ちやな のすべての投稿

1988年生まれ。 都内で二人暮らしするアラサー夫婦の妻。ミニマリスト。 世界一周とシンプルで豊かな生活を目指しています。 好きなもの:スッキリした部屋、ホロスコープ、ランニング、散歩、本当に欲しいものを一点買いすること

【ミニマリストワードローブ】パーソナルカラーを受けた結果

パーソナルカラーを受けてみました

似合うものだけ、厳選して服やメイク用品を選ぶために、パーソナルカラーは前からずーっと受けてみたかったんですが、人気がありすぎて近郊で受けられそうなところがなく、やっと大丸松坂屋のファッションナビで予約ができたので受けることができました。

 

同じくファッションナビで骨格診断を受けた時の記事はこちら。

骨格診断と同じく、パーソナルカラー診断も45分で診断からアドバイスまでやっていただきます。

正確に診断を出していただくために、恥をしのんで完全すっぴん、髪も予約日まで美容院を控えて地毛が見えるプリンで向かいました…。

 

カラー診断は白系、赤系、青系など色の系統ごとに、各シーズンの代表的なカラーのドレープをあてて顔写りを見ていきます。

肌や手のひら、目、髪の色を見たり、あれこれドレープを当てていただいた結果、わたしはサマーでした。

悩まれるかと思ったのですが、1枚目のドレープからブルーベースですね、あ、強い色はダメですね、と予想よりサクサク。

なんで悩まれるんじゃないかと思ったかというと、髪は地毛はかなりダークな黒髪ですが、目の色はだいぶ明るいほう(小さい頃から日差しに弱く、フラッシュ写真で周りの人より目の色が飛ぶタイプ)だし、血管の色は紫も緑もあるよ…?(←ネットにブルベは紫、イエベなら緑っぽく見えると書いてあった)、手のひらもピンクなのかオレンジなのか微妙な色…と自己診断していたからです。

血管の色とか、あんまり関係ないらしい。

 

サマーはブルーベースですね。前にカラー診断の話題が上った時の、友人たちの見立ては正しかったようです。

自分は↑の記事で、「サマーはないと思う」と言っていたくせにねぇ。

むしろイエローベースかと思っていたくらい。黄色人種なのでそりゃ多少黄色いんですが…。サマーの代表的な色の一つ、ラベンダーカラーを着ると死人のように顔色が悪くなる気がして、サマーではないだろうと思ったんですよね。

診断していただくと、サマーの中でも、かなり薄色推しのサマー。

↑丸がついているのが、特に似合う色です。

セカンドシーズンはスプリングでした。ポイントは、黄色味が少ない色であることと、淡い色であること。

 

消え入りそうな色のサマー。

そして骨格診断はウェーブ。

…弱そう…。笑

 

 

カラーがサマーで、骨格がウェーブの芸能人をググってみると、

石田ゆり子

黒木瞳

綾瀬はるか

大島優子

戸田恵理香

宮崎あおい

押切もえ

壇蜜

壇れい

おやまぁ。透明感の代名詞のようなお名前がずらり。

実際の性格は存じ上げませんが、パッと見なんとなく儚げな人が多い感じ。

 

自分はというとまぁ結構な内弁慶で、気を許した相手との会話は半分は冗談かなってくらい、ふざけたことばかりしたり言ったりするのですが、あまり親しくない人からは自分が想像している以上におとなしそうとか弱そうに見えるようで、そういうの影響しているのかも。。緊張しいなので、つい声も小さくなるしなぁ…笑

で、その割に意見とか求められればはっきりしゃべってしまうので、「意外と言うねぇー」なんて言われがちです。またそれが良い方に作用すればいいのですが、あまり自分のことを知らない人から見てなんか妙な感じなんだろうなー、キャラがつかみづらいと言われるんだろうなーと予想します。←めちゃネガティブ

 

パーソナルカラーに合った服

過去の自分の写真から、PCと合致している私服をいくつか挙げてみたいと思います。

これすごーく気に入ってました。襟付きノースリーブは骨格的にも似合いやすく、顔色も明るく見えるし花柄の色合いも気に入っていて、ボロボロになるまで着倒しました。

 

淡いグレーの薄手の羽織ものは、毛羽立ちもあまり起きずあまりにも使いやすいので、春夏の定番としてもう5年はヘビロテで着ていると思います。そんなに着ているこの服、実はユニクロのセールで500円で買ったもの!5年も経つと穴やほつれが出てきましたが、自分で修復してまだ着ています笑

 

こちらのストールもすごく気に入って5年くらいヘビロテしていました。ペイズリー風の柄(写っていませんがハートなども入っているオリジナル柄)がエスニック風で可愛いし、全体的に青っぽくくすんだ色合いが肌に馴染むので、使いやすい柄アイテムNo.1でした。

一緒に写っているバッグもちょっとエスニックっぽくて、このストールとバッグの組み合わせがテイストも色も調和していて大好きでした!両方使いまくったのでボロボロになり処分しましたが。。。

それとこの時の髪色も合ってた気がします。わたしは普通にカラーするとオレンジが強くなってしまうのですが、こちらは若干赤み?ピンクみ?があるのかな。

 

あまり写っていませんが…苦笑 そしてノースリーブ率高いですね。これはラルフローレンで色ち買いをしました。この手の淡い発色は得意な肌色のようです。こちらもヘビロテののち処分しました。

 

振り返ってみると、PCに合う服は自分でも気に入っていたようでボロボロになるまでたくさん着て、手元から離れている服が多いことに気づきました。

(そして気に入ってた服って、シンガポール時代着てた服が多い…。帰国後会社に着ていくことを重視しすぎて、ちょっと失敗が多かったかも。日本は流行もはっきりしていますしね)

 

似合う色、肌と調和する色が明確にわかれば、無駄がないですよね。

もはやなんでも着こなしたいといった願望はあまりない…かな(羨ましく思うことはありますが)。

似合うものを知り、そこから外さないことがお洋服や化粧品を無駄にしない秘訣。場所とお金の節約にもなりますしね。

 

PCの本も参考にしながら、しっかり役立てていきたいと思います。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

ブラッスリー・レ・サヴールでアフタヌーンティー@セントレジスシンガポール 

BRASSERIE LES SAVEURS

シンガポールのアフタヌーンティー(ハイティー)といえば、ですが、

まず一度は行ってみたい、ラッフルズホテルのティフィンルーム。2018年は改装中ですが…装い新たになったらまた行きたいですね。

 

そして当時在住者に非常に人気が高かったグランドハイアットの10スコッツ。

写真がフォルダにありました。シャンパンフリーフローとビュッフェの充実感で数年前コスパNo.1とよく言われていました。

 

そして、ガイドブックや個人ブログ等でもおすすめに挙がることが多いのが、セントレジスのブラッスリーレサブールです。

そのわりに在住時なんとなく行けず、せっかく宿泊したので今回は念願のブラッスリーレサブールアフタヌーンティー初体験でした^^

内装はお花が可愛いです。ちょっとオリエンタルな感じで、バンコクのセントレジスと比べると同じ東南アジアでも中華圏っぽいなと思いました。

バンコクのアフタヌーンティーの記事はこちらからどうぞ。


紅茶はTWGです。セントレジスブレンドを選びました。

これがすごく美味しいんです!ほどよく甘みがありつつ、すっきりしています。

とても気に入ったので、朝食(もこちらが会場でした)でも毎回オーダーしました。バトラーサービスでも頼もうとしましたが、それはNGでした。

前菜のパイ。うすーいカニクリーム味というのでしょうか。。。←あまり口に合わなかったんです

3段トレイ。ビュッフェがあるので、トレイに乗っているものはそれほど多くありません。緑のスコーンはおそらくパンダンリーフですね。シンガポールのお菓子やパンなどでは、非常によく使われています。着色ははっきりしていますが、香りなどはそれほど強くない、かな。

しょっぱい系が特に美味しかったです^^

 

トレイのものをいただき、ビュッフェをのぞいてみました。

お口直しに最適なフレッシュフルーツもバラエティ豊か。

この中だとパイナップルが好きです。日本でも房ごと買って、自分でカットしてすぐ食べきります。笑

あと、アジアのスイカも結構好きです。甘すぎないので、暑いときはお水代わりにバクバク食べてしまいます^^;

焼き物も、小さいココットに一つずつ入っていると可愛いですね。

お寿司系やハムなどもビュッフェにありまして、わたしはスモークサーモンや生ハムなどをいただきました。マンゴーピュレも美味しかったです。

スイーツ類。あ、ここにもパンダンリーフを使っていそうなものが2品も。やはりシンガポールの定番ですね。

そして、ブラッスリーレサヴールのビュッフェの目玉、チョコフォンデュです

見た目もわくわくする、大きなチョコファウンテンと、ドライフルーツなどのチョコをかける素材が並んでいます。

わたしチョコレートが甘いお菓子類でダントツに好きで…これはお腹がいっぱいでもつい飛びつきたくなります。

駐在の皆さん曰く、このチョコフォンデュ目当てでリピートする人も少なくないんだとか。

 

お腹もいっぱい、楽しいひとときでした。ただやっぱり食器を下げるのが早いです。。。「待って、まだ食べてる!」ってひとこと言ったら「あ、そうわかった」って放っておいてくれるのですが、久しぶりのシンガポールでその感覚を忘れていました。

自己主張のできる日本人にならなくては、と思わせられました。笑

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

大理石のラウンジ☆セントレジス シンガポール REMEDE SPA、フィットネスルーム

REMEDE SPA @St.Regis Singapore

セントレジス内にある、フランスのルメードゥが手がけるスパに行ってみました。

 

こちらのスパのウォームストーンマッサージはシンガポールのWomen’s Weeklyでスパアワードを受賞しています。

シンガポールの雑誌っていろんなアジアスパやホテルが載っているので、紀伊国屋に寄ってはよく見ていました。

雑誌ではないですが、Great Escapesシリーズも大のお気に入りで、家で時折眺めております(^^)☆

 

わたしはウォームストーンなどよりもハンドマッサージの方が好きで、この日は90分のアロママッサージをお願いしました。

パウダールーム、更衣室は照明抑えめでレトロな感じでした。

日中の時間帯に伺ったのですが、混雑とまではいきませんが、ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

 

ルメードゥスパで楽しみにしていたのは、こちらの大理石のウェットラウンジです♡

こうやってみると、備品のボーダーのタオルは相性がいいですね。

水中で何もせず、ぼーっと過ごしていました。

扉を開けると、半屋外ジャグジーもあります。

シンガポールって1年を通じて割と快晴は少なくて、なんとなく曇っていることが多いんですね。1日のうち1、2時間スコールが降る日も多いです。なので半屋外でも直射日光って感じでなく、程よい採光で楽しめていいと思います★

 

個人的にはラウンジでもーっとゆっくりしたかったのですが(そのために早めにスパに行ったので)、予定よりかなり早めに呼ばれてしまいました。え、早すぎ!と思ったのですが、勢いに押されてはい行きます、と答えましたが…。ちょっぴりがっかり。

 

うーん、しばらく離れていて感覚を忘れていましたが、シンガポールの人は基本的にせっかちかもしれません。早く任務を終わらせなければ!と動いているので、個々人のホスピタリティーより、職務に対するレスポンシビリティーの方がまず大事という印象です。

 

慣れてしまえば、こちらがYes,Noとか、後に回してくださいとか、意思表示さえはっきり示せばその通りにしてくれるし、深追いせず放っておいてくれるので変に気を遣わずとっても楽チンなのです。

 

ただ最近は日本やタイなどの「あんまり意思表示しなくてもなんとなく察してくれる」サービス業でだいぶ甘やかされてしまっていたので、スパに限らず高級ホテルなのに冷たい、キツイ。。。とちょっと感じてしまいました。

 

ただマッサージは気持ちよかったですよ^^

相変わらず起きていられないのですが。。。=リラックスしているということで。

 

フィットネスルーム、プール

スパの反対側はフィットネスルームです。

朝ジムに行ったので、朝一で汗を流そう!というヘルシーな皆さん?でこちらもひっきりなしに人がいらっしゃいました。

走ったり、筋トレしたり、海外旅行するといつもよりアクティブになりますねぇ。

プールは夜伺ってみました。

夜プール、シンガポールだと少し肌寒いかもしれません。慣れると入れるのですが、冷水なのと意外と夜は涼しくなるので、わたしは毎回唇が真っ青になってしまいます。笑

 

シンガポールでもスパとジムに行きたいというやりたいことの一つが達成できて満足です。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール ヤクンカヤトーストが好きすぎる件。とコイティー

カヤトーストが食べたくて仕方ない。

シンガポールの朝食及びおやつとして長年愛されているのがカヤトーストです。

トースト(お店によって薄切りだったり厚切りだったり)にカヤジャムというココナッツ、卵、砂糖でできたジャムと薄切りのバターを挟んだもの。

そのまま食べてもカヤジャムの甘さとバターの塩気がマッチして美味しいのですが、

一緒に注文した生卵にお醤油を垂らしてかき混ぜ、

カヤトーストをそこにつけて食べるのが大好きです♡笑

海外で生卵…抵抗ある方も多いかもしれませんが、気にせず食べちゃった。今回も。

 

わたしはカヤトーストが大好きなのですが、数あるカヤトーストを食べられるお店の中でも行くのはいつもヤクンカヤトーストと決めています。ここのトーストは超薄切りなのです。

薄切りトーストをこれでもかというくらいカリッカリに焼いてくれるのがたまらなく美味しいです。

 

単品で2ドルくらい、ドリンクセットで4ドルくらいからで、とてもリーズナブル。

Copi(ドリンク)の頼み方

あ、ここで出されるコーヒーはコピ(コピーと同じイントネーション)と言いまして、

Copi=砂糖とコンデンスミルク入り、標準で出てくるもの。

Copi O(コピオー)=砂糖入り

Copi C(コピシー)=砂糖とコーヒーフレッシュ入り

コピオコソン=ブラックコーヒー

と言います。カヤトーストも甘いのでわたしはコピオコソンを頼むことが多いのですが、基本的に激甘な味つけが前提のコーヒーですので、ブラックだとかなり苦いですので悪しからず。。

 

 

今回の滞在ではドビーゴート駅直結のプラザシンガプーラ店に行きました。4階の新館にあります。

※営業時間は毎日8:30〜21:45

カヤトーストを食べる人だけでなく、結構コーヒーだけの人も多いです。スタバが4ドル前後からの国で、トーストとドリンクを合わせてもそのくらいで楽しめるので、カフェ需要としても高いです。

 

店舗は基本的に混んでいてあまり広くなく、アジアのローカル感が強いのですが、オーチャードセントラル店は広々して綺麗な店舗なので、10時開店で朝は開いていないのですが、ゆっくりくつろぎたいときはオススメです。

※営業時間は日〜木10:00〜21:00、金土10:00〜21:30

 

おまけ:KOI The

台湾発祥ですが、KOI Theが大好きです。東京ではゴンチャが人気ですね。シンガポールにもゴンチャがありましたが、わたしはKOI派でした。前はKOI cafeって名前だったような気がするのですが。

プラザシンガプーラ店。

プラザシンガプーラ店は以前は普通のイートインスペースがあったのですが、テイクアウェイのレジとは別のKOI PLUSという高級路線のカフェスペースに変わっていました。

くまちゃんいっぱい♡

もっぱら、ここではLサイズをテイクアウェイして、炎天下の中道中ぐびぐびと飲みまくるのがお決まりです。

Lサイズ。

パッションフルーツグリーンティーが大好きです!

グラスジェリー(仙草)トッピングもお気に入り。

ぜひ東京にも進出して欲しいです^^(沖縄にはありました!)

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

シンガポール チャイナタウンでパワーチャージ観光

チャイナタウンを満喫の巻

シンガポール旅行中にした旅行らしいことのひとつが、チャイナタウン観光です。

チャイナタウンと言えば、パゴダストリート。お土産屋さんが沢山あり、とにかく人の多い通りです。シンガポールで一番混んでいるかもしれません。

そしてアジアの中ではコピーライトにうるさそうなシンガポールですが、この辺りの売り物はは無法地帯気味。ケアベア並みにカラフルなリラックマ的な何かとか、沢山売ってます。

 

SONG FA bak kut teh バクテーご飯

 

シンガポール名物の中でも最もお気に入りの一つ、肉骨茶(バクテー)。胡椒とにんにくがたっぷり入った骨つき豚肉のスープを、ご飯や揚げパンと共にいただく料理です。

肉骨茶を出すお店の中でも最も有名な人気店、ソンファバクテーのチャイナタウンポイント店でご飯を食べました。いつ行っても混んでいますが、回転が早いので行列のわりにすぐ食べられます。

 

どーん

見かけは豪快ですが、この荒っぽいお肉と胡椒のきいたスープがたまらないのです♡

ポークリブは手づかみでガシガシいただきます。スープはガンガンおかわりをくれます。

元気が湧いてくる一品。あー、見ていたら本当食べたくなりました^^;

赤坂のバクテー屋さんに行こうと思います。近々。


ちなみにチャイナタウンポイントは、チャイナタウンでは数少ない、心配なくお手洗いを使える綺麗なショッピングモールです。

チャイナタウンは全体的に古いお店や小さいお店が多いので、お手洗いに困った時はチャイナタウンポイントに行かれることをお勧めします。

マッサージ 養心殿、Kenko Wellness

パゴダストリートから横断歩道を渡った向かい側に、こんないかにもチャイナタウンなショッピングモールがあります。

People’s Park Shopping Centre と People’s Park Complex

2つのショッピングモールは、マッサージ屋さん、旅行代理店、屋台、ほくろ取りなどが集中しています。

上の写真の横断歩道を渡って真正面の、 People’s Park Complexの3階入口近くにある、養心殿というマッサージ屋さんがお気に入りです。

非常にリーズナブルで(マッサージ1時間30SGDしなかったと記憶しています)かなり痛いですが、ツボにしっかり入る感じの痛みで、むくみがすっきりします!強いマッサージが平気でしたら、こちらのフットマッサージはシンガポールの中で最もおすすめです。

残念ながら、今回は予約なしで行ったら入ることができませんでした。夕方以降や休日は混むので電話をおすすめします。受付のお姉さん物腰柔らかい方ですよ^^

養心殿(Yang Xin Dien)

1, Park Road, #3-12

営業時間:11:00~21:00

電話:+65 6536 6587

 

養心殿に行けなかったので、シンガポール国内でチェーン展開しているKenko Wellness Spaに行きました。ケンコーって健康のことでしょうか?

赤いソファとクッションが中華っぽいかな。

Kenkoはどちらの店舗を利用しても、安定して上手な方が多いです。お値段もそれなりですが(激安マッサージと比較すると2倍くらい違ったりします)、比較的綺麗な店舗が多いです。

あとサマセット店など、店舗によってはフィッシュスパ(魚に足の角質を食べてもらう)もできますよ。

こちらも養心殿と同じく基本的に結構グリグリとツボを押す感じなので、強めがお好みの方にお勧めです。

Kenko Wellness (South Bridge)

住所:199 South Bridge Rd

営業時間:10:00〜23:00

電話:+65 6223 0303

 

チャイナタウンフードストリート。半屋外でわいわいガヤガヤ飲食店が立ち並んでいます。

 

味香園甜品でかき氷

チャイナタウンのシメと言えばやっぱり味香園のかき氷ではないでしょうか。

注文レジ。後ろの日本語は日本人の校閲が入っている感じがします

マンゴーシェイブアイス。あー、これがずっと食べたかったです♡

マンゴー大好きですね。

 

今では大好きなチャイナタウン

楽しい観光スポット、チャイナタウン。

 

シンガポールに住み始めた当初、チャイナタウンはちょっと苦手でした。

 

今思えば、春節(チャイニーズニューイヤー)直前に引っ越したものですから、最もチャイナタウンが賑やかで。。。装飾と音楽がすごかったからだと思います。

シンガポールのCNYを代表する、最も中毒性が強い一曲を貼っておきます。


チャイニーズニューイヤーっぽい音楽はチャイナタウンに限らず、シンガポール全域、もっと言うと中華系の多い場所なら世界中どこに行っても流れているかも。

 

横浜や神戸の中華街は、その時期は訪れたことがないのですが、きっと賑やかですよね。神戸は子供の頃、横浜やみなとみらいは、東急東横線を使っていた頃は結構遊びに行きましたが、そういえば最近ご無沙汰です。

来年あたり、春節を味わいに行ってみようかなと思います。

 

ちなみに、今回の旅のガイドブックは何冊かチェックしたのですが、こちらのハレ旅をチョイスしました。ここを載せるとはお目が高い!とか、ここ行ってみたい!と思うようなお店が、一番凝縮されて載っていました。シンガポール観光の参考に是非。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。