「家事」カテゴリーアーカイブ

旅も家も「あれどこいった」をなくす

探し物多き人生

わたしはもともと整理収納の仕方を知らずに育った人間です。

 

実家はモノが多く常に散らかっていました。その割に、使えるものがあんまりないな…と感じていました。

 

家を建てたときに新築のマイルームを与えられましたが、嬉しかった割に、綺麗に使えていませんでした。

 

モノだらけでも無理やりクローゼットに押し込めばまだマシ、入りきらなくて部屋の中に出ているまま放置されているものも。

学年が変わって前の学年のモノが残っていても「また使うかも」と思ってそのままに。結局使わないまま、20年近い時を経たものも。。。

その時々気に入った雑貨やコスメ、CD、ポスターなんかを飾ったりしていましたが、埃を被っても知らん顔。

 

無駄にモノが多く秩序もないせいで、いざ書類が必要とかテキストが必要となった時に、どこに行ったのか本気でわからず、母を巻き込んで部屋をひっくり返す勢いで探し物をしたことも多々あります。

 

ワンルームの家でもモノが行方不明

一人暮らしを始めると、一部屋に一人で住んでいるのに、なぜかモノが行方不明に。どこへいったのか。。。

住み始めたばかりの頃は綺麗に使おうと頑張るのですが、何度引っ越してもモノがなくなる。特に書類のなくなり方がひどかったです。書類の整理の仕方を知りませんでした。

もらったら適当に棚に押し込んだり、使うときに出しやすいようにと、あえて机の上に出しっ放しにしておいたり。

そのうち新しい書類が舞い込んできたりして、どこかに追いやられ、必要なときに出てこない!という悪循環が生まれていました。

 

こんまりさん「ときめき」よりも目から鱗だった知恵

 

おなじみこんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」

わたしにとって目から鱗だったのは、持ち物の置き場所についての記事でした。

持ち物一つ一つに住所を。人口過剰にしない、ホームレスを作らない。

置き場所を一つ一つ決めてあげることが大事だと強調されていました。それまでもなんとなく置き場所を決めることはしていましたが、あくまでなんとなくなので、気づくと適当な置き場になっていたり、置き場所としてよくない場所が定位置になっていたりしました。

 

また、住所にこだわりがなかった故、収納が足りなくなっても無頓着で、収納ケースに入りきらなかったらなんとなくケースの上にポンと置いたり、ぎゅうぎゅうなクローゼットを、あー使いづらいなぁと思いながら改善させずに使っていました。

 

こんまりさんの方法を実践しようと、不要なモノを捨てた後に、一個一個のモノに番地まであてがってみました。
感覚的には「ちやな県洋服市ニット区1番地」という感じです(^^;文字にするとばかっぽいですが。。。

 

すると、綺麗でストレスなく出し入れするには、収納率100%にしちゃいけなくて、もしできるなら65%でもいいくらいだと感じました。

お店ではないのですが、ブティックの服が魅力的に見えるのは、数が少なく一つ一つが輝く置き方をしているからだと気づきました。

せっかく持っているものたちを、それぞれ大事に、主役に扱ってあげたいと思うようになりました。

スポンサーリンク


 

同じ分類のものはご近所同士にする

炒め物で使うもの。常温でいいものは全てコンロ下に収納しています。今はだいぶ少なめ。

これもなるほど!と思ったのですが、服なら服、本なら本、書類なら書類と、同じカテゴリーのものは1箇所に、ご近所さんにしてあげることが大事とのことです。

収納の関係で完璧に1箇所というわけにはいかなくとも、極力同じエリアに集中させます。

これをやって心から良かったと思ったのは、

何か探し物をするときに、探したいもののカテゴリーの箇所だけ探せばよくて、そこになかったらないんだとすぐ判断できるようになったことです。

家族から聞かれても、「そこになかったらないよ」とはっきり言い切れるので、探し物のストレスが激減しました。

モノがないことよりも、「あるのかないのかわからない」状態が一番不安です。ないならないで、必要に応じて買えばいいので。

ストックも、そのエリアに置けるだけにしておけば、ごちゃごちゃにもなりません。

 

 

書類はいちいちファイリングせず、1枚のクリアファイルに同カテゴリーをごそっと入れておく

わけもなく、書類を1種類ずつファイリングして保管していました。

保証書や取扱説明書など、そちらの方が探しやすいと思っていたのです。

こんまりさんの本を読んでシンプルな1枚のクリアファイルに領収書なら領収書、取説なら取説、保証書なら保証書と、同じカテゴリーのものごとにファイリングではなくまとめて入れておくことにしました。

 

わたしは

・一時保管(近日使用することがわかっている)

・保証書

・取扱説明書

・給与明細

・保管が必要な領収書

・住民票、戸籍謄本などの書類

・夫の管轄の書類

・その他の長期保管したいもの(書類に限らず紙もの全般)

をそれぞれ1枚のクリアファイルに入れています。

これも、書類が必要になったときに、基本的にここにある該当のクリアファイルを探して、なければないし、使い終わった後もぺッと該当のファイルに入れてしまえばいいので楽でカオスになりにくいです。

 

旅の持ち物を増やしすぎない、住むようにステイする

普段からミニマムなもので暮らしていると、ホテルでもあまり普段と変わらず生活できるようになってきたなぁと旅するときに感じています。

普段よりさらに厳選してますので、クローゼットやタンスなどを家のように活用しています。

昔はなくすのが怖くて、極力スーツケースの中からむやみにものを出さないようにしていたのですが、所持品が少なければ、きちんと収納を使っても平気です。

かえってモノが探しやすいので、「あれどこいった」が少なくなりました。

 

家のようにくつろいでホテルで過ごせると、リラックスできて日中動くパワーが充電できますし、旅自体の満足度もより上がるのを感じました。

そうすればきっと世界中どこでもホーム。

 

これからも探し物をするストレスでつまらない時間を減らして、楽しい時間を増やしていきたいと思います。

 

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


ミニマリストの使い切り。今あるものを全力で使う暮らし

あるものはなんでも活用する

これはコストコで購入したウェットワイプです。匂いがソーダみたいです。

 

〇〇にしか使えない、というものをうっかり買ってしまったりいただいたりします。

使用頻度が低いと痛みもしない、または数が減らないし気にかけない事が多いので、気づくと「こんなものあったっけ」という存在になりがちです。

コストコで購入したこちらは、テレビで矢田亜希子さんがコストコでたくさん買い物をしているのを見て、矢田亜希子さんがあまりにも綺麗だったので、それを買ったら矢田さんになれるわけではないのですが、まんまとつられて買いました。いやほんと可愛い。

 

矢田さんはこれで家中掃除するとおっしゃっていましたが、わたしも家中に使っています。

 

サイズが大きく水分量も多いため、ガンガンお掃除できる点がメリットです。若干香りがありますが時間が経つと消えます。トイレや床、洗面台にも惜しみなく使って、暴れるように掃除してます。

両刀使いもしますし、寒さも合間って親の仇の気分で暴れ掃除をします。

 

 

茅乃舎だしは焼きあごのものを何度かリピートして購入しています。

30袋入のものを購入して、わたしはとことん邪道に使います。簡単すぎてここにドヤ顔で載せるのは恥ずかしいですが、料理が面倒な人の心の手助けになればと思い載せます。

 

スポンサーリンク


〜茅乃舎だし三段ズボラ活用〜

・ご飯に混ぜて

ご飯を炊くときでも炊いた後でもどちらでもいいのですが、袋を破ってだしを混ぜて、それだけでもほんのり美味しいですが、醤油も一緒に混ぜたり、梅干しと合わせても美味しいです。

後、チャーハンに混ぜてもめちゃ美味しい。

こんなご飯でも流石に品があります。

 

・市販スープの隠れた主役

市販のスープの素と一緒にスープに忍ばせておけば、魚介の風味が自然に出ます。

 

・お湯に入れてだし汁をそのままお茶のように飲む

滋味のある風味がたまりません。カフェインもなく、胃も傷つけない。寒い日などたまらなく癒される至福のときです。

 

他にもオムレツに入れたりとか使い方はいくらでもあります。

買って調理が面倒で棚の肥やしにしてしまうのが一番勿体無いです。

せっかくものがいいですから、正統派のだし取りをせねばなどと決めつけず、気に入っているうちに自分が使いやすい方法でガンガン使ってあげるのがいいと思っています。

 

 

自然を感じにお出かけするのもいいですが、東京にも自然を感じられるところはたくさんあります。

家から半径数キロ圏でも素敵な場所はいっぱい。

浜離宮庭園、新宿御苑、代々木公園、皇居、神宮外苑etc…

これらは人の手を入れられた美しさがあります。プロがお金をかけて手をかけて美しさを作りあげていて、野性味溢れる自然とはまた違った良さがあります。

「造られたガーデンシティ」の代表格であるシンガポールが大好きなわたしは、こういった美しさが大好きです。

大きな家やたくさんの植物を自分で管理してお金と労力を使いまくるよりも、近所の気持ちが良い場所をたくさん訪ねて気分良く過ごせるようにいたいです。

逆にいうと、引越しの時周辺の環境を大事にした方がいいかなという気もします。

自分のモノは捨てられても、近所の心地よくない空間は処分できないからです。

 

自分で花をたくさん育てるのは大変だし、たかだかベランダ程度の規模にしかなりません。

美しいものを維持するのに税金が使われているなら良いかな。

使いきる暮らし

今持っている全てのものを出し切り使い切り、枯渇したところで新しいものを投入すると、ありがたみもわかりますし吸収力も高くなりますよね。

 

不安に襲われたり自信がなくなると、あれもこれもと買い込んだり、知識を無駄に入れようとしたりして余計に不安に襲われます。そしてそれらを使いきれない自分に嫌悪感を抱く、負のスパイラル。

 

今持っているものを全力で楽しみ、新しいステージに進みたいと、最近は考えています。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


限られた気力体力の中で

FORTNUM&MASONの紅茶

 

ここのところフォートナムアンドメイソンの紅茶を飲んでいます。



紅茶はずっとアールグレイ派。トワイニングのティーバッグなどお手頃なものもポットで淹れたものも好きです。ベルガモットの香りが強いものも優しいものも好きですが、若干キツくないか?と思うくらいのにハマりがち。こちらのアールグレイクラシックは、少し長めに置いて濃いめに出して、お砂糖を入れていただくのが美味しく感じます。

 

冬はガマンの連続。

こちらの記事では冬旅の健康管理の重要性

について書きましたが、日常生活においても、冬はポンコツ具合が進みます。

冷えると動けないので、こうやって意識的に紅茶や白湯を飲む回数を増やしたり。

鍋物は家で作るとわたしは大概食べ過ぎてしまうのですが(油分が少なく葉物が多いからでしょうか、満足感がない割に塩分を摂り過ぎる)、そんなこと言っていられないのでしょっちゅう作ります。

長風呂は嫌いですが、冬はなかなか身体が温まらないので、我慢してしばらく湯船に浸かります(ホントはさっとシャワーで済ませたい)。

寝具も重ねる分多くなりますが、我慢(大きいものを何枚も扱うのが大変なので、いっそ極暖の寝袋などあったら本気で検討したい)。

 

余裕をなくすとき

最近やること考えることが多いというか、自ら増やしている気が…。

自らのキャパを無視して、to doを増やしている感じで少し気がおさまらない感じ。

お仕事もあるし、ブログもいじりたいところがまだまだたくさんあるし、旅行の情報も仕入れたいし、掃除したいし、洗濯したいし、料理しなきゃだし、長風呂しがちだし、小説も読みたいし、実用書も読みたいし、ランニングもしたいし、ジムにも行きたいし、スマホゲームも進めたいし、少し家のものを減らしたいし、友達との約束も確約しないとだし、買いものの計画も立てたいし

 

うーん。なんだか焦ってしまってます。

 

ヨガでも習ったらいいものかと思ったりしますが、まずは寝ることですね、わたしの場合。

 

睡眠で勝手に整理してくれる

寝ると勝手に脳みその仕分けが行われることもある(何時もではない)ので、悩まなくていいのにウンウンと考えあぐねていたことを消してくれます。

それだけで脳内CPUの容量に空きができる感じがします。

短時間睡眠の日や熟睡できないまま活動する日が何日も続くと、追い詰められてひどく惨めな気持ちになります。

うわ〜もう無理、と思ったらやることがあってもよっぽど急ぎでない限り、まず睡眠を優先させるようにしています。

多少支障があっても、負の連鎖を断ち切るほうが良いです。

 

他人と比べない

「あの人が頑張っているから、わたしも頑張ろう」

「わたしも頑張ってるんだから、あなたも頑張ってよ」

こういうセリフを言ったり言われたりすることはありますが、あまり気にしないようにしています。

状況もコンディションも違う相手と比べても仕方ないと思います。

急ぎのシチュエーションだったり、しんどくてもどうしても仕上げなくてはならないことはあると思います。

ただそれが続くとどんどん追い詰められてしまうので、「やらないこと」と「手を抜くこと」をどんどん増やして、

自分が本当にやったほうがいいことに力を注げるようにバランスを取りたいです。

自分にとって体力気力の続く力の配分は、まだまだ試行錯誤中ですが、他人と比べず自分や周りの幸せのためにもがいて得たい技術です。

他人と比べてどうか、という世界は、自分の中で少しずつ終わった、というか終わらせたい価値観になりつつあります。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

ミニマリストの簡単ご飯

料理が嫌いになりました

引っ越してキッチンの仕様が嫌だ!とかぶつくさ言っているうちに、料理イヤイヤ期を迎えました。

 

料理イヤイヤ期に入って1年半近く経ちます。

 

改善の傾向が見られません。

 

時折SNSで上がってくる、いかにも手の込んだ家庭料理のオンパレードを見ると、焦ったり恥ずかしくなったりする時もあります。

 

料理が好きだった時期もあるけれど、モノだらけになりました

今より時間に余裕があった時は、多少頑張ったり、料理をレジャーとして楽しんだりすることもありました。

 

ただその頃は今以上に家事初心者だったこともあり、片付けが滞ったり、食材を買い過ぎたり、一度きりの使用の食材ばかり増えたり。

期限切れでダメにすることが今よりうんと多かったです。

 

ミニマリストになって、使い切ることに全力を注ぐようになりました

今はそういう変わった食材が必要な料理はほとんどしませんが、ほとんど無駄にせず使い切れています。

イヤイヤ期は相変わらずですが、素材の味をそのまま味わうのが何よりの贅沢だと開き直っています。

 

塩、胡椒、オリーブオイル、ごま油、お醤油、だし汁。

 

時折ローズマリーの粉末や頂き物の魚醤など。

買ってきた食材に合う調味料を考えて、ぱぱっと何品か調理するようにしています。

 

ミニマム調理でも生きていけます

いちいち私は料理が嫌いだ!と宣伝したりはしませんが、家庭で作っているものを聞かれたら正直に答えます。

ジャガイモが大量にあるんだけど、ちやななら何を作る?などと聞かれることも時折あります。

こいつに聞いたら確実にズボラ料理しか出てこないと思われているのでしょうね。笑

 

私が家庭でジャガイモを使うなら、スライスしてオリーブオイルを垂らし塩コショウをふってオーブンで少し焦げ目がつくまで焼くのが一番簡単な上に美味しいと思います。

 

フランス人の普段料理は超簡単。難しい料理は好きな人に任せましょう

私はフランスが大好きでフランス料理も美味しいなと思いますが、彼らのお金も手間もかけない質素な普段ご飯を見て、あぁ普段から頑張らなくても生活は整うんだなと思いました。

 

具沢山、多品目、インスタ映え もいいですが、

誰もがしないといけないわけではないと思います。

自分が何もかもやらないといけないと思うと苦しいです。

そういうのが好きな何処かの誰かに、映える役割はお任せしてもいいと思います。

 



季節の食べ物が四季に応じて存在し、安く手に入るのが日本のいいところです。

 

凝ったことはしませんが、旬の食材もジャンクなものも好きですし、外食もします。食べたら歩くようにして、それなりに元気に生きています。

 

世界一周でもミニマム料理をしたい

世界一周の時も、あるもので美味しく済ませられる練習がなんとなくですが出来ていると思います。

世界中どこに行っても塩コショウはありますし笑、日本では高価な果物が安く新鮮に手に入る国もあります。せっかくだから新鮮な現地のものをいただきたい。

あと胃が疲れやすいので、味噌汁や昆布だし系の味のスープはあると疲れが取れるので、食べられない時用に持参ですね。

 

お気に入りのパン屋さんでバゲットを買ってきました。本当はすぐ食べるのが一番美味しいですが、食べきれないので買ってすぐにラップで包みジップロックをして、冷凍庫に保存しています。

 

ミニマリスト

 

お腹が空いた時、空き具合に合わせて解凍してオリーブオイルをつけて食べています。いいじゃないですか、それで。

 

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村