JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチ宿泊記 ロビーと客室

やってきました、シンガポール(^^)♡

JW Marriott Hotel Singapore South Beach

宿泊したのはJWマリオットサウスビーチ。

エリアとしては一応マリーナベイエリアに入るかと思います。最寄駅はエスプラネード(直結)、同じ交差点上にサンテックシティとマリーナスクエアがあり、少し歩いたところにシティホール駅直結のラッフルズシティショッピングセンターもあり、そしてマーライオンも徒歩圏内。お買い物も観光も徒歩圏内にバッチリな立地かと思います。

エントランスからしてアート系ホテル感が。ゴリラとポップなチェア、そして真正面にはLEDスクリーン。クリスマス前でしたので冬のホリデーらしいムードの映像が流れていました。

エントランスから入った瞬間、いい香りがしました♪

そして流れてる音楽も今時な感じ←ほかの言い方はないのか

エントランス付近の調度品はまるでアーティストのお部屋みたいです。

こちらのロビーでチェックイン。

この一角、カワイイです♡

ウェルカムドリンク、さっぱり甘くて美味しかったです。

エレベーターはタコやカニが描かれ、照明の色が変わります。クセが強い。

こういうカーペットを見るといつか見たジャクソンポロックの絵を思い出します。

こちらが客室です。女性が舞っている…!笑 たしかアップグレードなしで、あまり広くはないお部屋でした。客室も通路と同じく、ジャクソンポロックのペンキアートのようなカーペットが敷かれていました。

実物を見に行ってみた。
実物を見に行ってみたその2。

全体的には柔らかいクリーム系の色調の家具にモノトーンがミックスされた感じです。

ベッド周りで複数USBが使えて、変換プラグをいちいち出さずに済むのがとてもありがたかったです。

ドアからの通路は細長め。左がバスルームになっています。

書斎スペースの正面にテレビがどーんと^^;

ちょっと時間が前後してしまいますが確かターンダウン後にボックスが置いてあったのですが…
クリスマスらしい、可愛いチョコレートギフトが入っていました(^^)♡

ミニバー。TWGなどが置いてあります。TORRESのブラックトリュフチップス。大好き。

バスルームは白を基調にしており、写っていませんがシャワー室やトイレがありそこまで広くはありませんが手狭感もありませんでした。バスルームやクローゼットの造りなどが、シンガポールのコンドミニアムってこんな感じだったよなぁ〜と、住んでいた人は懐かしくなるかも(なった)。こちらのホテルはレジデンス部分もあるそうです。ホテルの客室もコンドっぽい感じがしました。

アメニティーはアロマセラピーアソシエイツです♡

こちらに泊まったのは一泊だけでしたのでスーツケースの中もほとんどいじらず、最低限だけ出して生活。

実は今回初JWだったのですが、このようなデザイナーズホテル風のJWはとても珍しいそうですね。(この前に宿泊していたバンコクのシェラトンのラグジュアリーコレクションも珍しいようですが…)

前身がデザイナーズホテルだったそうです。そしてオープンして間もなくマリオットに経営が変わったとのことで、フランス人デザイナーPhilippe Starck氏のデザインがそのまま継承されているそうです。

ラウンジに行って見たり、プールやジムで遊んでみましたので、別記事にて紹介します。

JWマリオットシンガポールサウスビーチまとめ



☆にほんブログ村に参加しています。
世界一周カテゴリに移りました。よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

インスタグラムアカウント

The following two tabs change content below.
ちやな
ミニマリスト/旅行大好き/都内在住夫婦二人暮らし/ランニングウォーキング好き/ゴルフは下手/ホロスコープ(ライツ双子/獅子 ASC天秤)/申酉天中殺