「ミニマム美容」カテゴリーアーカイブ

エレガントなセントレジスバンコク宿泊記 ELEMISスパ

今回の旅でやりたかった「経験」

今回は、一度は高級スパに行ってみようと決めていました(^^)

 

バンコクはお手頃でおしゃれな一軒家のスパがたくさんあるところも大好きで、毎回のようにリピートしているお店もあるのですが、そんなに高額なスパには行ったことがなかったのです。

今までそういうところに大金を払う必然性が感じられなくて、そこそこの金額でも気持ちいいサービスが受けられるんだからそれでいいじゃないと思っていました。それも確かにそうなんですが、ちょっと背伸びをしてみたくて(^^;

 

最近意識しているのが「上も下も見て知ったうえで、何が本当に好きか、何が心地いいのか知りたい。納得したものにお金を払えるようになりたい。」ということ。

なんとなくみんなそうしているから…とか自分はこんなもん…とかあんまり思わないで、一旦思い込みのブロックを外してみてから、メリハリある大人になりたーいというのが、30代の目標なんです。笑

 

わたしにとっての「ミニマリズム」「ミニマリスト」も多分、そういう方向。

最小限というよりは、「選択的優雅」みたいな感じ。

服は数は少ないけど、好きで似合うものを吟味するぞとか

家は狭くても、景観が美しい街がいい、とか

消費の話だけじゃなく、余計なお金使うよりいくらでも総資産が増える方がいいなとか、まあそんな感じで自分(たち)基準で、できる限り資源の最適配分をしたいんですよ。。

 

でもね、経験がないと、びびって冷静な判断もできず、変なものを掴んでしまいがち。それで小金を持ったりしたら、いいカモでしかない。

これから様々な選択をし続けなければならない中で、無駄金を使わないための練習が必要だと思います。

 

まあそんな感じで人生経験としてやってみたいなーと今回思いました(スパなぞ女性の嗜みみたいなものなので、いちいち理由をつけるのも可愛くないなーと思いますが。そういう性格なんですね)。

 

セントレジスに泊まるので、せっかくならとELEMISのスパを受けることにしました。


ELEMIS SPA

入り口から白を基調にしたエレガントさで。やはりセントレジスの館内と同じく、全体的に曲線が多いんですよね。わたし曲線フェチなので(ガウディとかフンデルトワッサーの作品みたいな、直線のない世界が大好き)、好みです。

コンサルテーションの用紙を記入して、希望メニューを改めて伝えます。

わたしがお願いしたのはELEMIS Free Style Deep Tissue Massageの90分コースなのですが、プロモーションでエレミスのホームケアがついてきました。

希望する効能について、アンチストレスを即選択。笑 普段あまり意識していないんですが…日本の、特に冬は、知らず知らずイライラしているみたいで。訳もなく落ち込むことも。

 

施術時間より早めにスパに来ることをお勧めされていて、スパの時間までジャグジー、サウナ2種類を楽しむことができます。

わたしは30分前くらいに行きましたが、もっと前から行ってもいいかもしれません。

ロッカーもまた可愛いのです♡ロッカーに当たる照明がホワンとしていて写真で改めて見ると素敵。

ご自由にどうぞ方式で、オレンジとジンジャーのホットティーやドライフルーツが置いてあります。

備え付けのアイテムももちろんELEMIS。

 

そして「施術のスタート時間にはここにいてね」と案内されたところが、めっちゃくちゃ可愛かったのです!!

タマゴー(>ω<)♡きゃーかーわーいーい。リゾート感があって、テンションが自然にアガる。

下ちらっと見えますか?下がジャグジーになっています。

階段を降りると、自由に使っていいと言われたジャグジーサウナエリアなのですが、上も下も全館貸切状態でした(>ω<)

一人とわかると、開放感がすごい。笑

嬉しくて時間ぎりぎりまで堪能してしまいました。

ジャグジーは温水と冷水があるのですが、冷水の方が上から水が降って来ていたので、一人で滝修行ごっこをして遊んでましたw 寒かったけど、スッキリして気持ちよかった!

待ち合わせのタマゴの中。居心地がよくて、もっといたかったです。

ここから個室(貸切だったので、ここも個室みたいでしたが)に移って施術スタートです。

技術については、最初はうーん?と思いましたが、徐々に呼吸が合ってくるような感じで、気持ちよく委ねて満喫しました。スタンダードなオイルマッサージでしたよ。首から腕、手首にかけてリンパを流すような動きをしてもらったのが特に気持ちよかったです。腕がゴリッゴリに凝っていて、自分でも引きました。。。

受付前でお茶をいただきました。

 

終始他のお客さんに会うこともなく、穴場感を感じました。できてそれほど年数も経っていないのでしょうか。ガイドブック等では、あまりお見かけすることはなかったように思います。

おかげで、心から一人の優雅な時間を堪能できました。

一人だったからこそ、特にサウナの中ではプラネタリウム(なのかな?)を見つつ、いろんなことを考えてました。気持ち良い空間にいると考えがまとまるまとまる。

良い経験をしたなぁと思いました。

終わった後は、買ったサンダルがゆるく感じました。特に脚がスッキリしました。嬉しい。

 

☆にほんブログ村に参加しています。

今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

旅好きミニマリストは歩くのも好きです

歩くことの効用は計り知れない。

このような記事を見つけました。

 

QOL(生活の質)に大きく関わるものとして精神の健康が上げられると思います。
少しきつめの運動であればドーパミンが多く出ると思うので、ウォーキングでなくても好きなスポーツでいいと思います。

ウォーキングのメリット

ただ、道具が一つもいらなくて、どこでもできて、日常動作の延長として取り入れられるという点で歩くことじゃすごく手軽で効果的なので、私はウォーキングを推します。
大きめの公園で早歩きしているマダムをお見かけしますが、公園に限らず、好きなところどこでもいいと思います。

ランニングだと心肺がきつかったり、膝や腰にくると大変だったりしますが、そういう身体に負担がかかるリスクが少ないのも良いところだと思います。

こちらで上げたように、私は時間さえあればどこへでも徒歩で行きます。歩くのも走るのも大好きです。
前々世あたりで参勤交代でもしていたでしょうか。それよりは伊能忠敬の伊能図作成メンバーの方がいいなぁ。なんてね。

 

わたしは落ち込んだ時(意外と悩むこともある。。。)、なんとなく心が元気じゃない時に、ちょっとお出かけする元気があれば、少し歩いてみて、まだいけると思ったらどんどん進んでます。

気がついたら10kmとか歩いていたりするので「私できるじゃん!」っていう自信になるんですよね。自信を取り戻すと、考え方も少しずつだけれどまともになってきます。

歩く方向は無計画だったりもするけれど、心がすさんだときはできるだけ綺麗なものや歴史ある風景を見たいなと感じますね。

例えば昔大名や名家の人が住んでいて大屋敷があったエリアとか歩いていると、癒されて回復していくのを感じます。昔から良い土地とされていたところは、時を経て姿を変えても良い土地だなーと思います。

(逆に気分が落ち込んでいるときに近づかないようにしているのは、うるさいところやテーマパークや大型モールみたいな、大衆向けに作られた商業施設です。なんかわからないけど虚しい気分になってきます。)

ウォーキングのデメリット

えーと、単調で続かないことでしょうか?あとはめんどくさい、とか。

でもそれを言い始めたら、面倒くさくない運動なんてあるのでしょうか。笑

車等で行動していると、時間がかかってまどろっこしいかもしれません。時間の無駄と感じるかもしれません。

確かに時間がかかります。だからこそ、贅沢な気持ちになるんだけどなぁ。ウォーキングにハマると、マイペースに歩く時間を作りたい!と時間がなくても捻出したいと感じるほどです。

 

ウォーキングは、「旅するように生活する」ことの第一歩だと思う。

ブログの紹介文にも書いているように、わたしは「旅するように生活したい」というのが人生テーマ(大げさ)。

車や電車で移動しているとわからない、街の点と点が繋がってくる感覚が好きです。なんだか安心するんです。

駅と駅の間に、その土地の色を感じられます。

まるで知らないところにきたような、新しい世界の広がりを感じるので、初めての道を通るのはワクワクしてしまいます。人があまりいないところも、お気に入り。

時間と気力が許す限り、進みます。

沈丁花が春を運んできました。香りを嗅ぐと、やっと好きな季節が来る…と泣きそうになります(大げさ)。

長く鬱々とした冬も、もう少しで終わり。

ダイエット、気分の高揚、ネタ作り。いいことづくめなので、一緒に歩きませんか?

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

にほんブログ村

 
インスタやってます。

運動嫌いこそ運動すべき理由。

世界のホテルジムシリーズ第2弾、多分シェラトンのジム。多分モルディブ、いやハワイかも…←いきなり自信なし。。。

 

みなさん運動はお好きですか?好きでしたか?

運動が好きで、小さい頃から継続して何かしらの運動をし続けている人はどのくらいいるのでしょうか。

わたしは25歳過ぎるまで運動が大大大嫌いなタイプでした!

どのくらい嫌いかというと、体育をサボりすぎて中学では成績表に2をつけられ、大学では出席日数が足りず留年しかけたほど(すみませんでした、なんとか免れましたが)。

球技と器械体操の類が特に苦手だったのです。モノを使いながら体を動かすというのが、無理(不器用)。

球技は部活をやっている子が大抵得意ですから、そういう子の影に隠れて息を潜めているタイプでした。

だから強制的に運動をしなければいけない時期を人生で過ぎて、心底ホッとしましたし「趣味で運動をする」なんてわたしには一生縁がないと思っていました。

スポンサーリンク


 

海外でフィットネスに目覚める

シンガポールのラッフルズホテル♪

 

シンガポールで暮らすことになり、最初は全然運動などしていなかったのですが、物珍しさも手伝い、つい食べすぎて体重が増えてしまいました。注※

注※毎日屋台でフライドホッケンミー☆ とか食べていない限り、シンガポールは諸外国に比べるとそれほど太りやすい環境ではないと思います。物価が高くて特にお酒はめちゃくちゃ高いですしね。でも美味しいですよ、フライドホッケンミー(^^)

 

このままじゃヤバイと思って食事制限で痩せようとはじめは考えたのですが、そこで気づいたことがありました。

日本人は太っていないがスタイルが良くない

日本人観光客を客観的に見て、とにかく気になったのが姿勢の悪さと腰の位置の低さ、太ってはいないけれどなんとなくフヤンとした体型です。

決して肥満ではないのですが、なんだかカッコ良くない。

わたし自身加齢による代謝低下も徐々に危惧していたので、このままでは重力に逆らえずたるんだ身体になることが目に見えていました。

逆に、豊かな国だったからか?フィットネス人口が比較的高いようだったシンガポール人(主に中華系)は、遺伝もあるのでしょうがヘルシー体型がカッコ良くてこういうのいいなーと思いました。

基本的にラフなカジュアル服あるいはボディコン系ワンピースの二択で、いずれにしろ露出度は高めでしたが、ほっそりした人もいれば丈夫な人も。それでも楽チンな格好で堂々と過ごしているところが、当時日本のゆるふわ文化に浸かり切っていた自分には眩しく映りましたねぇ。

ふわふわした格好で誤魔化すのって、なんか嫌だなと思ったのです。

シャツにジーンズみたいなシンプルで潔い格好が決まるようになったら一番かっこいいし、変にお金もかからない。服やアクセサリーもたくさん持たなくてもカッコ良くなる。そうなりたい!

そんな大人を目指したいと思いました。

 

日本にいた時に比べて時間も心もゆとりもできたので、いっちょ運動を本格的に初めてみるか!という気持ちになりました。

 

遺伝を乗り越える?筋トレパワー

筋肉や骨格は遺伝的な要素がどうしてもあり、例えば身長を変えることや脚を伸ばすこと、頭蓋骨を小さくすることとかは基本的にはできません。

 

筋トレをしばらく続けると、お尻の位置が上がるだけで脚が長く見えるようになりました(自分比)。

また腕が締まってほっそりしてくると、ノースリーブを着た時に全身が細く見えるというマジックを覚えました(逆に腕がぽっちゃりしていて腕を出すと、全体がぽっちゃりに見えたりします)。

普段から筋トレを頑張っていることが自信になることに加え、体型が整ってくることで自分に自信がつき、行動も自信がついてくるように感じました。

汗をかくことで、ネガティブな気持ちもその都度洗い流される気持ちです。

 

「運動が昔から好きだった人は、こんな気持ちだったのか!?」と目から鱗で、学生時代から運動に打ち込んでいる人を見て、意外な事実に気づきます。

 

かつてのスポーツ万能クラスタの多くが、運動嫌いになっている

部活で活躍していた人たち、体育祭のスターだった人たちが、「運動?めんどくさい、嫌い…」とおしなべて言うのです。

え、あれだけ好きそうだったのに、どうして?という気持ちになりました。

ついでに言うと特に男性は、社会人になってから動かなくなった上に、飲み会や接待で摂取カロリーが増え、30歳前にかなり容貌が変わってしまった人が多いです。同窓会で軽く衝撃を受けます。

かつては部活に打ち込んでいたのに運動を全くしなくなったと言います。

 

それでさらに話を聞くと、どうやらそういう人たちの中には「学生時代の部活動」でガリガリやらされすぎた反動で、自主的に運動する意欲がわかなくなってしまったという人が結構多いことに気づきました。

 

今からの運動習慣が大事なのに

本来、部活は体力増強目的と、礼儀や上下関係などを学ぶ場所。それに加え、将来に渡って運動習慣をつけるきっかけにもなりうる場だと思うのです。

テニスをやっていたらテニスサークルは年代問わずたくさんありますから、そういった集まりに参加しやすくなる、と言ったように、生涯学習にもつながっていくのが理想的だと思います。

わたしは学生時代得意だったスポーツや好きだったスポーツがないので、球技ができる人がすごく羨ましいのですが。

それが、部活で引退までしごかれて、365日のほぼ全ての日を費やし、理不尽にも耐え…ということを、好むと好まざるとに関わらずやらなくてはいけない部活制度で、健全なスポーツの楽しみを忘れている人の多さに驚きました。

 

わたしが好きで1回10キロ以上走っているというと驚かれることが多々あります。ほとんどの人から絶対嫌だと言われます。

多くの人は、学生時代運動をことごとく避けてきたわたしより長距離を走った機会を持っています。強制的にやらされて、辛いトラウマになって走ること=苦行になっている人がものすごく多くて少し寂しい気持ちになりました。

 

部活の毒牙にやられていない人は、大人になってからがリベンジのチャンスです(?)

体育系のイベントで尻込みして嫌な気持ちになっていた文化系の方は、今がチャンスです!と思います。

もうあなたがノロノロ走っていようが、ヘナチョコな動きだろうが、笑う人は誰もいません。

運動することは歳を重ねるほど、趣味と実益を兼ねるようになります。健康面でも、外見面でも、元の外見や体力にかかわらずいかに筋力を維持していくかが、老後のクオリティオブライフに直結していくのです。

今まで運動をしたことがなかったからこそ、まっさらな気持ちで自分に合った運動を続けられれば良いと思います。

 

続けられればずっと若々しくいられるはず。

 

昔の自分にリベンジする気持ちで、これからも運動を続けて行きますよー!

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


ダイエット宣言

いわゆるデブ活の冬

 

私、太ると言われる旅行中でも、体重が増えないタイプだったんです。

体質というより、運動量的に。

現地の美味しいものをいろいろいただきたいから、その分観光も兼ねてめちゃくちゃ歩くし(1日20キロ以上歩くこともザラ)

世界のホテルジム巡りも趣味なので、朝イチまたは寝る前にジムで汗を流すのが日課。

 

上海のメリディアンのジム

 

厳しい寒さ、精神的なショック、蓄積された疲れ…(以下言い訳続く

 

去年の今頃に比べて運動量は減り食べる量(特に夜)が増えています。

 

特に、甘いものとしょっぱいもの!

 

グミとかチョコとか漬物とか、気づくとバリバリ止まらず食べ過ぎていました。

 

あと、嫌なことをお酒でごまかしたりだとか。

神戸のオリエンタルホテルの系列、有楽町の6th by Oriental Hotel お気に入りです。この日はスナックと一緒にアペリティフを楽しみました。夕飯前の時間、賑やかでした。また行きたい。

 

悪魔の飲み物。ストロングゼロは色々なことをどうでもよくさせます

 

めっきりお酒が弱くなった昨今の私では、ほろ酔いで気持ちいいのは一瞬。

眠いだるい、何もする気にならないでダメ人間まっしぐらです。何もやらなくていいならいいけれど、そうともいきません。

 

うぅ、身体が重いです。

 

多少食べたりだらけているときに幸せを感じるだけで、思考も行動も判断力も鈍って、全くいいことがない、と先日の記事の通り天中殺が明けてかようやく正気に返った感じです。

 

ダイエット宣言。

 

正気に戻ったところで、こんな生活続けていてもいいことが何もないので、身体を絞って健康的に痩せると決めました。
これから挙げていく、今まで体型キープのためにやってきたことを、きちんとやるようにしようと思います。

スポンサーリンク


 

ランニング:10km以上週2ペースで

走ることは基本的には辛いけど楽しい。しんどいですがスッキリするのでストレス解消になります。走れば気持ちいいのですが…耐えられないほど寒かったのです泣

 

特に手が寒過ぎて凍えるので、ランニンググローブを買うことにしました。

走るのが苦でなくなれば安いものです。

10キロ少々を週2回は走れるように、平日一本、休日一本の感覚で走ります。

 

ちなみに…全く無音で走るのは苦手です。あえて聴かないこともありますが、何か音がある方が好きです。

公式競技ですと音楽を聴きながらは禁止だそうですが、そんな大会に出ることはないですから好きなペースで好きな道を愉快な音楽を聴きながら好きなように走ります。

走りやすいテンポの曲を探すのもお宝発掘気分で楽しいです。

退屈しないよう、音楽聞き放題を使っています。今やこれなしにわたしのランニングは続かないでしょう。

 

夜食べるのを控える

胃が弱い体質です。ただでさえ消化が苦手なのに、夜食べたものを消化するのは至難の業です。

 

夜食べないと、身体が本当に軽いです。

まず寝起きに差が出ます。

 

体質的にどうも胃が重いと、休ませるために人一倍眠らないと回復しません。起きるのが辛くてたまらないのです。

休みの日などは胃の回復で半日潰れることも多々。

 

たまにはいいけど、あまりにも胃が重い日が多すぎるので、いい加減辞めようと思います。

 

その代わり、朝などにたくさん食べます。好きなものはできれば朝にいただきたい。その方がむくまなくていいです。

そのためには、朝ゆっくりたっぷり好きなものを食べるだけの時間と気力を確保しなければいけません。

早起きできるようにも、夜の食事を控えめにして良い循環を作っていきます。

ほんとはもっと食べられます

 

タンパク質を意識して摂る

わたしは鬱々した気分でいる時や寒い時、なぜだか甘いものあるいは糖質全般や、塩辛いものを過剰に欲します。

 

口にすると呼び水になってどんどん食べたくなって、気づいたときには一袋食べ切っていて呆れてしまいます。そして浮腫んでなんとも水分過多な重たい体になってしまいます。

 

なのでタンパク質と良質なオイルを意識的に摂って、満足感の得られる食事をしようと思います。

 

冬季うつもタンパク質を多めに摂ることが予防になると聞きました。

 

 

筋トレ、ワークアウト:週4回40分程度

 

今のままではスポーツジムに寄付している気分なので、筋トレ等のワークアウトも再開したいと思います。

 

モノが多かった時代、ワークアウトDVDをあれこれやってみては全然続かなかった過去があります。

やっぱりトレーシーメソッドが一番好きです。

導入ならジャパンベーシックを。

一番好きなのは初代です。音楽と負荷の加減が好き。

クラシック音楽がBGMで穏やかなのにきついですが、お腹にはダントツで効きます。もともと出産後の体型戻し用に作られたDVDです。

 

筋トレがだるくて継続的にできないのであれば他の点で生活に改善点がある、と考えて「筋トレの続く生活ルーティン」を模索したいと思います。

 

 

無理はしません。痩せている状態が当たり前の思考と行動を自然にできるよう仕向けるのが目的。

結婚式前だの何か一生をかけて(?)自分を人前に晒すイベントがあるわけではないですし、どうせ続かなくなるので、決して無理はしません。

無理しないと維持できない体重は、その人にとっての適正体重ではないように思います。

自然な生活習慣が、太らない生活スタイルであるように矯正をかけていくのが、結局一番楽で続きます。

 

そのためには思考を変えて行動を変えていくしかありません。

健康的なスレンダーになったつもりで生活する

わたなべぽんさんのスリム美人シリーズはまさに典型ですが、「理想の体型、理想の生活の人」になったつもりで、「そんな人ならどんな行動をするかな?お菓子ドカ食いはあんまりしないだろうな。身体を鍛えて気持ちよく汗を流すことは習慣になっているだろうなー」と、自分の行動に対して徐々にマインドコントロールをかけていくのです!

 

体重よりも見た目を重視することが長続きの秘訣

体重計は目安にはなりますし数値が下がると単純に嬉しくなるものです。否定はしませんが、実物のバランスの方がより大事だと考えています。

どうしても運動が嫌いなら仕方ないかもしれませんが…締まった身体の方が好きですし、歳をとって筋肉が落ちてきたときの体力低下と見た目の劣化をゆるくするためには、まだ動ける今から筋肉を動かす練習をしておいた方がいいと思うのです。

いよいよやばくなってからでは今辛いのと比べ物にならないくらい辛いかと…

単純に、ただ食べるのを控えて体重を落とした身体よりも、筋トレで刺激を入れた身体の方が個人的に好みだというのもありますしね。遺伝的に嫌な部分なんかもボディメイクで多少バランスをよくすることもできますし。ただ体重を落としただけだとなかなかそうはいきませんからね。

 

 

つべこべ書きましたが、今日から身体を絞る行動を始め、維持する仕組みを作ります。

●月までに●キロ痩せます!という宣言をすれば激しい追い込みになって非常に効果的なのですが、それはしません。

燃え尽き症候群に陥る危険が高いからです。

一時的に痩せただけではほとんど意味がありません。

 

寒さとストレスで追いやられてしまった「良い生活習慣」を取り戻し、さらに続けやすいよう改善していくことが目標です。今年の大寒波により、寒さでダメになることもよく学んだのでそれも含めて対策していきたいです。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ

にほんブログ村

スポンサーリンク


冬旅は健康管理が一番。

寒いだけで体力が奪われる

今年に入ってますます寒くなり気温差が激しくなり、身体を慣れさせることがなかなかできません。

バイオリズムもあると思いますが、最近どんどん体力的にしんどくなってます。泣

 

基本的に冬が嫌いです。雪やイルミネーション、鍋、こたつ(持ってませんが)でみかんなどに情緒を感じる前に情緒不安定になります。

 

冬は、過ごしているだけで体力が奪われるのに、クリスマスに大晦日にお正月に節分にバレンタインに…と、やたらとイベントを推されます。ぜんぶに前のめりになっていると、胃が休まらなさそうですし、気を付けていないと丸々と肥えてきそうです。

 

そんな冬に旅行に行く事自体、本当は向いていないのかもしれませんが、冬の旅でわたしが気をつけていることを書きます。

冬旅で気をつけていること

晩御飯を食べない、または減らす

わたしは胃が異常に弱い体質です。特に夜食べたものを上手く消化できません。冬は特に消化できないことで疲れてしまいますし、体重も増えやすくなるので、旅行中は朝とお昼にしっかり食べて、夜は軽くするようにしています。

もちろん時にはディナーを楽しみたい時もあるので、しっかり食べる日もあります。ただ毎日にはしないようにして胃を適宜休ませます。

フランスの冬。牡蠣海老など、海の幸を食べました。

 

お酒をほどほどにする

ミニマリスト 冬旅

(といいつつスペインの市場でなみなみ赤ワインを飲むの巻。)

ヨーロッパはワインとチーズが安くて幸せな気持ちになりますし、蒸し暑い東南アジアで辛いものを食べながらビールを飲むのもすがすがしい気分になります。

が、調子に乗って毎日飲んでいると、胃は疲れるし朝起きるのもつらくなってきます。ただでさえ時差ボケで体内リズムが崩れやすいのに、ますます時間感覚が狂ってきます。

起きれなくなると予定がどんどんずれてきてしまうので、お酒はできるだけ翌日急がなくていい日に楽しむようにします。

 

あとお酒を飲まない代わりに炭酸水を飲むとすっきりして満足します。身体の巡りを助けてくれて体調管理にも役立ちますし、炭酸水は旅行中たくさん飲みます。

ペリエやバドワが好きです。

レモンをキュッと絞ったペリエは疲れたときやカフェでコーヒー以外を飲みたいとき。

バドワは優しい炭酸なので食事と一緒に摂るのが好きです。


睡眠第一

セントレジス@ローマ

暑い国、暑い季節の旅行であれば日も長いですし、多少睡眠時間を削っても貪欲に遊ぶこともありますが、寒い時は暑い時以上に睡眠不足がダイレクトに響きます。

あれもこれもと詰め込まず、夜は遅くまで出歩かず早く寝るようにしています。

日が落ちるのが早く、あまり知らない国で夜道をフラフラ歩きたくないですしね。

時差ボケで早朝や変な時間に目覚めることもよくありますが、そんなときはぼーっとするか、ネットで調べものするか、開いていればホテルのジムで身体を動かしてます。

食べ過ぎになりがちなので、ホテルのジムは必須です。世界のホテルのジム巡りが趣味になってますね。

 

こんな感じで冬の旅を過ごしています。
特に夜の活動の省エネをはかるため、予定をつめこみすぎないこと、
食べ過ぎ飲み過ぎを暑いとき以上に控えること、
ジムで筋トレなどは意識的にすること
このおかげで楽しく過ごせていると思います。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へにほんブログ村