シェラトン・タワーズ・シンガポール宿泊記 客室とラウンジ

Sheraton Towers Singapore

シンガポールではセントレジスのほか、シェラトンに宿泊しました。

★☆セントレジスの記事☆★




 

シンガポールのホテルの中ではかなり老舗のシェラトン。

オーチャード駅から一駅のニュートン駅の近くにあります。

 

とても落ち着いた雰囲気のお部屋です。ぐっすり眠れそうだし、実際ぐーすか寝てました。

ウエルカムアップル。運動後にいただきました。

ミニバー。Robert Timmsのコーヒーはわりとシンガポールで見かけますね

 

窓際で景色を観ながらくつろぎたいときはこちら。

…しかしどんよりしている。。。セントレジスのタングリンロードもそうでしたが、ニュートン周辺も木々が多いですね。さすがグリーンシティ。

 

バスルームもかなりオーソドックスです。設備は新しくはありませんが清潔感は保たれていて◯です。アメニティは世界共通のシェラトンのもの。

 

デスク周りにはシンガポールの建築物のイラストが^^中央2軒の柱の色が対称になってる☆

ひとつひとつの建物も隠れ柱フェチなので好きなのですが笑、テラスハウスになっているのがやっぱり可愛いなぁ。

デスクはちょっと作業するには奥行き狭めかな。

 

ということで、ラウンジへ行ってみました。

厚みのあるソファがどーんと置かれていて重厚感があって素敵なお部屋。好きですー。

シックな感じにビビッドなお花のアクセントとか。できるだけ左右対称のほうが美しいなーとか目で見て学んでいます(?)

小腹が空いてりんごとクッキーひとつをいただきます。スパークリングウォーターはどこでも飲みます☺︎

ついていたのはChannel News Asiaというチャンネル。アジア各国のニュースを、日本など極東からインドなどの南アジアまで網羅して放送しているチャンネルです。

久しぶりにぼーっと観ましたけど、こうやってまんべんなくアジアについて報道している番組が地上波で広く放送されているのを考えると、日本のテレビって東南アジアを始めアジア各国の報道がちょっと少な過ぎる気もします。

自分が暮らし始めるまで日本とアジア各国との関わりの深さを知らなかったし、東南アジアがどんどん発展してきていることもわかりませんでした。

日本の報道を見ていると、アジアは中国韓国北朝鮮しかないような錯覚を受けます。地理的に近いのもあるんでしょうけれど、もっと日本を慕って親しみを持ってくれている国がたくさんありますよね。そちらについてのニュースも流したほうがより世界を知ることができるし、日本人にとって精神衛生上いいと思います!

はい、話が逸れましたー。

 

客室とラウンジはこんな感じで、タワー型ホテルの先駆けとして長年親しまれてきただけあり、トラディショナルで使いやすく、落ち着いた雰囲気でした。

☆にほんブログ村に参加しています。
今後どのような記事を書いていくか参考にさせていただいておりますので、こちらの記事が面白かったらクリックをお願いいたします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

インスタやってます。

 

The following two tabs change content below.
ちやな
ミニマリスト/旅行大好き/都内在住夫婦二人暮らし/ランニングウォーキング好き/ゴルフは下手/ホロスコープ(ライツ双子/獅子 ASC天秤)/申酉天中殺