝袋などあったら本気で検討したい)。

 

余裕をなくすとき

最近やること考えることが多いというか、自ら増やしている気が…。

自らのキャパを無視して、to doを増やしている感じで少し気がおさまらない感じ。

お仕事もあるし、ブログもいじりたいところがまだまだたくさんあるし、旅行の情報も仕入れたいし、掃除したいし、洗濯したいし、料理しなきゃだし、長風呂しがちだし、小説も読みたいし、実用書も読みたいし、ランニングもしたいし、ジムにも行きたいし、スマホゲームも進めたいし、少し家のものを減らしたいし、友達との約束も確約しないとだし、買いものの計画も立てたいし

 

うーん。なんだか焦ってしまってます。

 

ヨガでも習ったらいいものかと思ったりしますが、まずは寝ることですね、わたしの場合。

 

睡眠で勝手に整理してくれる

寝ると勝手に脳みその仕分けが行われることもある(何時もではない)ので、悩まなくていいのにウンウンと考えあぐねていたことを消してくれます。

それだけで脳内CPUの容量に空きができる感じがします。

短時間睡眠の日や熟睡できないまま活動する日が何日も続くと、追い詰められてひどく惨めな気持ちになります。

うわ〜もう無理、と思ったらやることがあってもよっぽど急ぎでない限り、まず睡眠を優先させるようにしています。

多少支障があっても、負の連鎖を断ち切るほうが良いです。

 

他人と比べない

「あの人が頑張っているから、わたしも頑張ろう」

「わたしも頑張ってるんだから、あなたも頑張ってよ」

こういうセリフを言ったり言われたりすることはありますが、あまり気にしないようにしています。

状況もコンディションも違う相手と比べても仕方ないと思います。

急ぎのシチュエーションだったり、しんどくてもどうしても仕上げなくてはならないことはあると思います。

ただそれが続くとどんどん追い詰められてしまうので、「やらないこと」と「手を抜くこと」をどんどん増やして、

自分が本当にやったほうがいいことに力を注げるようにバランスを取りたいです。

自分にとって体力気力の続く力の配分は、まだまだ試行錯誤中ですが、他人と比べず自分や周りの幸せのためにもがいて得たい技術です。

他人と比べてどうか、という世界は、自分の中で少しずつ終わった、というか終わらせたい価値観になりつつあります。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

掃除嫌いがミニマリストになって掃除するように…なった

掃除が苦手な人間が掃除をするようになるまで

お恥ずかしい話ではありますが、夫婦揃って、掃除が苦手な人種でした。

片付けることが面倒で、まめな掃除が面倒。

それは今でも変わりません。

 

引越しで疲れ切ってくる。

ただ、度重なる引越しでいい加減モノの多さに嫌気がさしたことがきっかけで、一気にモノを減らし、そのあともじわじわとモノを減らしています。

物が減ってくると、空間にゆとりがあることが自分の中で当たり前になってきて、汚れや散らかりが目立つようになります。

それに伴って、少しずつ綺麗な空間を維持できるようになってきました。

 

日本(の都市部)でミニマリズムが美的空間にめちゃくちゃ効果的な理由

日本の、特に都市部の住宅で広々した空間を得ることは、お金が沢山あれば可能かもしれませんが、そうでなければ難しいです。

最近は海外の高級コンドミニアムのような天井や間取りにゆとりがあるような物件も流行り始めているとか?通常のタワーマンションなどより広々する分お値段はするそうですねぇ。

今まで引っ越してきた中で、古い物件、狭い物件、割と綺麗な物件など住んでみて、

古い物件ほど、物があると必要以上に生活感が出てしまうというか。。。

はっきり言って、貧乏くさい雰囲気になるなあと痛感してきました。

お金をかけずにゆとりある空間を作るにはモノを減らすに限ります。

 

 

お金持ちの家はモノが少なく、貧乏な家はモノがごちゃごちゃしている

ドラマでお金持ちの家は物を少なく、貧乏な家は床に物をたくさん置くセットを組むように、モノがごっちゃりとある空間は貧乏くさくなってしまいますね。

家の大きさや収納の多さに応じて、適正なモノの量があると思います。

それを意識しながら、適正量より思い切って少し多く捨ててみると、より多くのものが入ってくるようになると思います。



ごちゃごちゃした家では、良いものも入ってこなくなると思います。

今の家は、以前の物件よりも結構古いので、落差にがっくりきましたが、おかげで生活感を減らそうと、思い切りモノを減らす弾みになりました。

引っ越しを検討中ではありますが、ここで学んだことを活かしてまた家づくりができたらいいな。

私も、2018年良い年にできるよう、もう少し余裕を持った部屋作りをしていきたいと思います。

旅行の情報収拾もしていくぞ〜。

ブログ村に参加いたしました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村