「掃除」カテゴリーアーカイブ

今あるものを全力で使う暮らし

あるものはなんでも活用する

これはコストコで購入したウェットワイプです。匂いがソーダみたいです。

 

〇〇にしか使えない、というものをうっかり買ってしまったりいただいたりします。

使用頻度が低いと痛みもしない、または数が減らないし気にかけない事が多いので、気づくと「こんなものあったっけ」という存在になりがちです。

コストコで購入したこちらは、テレビで矢田亜希子さんがコストコでたくさん買い物をしているのを見て、矢田亜希子さんがあまりにも綺麗だったので、それを買ったら矢田さんになれるわけではないのですが、まんまとつられて買いました。いやほんと可愛い。

 

矢田さんはこれで家中掃除するとおっしゃっていましたが、わたしも家中に使っています。

 

サイズが大きく水分量も多いため、ガンガンお掃除できる点がメリットです。若干香りがありますが時間が経つと消えます。トイレや床、洗面台にも惜しみなく使って、暴れるように掃除してます。

両刀使いもしますし、寒さも合間って親の仇の気分で暴れ掃除をします。

 

 

茅乃舎だしは焼きあごのものを何度かリピートして購入しています。

30袋入のものを購入して、わたしはとことん邪道に使います。簡単すぎてここにドヤ顔で載せるのは恥ずかしいですが、料理が面倒な人の心の手助けになればと思い載せます。

 

スポンサーリンク


〜茅乃舎だし三段ズボラ活用〜

・ご飯に混ぜて

ご飯を炊くときでも炊いた後でもどちらでもいいのですが、袋を破ってだしを混ぜて、それだけでもほんのり美味しいですが、醤油も一緒に混ぜたり、梅干しと合わせても美味しいです。

後、チャーハンに混ぜてもめちゃ美味しい。

こんなご飯でも流石に品があります。

 

・市販スープの隠れた主役

市販のスープの素と一緒にスープに忍ばせておけば、魚介の風味が自然に出ます。

 

・お湯に入れてだし汁をそのままお茶のように飲む

滋味のある風味がたまりません。カフェインもなく、胃も傷つけない。寒い日などたまらなく癒される至福のときです。

 

他にもオムレツに入れたりとか使い方はいくらでもあります。

買って調理が面倒で棚の肥やしにしてしまうのが一番勿体無いです。

せっかくものがいいですから、正統派のだし取りをせねばなどと決めつけず、気に入っているうちに自分が使いやすい方法でガンガン使ってあげるのがいいと思っています。

 

 

自然を感じにお出かけするのもいいですが、東京にも自然を感じられるところはたくさんあります。

家から半径数キロ圏でも素敵な場所はいっぱい。

浜離宮庭園、新宿御苑、代々木公園、皇居、神宮外苑etc…

これらは人の手を入れられた美しさがあります。プロがお金をかけて手をかけて美しさを作りあげていて、野性味溢れる自然とはまた違った良さがあります。

「造られたガーデンシティ」の代表格であるシンガポールが大好きなわたしは、こういった美しさが大好きです。

大きな家やたくさんの植物を自分で管理してお金と労力を使いまくるよりも、近所の気持ちが良い場所をたくさん訪ねて気分良く過ごせるようにいたいです。

逆にいうと、引越しの時周辺の環境を大事にした方がいいかなという気もします。

自分のモノは捨てられても、近所の心地よくない空間は処分できないからです。

 

自分で花をたくさん育てるのは大変だし、たかだかベランダ程度の規模にしかなりません。

美しいものを維持するのに税金が使われているなら良いかな。

使いきる暮らし

今持っている全てのものを出し切り使い切り、枯渇したところで新しいものを投入すると、ありがたみもわかりますし吸収力も高くなりますよね。

 

不安に襲われたり自信がなくなると、あれもこれもと買い込んだり、知識を無駄に入れようとしたりして余計に不安に襲われます。そしてそれらを使いきれない自分に嫌悪感を抱く、負のスパイラル。

 

今持っているものを全力で楽しみ、新しいステージに進みたいと、最近は考えています。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


コインチェック事件から…資産を増やしたい人はミニマリストになればいいと思った話

モヒートが大好きです

 

今週は日本列島どこもとても寒かったですね。寒さに弱いため随分と疲れやすくなっていました。周りを見ても、本調子の人は少なかったかも。寒い時は省エネモードになりますね。

そして週末。はれのひの社長が会見したかと思いきや、コインチェックのハッキング事件と、個人的に見ていてざわつくニュースが続き、昨日からどっと疲れてしまいました。

命を取られる思いをした人もたくさんいると思います。

眠れなかった人もいると思います。

 

私個人も、多少なりとも資産を入れていますので、他人事ではありません。

ガクガク震え、疲れ、動向を逐一チェックしているうちにますます疲れてしまいました。

 

思い切り寝ました。ダラダラ永遠に寝続けました。

それで多少体調が戻ってなってきたところで、

「資産増やしたいならまずミニマリストになるべきじゃない?」と思いました。

資産を増やすためにミニマリストになるといい理由

 

家事の量が減り体力的に余裕ができる

ぐったりしていた今日、そうは言っても日常をきちんとしないと悪循環ですから、洗濯を回したり掃除をしたりして、少しでも元気になろうと思いました。

 

ただでさえ疲れやすい体質なので、精神的ダメージも肉体的ダメージも極力受けたくないです。

モノが少ないと、掃除洗濯や管理が楽です。疲れているなりに、終わってしまう。

モノが多かった時は、「今日は大掃除だー!」と取り組んでも途中で疲れてしまい、中途半端に出したモノたちがそのままにされ、余計に散らかってしまう、そしてやる気をなくす…という悪循環に陥ってしまいました。

 

そうすると新しいことに取り組む余裕とか、冷静な判断だとかがどんどんできなくなっていきました。

 

疲れているなりに、家事が回る程度にモノを減らしておくと、余裕ができます。「何か初めてみよう」「この投資は検討に値するだろうか」と冷静に考えられるようになります。

 



片付いた部屋をキープすることによる自己肯定効果は高い

部屋の乱れは心の乱れは言うまでもないのですが、綺麗な部屋を継続的に保てていると、自分に自信が持てます。

私は片付けが行き届かない家で育ち、片付いている状態というのが大人になるまでわかりませんでした。

モノを減らして片付いた状態の家 を体感したことで、それがいかに精神の安定に役立つか、自己肯定感につながるかということを激しく体感しました。

新しい家、かっこいい家、大きい家に住むことも確かに自己肯定感につながると思いますが、それはもっとお金に余裕ができてからでも遅くないと思います。

片付いているという事実は、多少狭い家でも、古くても、みじめな気持ちになることを避けてくれます。

逆に、狭くて古くて居心地が悪い家を快適にすることができたら「どんなところでも大丈夫。」という自信になります。これ大事。

 

固定費の圧倒的な削減

モノが部屋のスペースをとっているということはモノのために家賃なりローンなりを払っている(または払った)ということです。

「これ以上狭い部屋に引っ越せない」と思っていました。

そのころのわたしの家は「なんとなく可愛い風のモノたち」「でも安っぽいものたち」であふれていました。

それらのものをえいやと捨て去ったところ、当初はそれでも身体の一部をもぎ取られるような気持ちになりましたが、なくなったほうが家の雰囲気も落ち着いて過ごしやすくなりました。

収納スペース、置き場所に苦心するモノが減れば、部屋のサイズはもっと小さくても大丈夫になります。

毎月必ず払わなくてはいけないお金が減ると思うと、心から楽な気持ちになります。

それでお金が貯まっていったら、その時また改めて「もっと大きい家に住みたいか?」と自分に問うてみてもいいと思います。

 

流動費も減る

そもそも部屋が狭いと余計なものを置けなくなるので、モノを買う時より慎重になるかと思います。

また、モノを減らすと「消費の連鎖」も減っていくと実感しています。

消費の連鎖は何かと言うと、わかりやすいのが洋服ですが、クリーニング屋さんに持っていくことが必要な服が多いほどクリーニング代が増えます。

手持ちの服が一着増えるとそれに合わせるものが欲しくなります。「あれに合うから」という言い訳が増えます。

合わせるもの商法は洋服に限りません。

ジュエリーは重ね付けコーディネートができる人がおしゃれである

この調味料を使うための食材を買わなければ

このメイン料理に合う副菜を作らなければ

スマホを買ったらケースを買わなきゃ、え?なんで裸で持ってるの?(私はケースを付けていません)

 

合わせ商法にはキリがありません。

私は調和がとれていることはとても大事だと思うタチですが(@アセンダント天秤座の性らしい)

少数のものの中で、調和がとれた組み合わせを目指していきたいと思っています。

 

見栄を張らなくてもよくなる

調和がとれていることだったり、少ないものでも確実に自分が好きで合っているものを選んでいれば、例えば同じ服を着ていったりしてもあまり気にならなくなります。

見栄はお金を吹っ飛ばします。冷静な判断ができなくなります。

あまりにも見栄を張らないと付き合っていけないような人は、そもそも自分にとって合わない人なのかもしれませんね。少しずつ距離を置いていくほうがいいのかもしれません。

 

職業金持ちに惑わされない

「セレブの振る舞いをすること」が職業の人もいます。それが収入につながる人です。

そういう人の方が目立ちますから、そっちを目指してしまいがちです。キラキラ、むしろギラギラして眩しいエネルギーを持っています。

「となりの億万長者」の本のように、すごい資産家でもこれだけ質素な生活をしている人がいることを、頭の片隅に入れておくと、おかしな消費を食い止める助けになるかもしれません。

もちろんそんな人ばかりではないですが、「まだそっち側にいっていないうちから、こんなことではいけないぞ」と気持ちを引き締めることに役立つかと思います。

 

ミニマリストの先に

「お金がたくさん増えても、今の生活をしたい?」と聞かれることがあります。
わたしは実際に資産が大きく増えないことには、本当の自分の欲求はわからないのでは…と思っています。

お金が増えた時に、やはり小さく暮らしていきたいと思うか、大きい暮らしをしたいか、それはその時にまた考えてみればいいと思います。

少なくとも今はミニマリストであることを楽しみ、夫とともに豊かさについての勉強をしていきたいと思っています。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

旅するように暮らす

いろんなものを捨ててきました。

わたしは2011年から2016年の間に5回引越しをしました。

平均すると1年1回ペースですね。1年で2回引越ししたときもあったので、2年住んだ家は長く住んだ家です。

 

そして2011年当時から持ち続けているものはほとんどありません。思いつくのはテレビと布団、パスポート。

あとはどこかのタイミングでほとんど処分してしまいました。

 

以前引越しの際処分に悩んで実家に送った荷物と実家で再会することがありました。

それらの物を見て、優柔不断な気持ちを実家に押し付けてしまったことに申し訳なく思い、なんでこんなにガラクタを物惜しく抱えていたんだろうと思いました。

母はそれらを捨てずに全部とっておいていました。ますます申し訳なく思いました。

 

ただ、毎回モノが多かったりガラクタが多かったりで、引越しに際する決断がしんどかったのも事実です。

海外引越しは特に私にとっては涙モノでした。国内なら持って行きそうなモノでも、余裕がないので持っていけないとか、使えなさそうだから処分するとかが多くてしんどかったです。

 

ただそんな経験や、日本以外の街並みと家を味わったことで「旅するように暮らしたい」とミニマリストっぽいことを考えるようになりました。

 

美的感覚の変化

ミニマリスト

シンガポール ミニマリスト シンガポール ミニマリスト

シンガポールに住んでから日本に帰国して、街がごちゃっとしていると思いました。

それは都市部に限らず、地方でも無秩序だと思います。各々がこんな家(ビル)作りたーい、こんな広告出したら目立つんじゃね?!このショッピングモール誘致したら人来るんじゃね??

と周囲との調和を考えずに、景観を重視しない街づくりを進めてきた結果なんでしょうね。

 

景観にうるさい街だと、建物の設計も、広告活動も自由度は下がります。調和とかよくわからないしどうでもいい、という人もいると思います。わたしも以前は繁華街などにいたり、散らかったスペースにいても、何か気が休まらない感じはしてもそれがなぜなのかはよくわからなかったです。

 

また、家の作りも、和洋折衷というか、和室の作りで白壁とフローリングにしただけ、というなんちゃって洋室感、天井が低く狭いところになんとなくモノがたくさんある感じ の家が多く、なぜこういう作りにしてしまったんだろう…と残念な気持ちになりました。新しい家だと確かに綺麗なんですが、でもやっぱりちょっと、なんて思ったりして。豪邸だと違うと思いますが。

 

わたしも美的感覚はまだまだ発展途上ですが、少しでも気持ちよく住めるように、

持ち物の絶対数を減らして、生活感を減らすことと、自室とそこに置いてあるものと調和するものを選ぶ ということは意識して家を整えています。

納得するまで買わずに済ませてみる

引越しが多かった割に、家具の選び方が夫婦揃ってわからず、いつも適当に、行ったお店に売っていたお手頃なものを買って、でもすぐボロボロになったり、全体の調和がいまいち取れなかったりでなんとなくいつも不満を抱えていました。

今回は、合うものが納得いく価格で見つかるまで買わずに間に合わせることにしました。

ちなみにソファやライトは1年半くらい探しました。

このライト(見切れてますが)は中古ショップで見つけました。気に入っています。

 

お金と感覚を大事にする

景観は変えられなくても家の中はある程度なんとかできます。

選ぶものって感覚的なものだとも思うので、インスタ映えだとか他人から素敵と思われたいとかよりも、自分たちが好きで、使っていて心地よくて、なんとなくその場に調和するものを選んでいけば幸福度が上がるような気がします。

 

適当なものや、必要か微妙なものを買わなければ、モノが増えません。

 

わたしはモノが増えてくると「本当に自分が欲しいもの、良いと思うもの」に対するセンサーがすぐに鈍ってきてしまいます。

そうすると買い物はもちろん、いろんな選択も必要以上に迷ったり失敗したりの連鎖が起こってしまう残念な脳です。

たくさんモノを持つことはより選択肢が増えるというメリットもありますが、わたしにはデメリットの方が大きいようです。

 

そして、これだ!と思うものがあった時に、余計なものを買っていなければお金の面で悩むことも減ります。

お金で諦めるというのは悲しいものです。財源はそれぞれ限りはあるにせよ、本当に良いもののためにはできるだけ確保したい。

家具などは高いので一気に揃えるとまとまった額が消えてしまいます。

とりあえず一通り揃えないと恥ずかしいという見栄を捨てて、お金が整うまで少しずつ揃えるとか、気に入ったものが見つかるまで買わない という選択をしても良いと思っています。

少ないモノで、ちょっと不足してるモノもあるけれど、知恵を使ってみるとか。

それはちょっとホテル暮らしみたいでそれも楽しい期間です。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

シンガポールで私が学んだこと【お金】

一番好きな国はシンガポールです

以前シンガポールに居住しておりました。

シンガポール バブル 

大好きすぎて、帰国の日は飛行機で大号泣(T_T)

帰国して1年半近く経ちましたが、時々「シンガロス」が訪れるほど好きな国です。

 

シンガポールでの気づきは数知れません。



サービスやその対価に関する考え方の違い、思いやりの違いだったり、外国人への接し方だったり、環境整備の仕方、誰にでもわかる明確なルール作り、明確なルールに基づいた安全性、美しい空間の作り方、お金に対する考え方、スピーディな意思決定 などなど

戸惑うことももちろんありましたが、基本的にはわたしにとって「良いな」となんとなく感じていた価値観や行動が、日本よりも肯定的に捉えられている国だと感じ、感覚としてですが「これでいいんだ」と思えた国でした。

 

物価の高い国

わたしが住んでいたのは2014年から2016年です。

そのため最近のことには疎いのですが、当時は景気がよかったと思います。少なくとも、わたしが日本に住んでいて感じたことがない程度には。

※余談ですが、最近ドンキホーテが出店したそうです。オーチャードセントラルって、東急ハンズもありましたよね?日本人にとってはますます日本のように暮らせそうな国ですねぇ。笑

ドンキがシンガポールにやってきた!!!

 

まぁ物価は高かったです。輸入品ばかりですしね。

そして、価格競争もあまりない。スーパーならまあFair Priceが安いかな程度。

欧米のデザインがかっこいいものとか、日本だと割高に感じ手を出さないものでも、出さざるを得ないのです。笑

逆に開き直っていろいろ試せてよかったです。楽しかった。

 

そして、失敗もたくさんしたので、安物買いの銭失いはダメだ!という人生観(大げさ)に繋がりました。

 

レストランもサービスチャージがデフォルトなので、お会計がん?と思うほど高かったです。日本の感覚では食事ができない、と思いました。

おまけに必ずしも美味しいとかサービスがいいわけではありません。ショックを受けることも度々ありました。

 

そしてモノ以上に高かったのは、不動産!

当時がピークだったのでしょうか、当時住んでいた家の家賃を見てみると今はだいぶ下がっていますが、シンガポールに移住など考えた時に家の値段は大きな問題になりますね。

 

そうやって生活コストの高い国に身を置いた感想は、

デフレって本当病むわ」でした。

意外でしょうか。

 

モノが安いこと」よりも、「モノが高くても、それを支払えること」のほうがうんと大事だと思いました。

たとえ支払いが多くても、それで人にお金が回って、経済が回っていくならそれに越したことはないです。

当時の東京ではまだまだ長時間営業の安い居酒屋さんが流行っていました。

あのシステムは長時間、休みなく賃金も高くなく働いてくれる人がいないと成り立たないと思います。

ヘトヘトだろうに、笑顔で安くても普通に美味しいものを出してくれる。

それに甘んじて、若かったのもありますが安くダラダラ、睡眠時間を削っても飲みに行って、身体を壊したりして。

なんだか双方が消耗していく気がします。

話が脱線しました。

 

また、なんでも安く買えるわけではないからこそ、自分にとって必要なもの、お金をかけたいものと、必要ないもの、お金をかけたくないものをよりシビアに考えるようになります。

当時の日本ではすっかりデフレやプチプラに飼いならされてしまった上に、雑誌やテレビ、周りの友人などの影響で「アレもコレも買わないといけない、これ持ってないとダメ、恥ずかしい」と、なんでも満遍なく買わなくてはいけないという強迫観念がどこかにありました。

そうやって若く十分なお金がないにも関わらず、デフレでモノが安いのをいいことに各所を満遍なく人に合わせようとするから、買っても買っても何も満足できないし、お金がなくなっていくのです。

物価が高いことがいい訓練になりました。

 

お金は大事

お金持ちの思考 バブル シンガポール 世界一大きいコイン

世界一大きいコイン@Singapore Coins&Notes museum

お金持ち お金 シンガポール 1000ドル札 通貨

世界一高い紙幣1000シンガポールドル(約85000円。2018年1月現在)

 

シンガポールに限らず、中華圏の方ってわかりやすくお金好きですよね。笑

お正月に願うことも、まずお金がたくさん入ってきますように!だし、街や建物なども風水に基づいて設計されています。

風水都市のシンガポール、あと香港などは、いい気が流れている感じがしますね。日本の開発計画も、もっと風水を取り入れればよかったのに。。。

 

シンガポールに住む以前は、お金はなくなるもの、怖いもの、苦しいもの・・・など、無意識にお金に対するマイナスイメージを抱いていましたし、あまりお金の話をするのも良くない、したくないと思っていました。

でもお金は大事、あればあるほどいい、降ってこい(?)とあっけらかんとポジティブに考えている人々に、あぁそれでいいのね、と個人的には良い影響を受けました。笑

 

風水的にも、散らかった部屋なんていいわけがありませんからね。お金降ってこい!と思いながら掃除に励まねばと思います。笑

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

掃除の大切さ。

お恥ずかしい話ではありますが、夫婦揃って、掃除が苦手な人種でした。

片付けることが面倒で、まめな掃除が面倒。

それは今でも変わりません。

ただ、度重なる引越しでいい加減モノの多さに嫌気がさしたことがきっかけで、一気にモノを減らし、そのあともじわじわとモノを減らしています。

物が減ってくると、空間にゆとりがあることが自分の中で当たり前になってきて、汚れや散らかりが目立つようになります。

それに伴って、少しずつ綺麗な空間を維持できるようになってきました。

日本の、特に都市部の住宅で広々した空間を得ることは、お金が沢山あれば可能かもしれませんが、そうでなければ難しいです。

最近は海外の高級コンドミニアムのような天井や間取りにゆとりがあるような物件も流行り始めているとか?通常のタワーマンションなどより広々する分お値段はするそうですねぇ。

今まで引っ越してきた中で、古い物件、狭い物件、割と綺麗な物件など住んでみて、

古い物件ほど、物があると必要以上に生活感が出てしまうというか。。。

はっきり言って、貧乏くさい雰囲気になるなあと痛感してきました。

お金をかけずにゆとりある空間を作るにはモノを減らすに限ります。

お金持ちの家
貧乏な家

ドラマでお金持ちの家は物を少なく、貧乏な家は床に物をたくさん置くセットを組むように、モノがごっちゃりとある空間は貧乏くさくなってしまいますね。

家の大きさや収納の多さに応じて、適正なモノの量があると思います。

それを意識しながら、適正量より思い切って少し多く捨ててみると、より多くのものが入ってくるようになると思います。



ごちゃごちゃした家では、良いものも入ってこなくなると思います。

今の家は、以前の物件よりも結構古いので、落差にがっくりきましたが、おかげで生活感を減らそうと、思い切りモノを減らす弾みになりました。

引っ越しを検討中ではありますが、ここで学んだことを活かしてまた家づくりができたらいいな。

私も、2018年良い年にできるよう、もう少し余裕を持った部屋作りをしていきたいと思います。

旅行の情報収拾もしていくぞ〜。

ブログ村に参加いたしました。クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村