「シンガポールのこと」カテゴリーアーカイブ

シンガポール ヤクンカヤトーストが好きすぎる件。とコイティー

カヤトーストが食べたくて仕方ない。

シンガポールの朝食及びおやつとして長年愛されているのがカヤトーストです。

トースト(お店によって薄切りだったり厚切りだったり)にカヤジャムというココナッツ、卵、砂糖でできたジャムと薄切りのバターを挟んだもの。

そのまま食べてもカヤジャムの甘さとバターの塩気がマッチして美味しいのですが、

一緒に注文した生卵にお醤油を垂らしてかき混ぜ、

カヤトーストをそこにつけて食べるのが大好きです♡笑

海外で生卵…抵抗ある方も多いかもしれませんが、気にせず食べちゃった。今回も。

 

わたしはカヤトーストが大好きなのですが、数あるカヤトーストを食べられるお店の中でも行くのはいつもヤクンカヤトーストと決めています。ここのトーストは超薄切りなのです。

薄切りトーストをこれでもかというくらいカリッカリに焼いてくれるのがたまらなく美味しいです。

 

単品で2ドルくらい、ドリンクセットで4ドルくらいからで、とてもリーズナブル。

Copi(ドリンク)の頼み方

あ、ここで出されるコーヒーはコピ(コピーと同じイントネーション)と言いまして、

Copi=砂糖とコンデンスミルク入り、標準で出てくるもの。

Copi O(コピオー)=砂糖入り

Copi C(コピシー)=砂糖とコーヒーフレッシュ入り

コピオコソン=ブラックコーヒー

と言います。カヤトーストも甘いのでわたしはコピオコソンを頼むことが多いのですが、基本的に激甘な味つけが前提のコーヒーですので、ブラックだとかなり苦いですので悪しからず。。

 

 

今回の滞在ではドビーゴート駅直結のプラザシンガプーラ店に行きました。4階の新館にあります。

※営業時間は毎日8:30〜21:45

カヤトーストを食べる人だけでなく、結構コーヒーだけの人も多いです。スタバが4ドル前後からの国で、トーストとドリンクを合わせてもそのくらいで楽しめるので、カフェ需要としても高いです。

 

店舗は基本的に混んでいてあまり広くなく、アジアのローカル感が強いのですが、オーチャードセントラル店は広々して綺麗な店舗なので、10時開店で朝は開いていないのですが、ゆっくりくつろぎたいときはオススメです。

※営業時間は日〜木10:00〜21:00、金土10:00〜21:30

 

おまけ:KOI The

台湾発祥ですが、KOI Theが大好きです。東京ではゴンチャが人気ですね。シンガポールにもゴンチャがありましたが、わたしはKOI派でした。前はKOI cafeって名前だったような気がするのですが。

プラザシンガプーラ店。

プラザシンガプーラ店は以前は普通のイートインスペースがあったのですが、テイクアウェイのレジとは別のKOI PLUSという高級路線のカフェスペースに変わっていました。

くまちゃんいっぱい♡

もっぱら、ここではLサイズをテイクアウェイして、炎天下の中道中ぐびぐびと飲みまくるのがお決まりです。

Lサイズ。

パッションフルーツグリーンティーが大好きです!

グラスジェリー(仙草)トッピングもお気に入り。

ぜひ東京にも進出して欲しいです^^(沖縄にはありました!)

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール チャイナタウンでパワーチャージ観光

チャイナタウンを満喫の巻

シンガポール旅行中にした旅行らしいことのひとつが、チャイナタウン観光です。

チャイナタウンと言えば、パゴダストリート。お土産屋さんが沢山あり、とにかく人の多い通りです。シンガポールで一番混んでいるかもしれません。

そしてアジアの中ではコピーライトにうるさそうなシンガポールですが、この辺りの売り物はは無法地帯気味。ケアベア並みにカラフルなリラックマ的な何かとか、沢山売ってます。

 

SONG FA bak kut teh バクテーご飯

 

シンガポール名物の中でも最もお気に入りの一つ、肉骨茶(バクテー)。胡椒とにんにくがたっぷり入った骨つき豚肉のスープを、ご飯や揚げパンと共にいただく料理です。

肉骨茶を出すお店の中でも最も有名な人気店、ソンファバクテーのチャイナタウンポイント店でご飯を食べました。いつ行っても混んでいますが、回転が早いので行列のわりにすぐ食べられます。

 

どーん

見かけは豪快ですが、この荒っぽいお肉と胡椒のきいたスープがたまらないのです♡

ポークリブは手づかみでガシガシいただきます。スープはガンガンおかわりをくれます。

元気が湧いてくる一品。あー、見ていたら本当食べたくなりました^^;

赤坂のバクテー屋さんに行こうと思います。近々。


ちなみにチャイナタウンポイントは、チャイナタウンでは数少ない、心配なくお手洗いを使える綺麗なショッピングモールです。

チャイナタウンは全体的に古いお店や小さいお店が多いので、お手洗いに困った時はチャイナタウンポイントに行かれることをお勧めします。

マッサージ 養心殿、Kenko Wellness

パゴダストリートから横断歩道を渡った向かい側に、こんないかにもチャイナタウンなショッピングモールがあります。

People’s Park Shopping Centre と People’s Park Complex

2つのショッピングモールは、マッサージ屋さん、旅行代理店、屋台、ほくろ取りなどが集中しています。

上の写真の横断歩道を渡って真正面の、 People’s Park Complexの3階入口近くにある、養心殿というマッサージ屋さんがお気に入りです。

非常にリーズナブルで(マッサージ1時間30SGDしなかったと記憶しています)かなり痛いですが、ツボにしっかり入る感じの痛みで、むくみがすっきりします!強いマッサージが平気でしたら、こちらのフットマッサージはシンガポールの中で最もおすすめです。

残念ながら、今回は予約なしで行ったら入ることができませんでした。夕方以降や休日は混むので電話をおすすめします。受付のお姉さん物腰柔らかい方ですよ^^

養心殿(Yang Xin Dien)

1, Park Road, #3-12

営業時間:11:00~21:00

電話:+65 6536 6587

 

養心殿に行けなかったので、シンガポール国内でチェーン展開しているKenko Wellness Spaに行きました。ケンコーって健康のことでしょうか?

赤いソファとクッションが中華っぽいかな。

Kenkoはどちらの店舗を利用しても、安定して上手な方が多いです。お値段もそれなりですが(激安マッサージと比較すると2倍くらい違ったりします)、比較的綺麗な店舗が多いです。

あとサマセット店など、店舗によってはフィッシュスパ(魚に足の角質を食べてもらう)もできますよ。

こちらも養心殿と同じく基本的に結構グリグリとツボを押す感じなので、強めがお好みの方にお勧めです。

Kenko Wellness (South Bridge)

住所:199 South Bridge Rd

営業時間:10:00〜23:00

電話:+65 6223 0303

 

チャイナタウンフードストリート。半屋外でわいわいガヤガヤ飲食店が立ち並んでいます。

 

味香園甜品でかき氷

チャイナタウンのシメと言えばやっぱり味香園のかき氷ではないでしょうか。

注文レジ。後ろの日本語は日本人の校閲が入っている感じがします

マンゴーシェイブアイス。あー、これがずっと食べたかったです♡

マンゴー大好きですね。

 

今では大好きなチャイナタウン

楽しい観光スポット、チャイナタウン。

 

シンガポールに住み始めた当初、チャイナタウンはちょっと苦手でした。

 

今思えば、春節(チャイニーズニューイヤー)直前に引っ越したものですから、最もチャイナタウンが賑やかで。。。装飾と音楽がすごかったからだと思います。

シンガポールのCNYを代表する、最も中毒性が強い一曲を貼っておきます。


チャイニーズニューイヤーっぽい音楽はチャイナタウンに限らず、シンガポール全域、もっと言うと中華系の多い場所なら世界中どこに行っても流れているかも。

 

横浜や神戸の中華街は、その時期は訪れたことがないのですが、きっと賑やかですよね。神戸は子供の頃、横浜やみなとみらいは、東急東横線を使っていた頃は結構遊びに行きましたが、そういえば最近ご無沙汰です。

来年あたり、春節を味わいに行ってみようかなと思います。

 

ちなみに、今回の旅のガイドブックは何冊かチェックしたのですが、こちらのハレ旅をチョイスしました。ここを載せるとはお目が高い!とか、ここ行ってみたい!と思うようなお店が、一番凝縮されて載っていました。シンガポール観光の参考に是非。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

セントレジスシンガポール Astor Bar

Astor Bar

セントレジスの1階にあるアスターバー。

宿泊時、夜に訪問しました。

煌びやかなカウンターに、所狭しと並べられているリカー。

大して飲めないくせに、バーの雰囲気は大好きですねぇ。家ではお酒をあまり飲まないし、コレクションしたりしないのですが、お酒のボトルが並ぶのを眺めているのは好きです。

 

セントレジスシンガポールはラウンジがないのですが、代わりにアスターで1日1杯無料でお酒をいただけました。

ソファ席。かなり暗がりで、落ち着ける雰囲気でした。

 

初日は、到着祝いのシャンパン。

 

ホテルのロビーにも絵画などがたくさん飾られていましたが、こちらのバーの中にもピカソの作品などが飾られていました。

 

絵画を観たり、ピアノと生歌の演奏を聴きながら、置いてあった世界のホテルを紹介した写真集を眺めていました。

のんびりとお酒を楽しめて(飲むの遅いんです)、ほろ酔いで気持ちよく客室に戻ったのでした。

 

1日目に一人でPC作業している人を見かけたので、2日目はPCを持って一人で飲みに行きました。

アスターのシグネチャーは、ブラッディーメアリーとのことでしたので頼んでみました。塩気が効いていてなかなか濃いカクテルでした。

 

ただ…この日はタイミングが悪かったのか、団体客の話し声が大きくて、まぁびっくりする位とにかくよく飲むので、作業どころではなかったのが正直なところでした。。。せっかくの生演奏も、かき消されてしまうほど。

 

そしてお酒を飲むような場所でのおひとり様が得意じゃないんだなぁ、と改めて思いました。誰かと行くのがいいなぁ。

まあそんな日もありますね。日々勉強だわ。(違)

Astor Bar


住所:29 Tanglin Road, The St. Regis Singapore, Lobby Level
電話番号: +65 6506 6859
営業時間:12:00〜2:00

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

セントレジス シンガポール

Arrival。グリーンにちょっと赤味がアクセントで入ってたり、照明の感じがとても可愛い。帰ってきたよ!

はい、世界一好きなチャンギ空港に帰ってきました。

 

タクシーで滞在ホテルへ。

空港からシティに向かうこの光景が、何度通っても大好きです。

文字通りの「ロードムービー」を撮ってみました。後半ふわーって観覧車やサンズが出てきます。

 

St.Regis Singapore

シンガポールのセントレジスは住んでいた頃から行ってみたかったところの一つでした。

宿泊以外でもアフタヌーンティーがシンガポール内でも人気のホテルですが、行く機会がないままでしたので、ぜひと思っていました。このロビー…見覚えがありませんか?

…米朝首脳会談のために金正恩氏が宿泊するホテルということで、ニュースにバンバン映ってましたね。笑 金委員長は当初フラトンに宿泊すると聞いていたので驚きましたねー。ちなみに2015年の中台首脳会談では習近平国家主席が宿泊していたそうです。

 

シャンデリアと、壁に飾られた絵画が印象的です。館内のアートツアーのサービスがあるほど、セントレジスシンガポールはアート作品がたくさん展示されています。

螺旋階段が可愛いけれど、これは映っているのを見ませんでしたね

 

お部屋の中

全体的に「こっくり」した色合いが素敵なお部屋。

コーナーソファがお気に入りで、滞在中残念ながらあまり体調が良くなかったのでここで長い間ダラダラ過ごしていました。

ベッドの壁面には上品なシノワズリ風の絵。ダイニングルームなどもですが、シンガポールのセントレジスは中華の雰囲気がミックスされていますね。

ミニバーをのぞいてみる。KOKAってタイスキのコカレストランでしょうか?

TWGが4種類入っていてうれしいです。イングリッシュブレックファスト、グリーンティー、カモミール、ウーロンだったかな。このTWGのボックスかわいいなー♡

 

その他バトラーサービスがありますので、アールグレイなど他の味もお部屋に持ってきていただけます。

到着してほっと一息、二人でコーヒーブレイクしたり
ひとりお茶タイム&パソコン仕事タイムにしたり。

 

ソファはゆったりしていましたが書斎スペースの幅が狭かったので、パソコン作業などはベッドサイドのオットマン付きのチェアでやりました。

書斎、テレビスペース

こちらからは景色を堪能できました。セントレジスがあるタングリン地区はオーチャードの西側で、緑に囲まれた高級住宅が立ち並ぶエリアでもあります。

初めてタングリンに来たとき、昔訪れた軽井沢の住宅地を思い出しました。気候が天地ほど違うんですが。

バスルーム。優雅な雰囲気で好きです。

SNSの金正恩氏の偽アカウントが、「この風呂は落ち着かない。」ってつぶやいているのを見て爆笑しました。落ち着いてくださいな^^;しかし両首脳、緊張気味でしたね。。。

鏡にテレビがついています。

 

アメニティはルメードゥ。今回はルメードゥスパにも行ってみましたので、別記事にしますね。

 

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール オーチャード裏道散歩

シンガポール時代はオーチャードロードにほど近い通りに住んでいたのですが、旅の間は懐かしくて周辺の道をあちこち歩いてみました。

 

ここはオーチャードの西側、タングリンロード。通り沿いのタングリンモールはどちらかというと欧米人が好んで利用するショッピングモールです。確かに中に入っているスーパーや本屋兼雑貨屋さんなどがなんとなく広尾のナショナル麻布マーケットに似ている気がします。

シンガポールのタクシーはエリアにもよりますが、原則タクシー乗り場から乗車します。オーチャード界隈はショッピングモールなどに乗り場があるので、そちらから。

 

タクシー乗り場などに大きく書かれている”Q”の文字は「並ぶ」の”queue”の略語。

 

そういえば帰国後知ったのですが、queueってイギリス英語なんですね。アメリカ英語だとstand in lineっていうらしいんですが、「キュー」で済む方が便利じゃないですかね。

こういうテラスハウスの家はシンガポール東部カトン地区の通りがガイドブックなどでも有名ですが、オーチャードやサマセット界隈でも通りを一本入るとそのようなお家を見ることができますよ。(写真はDevonshire roadという短い通りです)

オーチャードという名前の通り、もともとこの一帯は果樹園と一軒家が並ぶ高級住宅地だったそうですが、初代首相リークアンユーがオーチャードを一大ショッピングストリートにするぞと音頭を取り、今では東南アジア随一のショッピング街となりました。

数あるモールの中でもION Orchard(イオンではなくアイオン)はもっともきらびやかな外観。ハイブランドからファストファッション、TWGカフェからフードコートまでなんでも入っています。

Grange Road(あえてオーチャードロードの裏を歩く)

一応オーチャードロードも載せておこう。ここだいぶ端っこですけどね。。

Clemenceau Avenue(オーチャードから川沿いのクラークキー方面につながる通り)

Oxley Rise(Clemenceau Ave.から上に上がった、建物を挟んでPenang Roadと並走した通りです)

Oxley Roadは先述のリークアンユーの自宅があった通りです。

とても静かな住宅街で、昔のオーチャードの面影を感じられる気がします。オーチャードロード付近の中でも、Oxley周辺は散歩していると穏やかな気分になるので好きですね。

 

この辺りの最寄駅、ドビーゴート駅の前に、イスタナ公園があります。

夜はここがライトアップされて綺麗です^^

この公園の向かいにはイスタナ(大統領官邸)があります。もともとイスタナはマレー語で宮殿という意味だそうです。

アーチが可愛くてお気に入り。

そうそう、イスタナ公園では彼女のインスタ映え写真にお付き合いする男の子が結構いました。

シンガポールの若い男の子はニコニコしててとにかく優しい!あまり「いきがってる」ような男の子は見かけません。

おじさんも一見無表情で気難しそうに見えて、実は気のいい陽気なおじさまが多いように感じます。わたしはシンガポール男性好きですね。

 

プラザシンガプーラのコールドストレージは住んでいた頃毎日のように通いました。

こちらと、スコッツロードのフェアプライスファイネストと、伊勢丹のスーパー、あとは日本人スーパーとして最も有名?なリャンコートの明治屋で日々の食料を調達してました。懐かしくて思わずお買い物してしまいました。久しぶりにセルフレジをやってちょっと緊張した。笑

 

観光もマリーナあたりとボタニックガーデンでちょっとやりましたが、こういう昔の日常を思い出すような滞在も、住んでいたところならではで楽しいものですね。

 
☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村
 
インスタやってます。