コインチェック事件から…資産を増やしたい人はミニマリストになればいいと思った話

モヒートが大好きです

 

今週は日本列島どこもとても寒かったですね。寒さに弱いため随分と疲れやすくなっていました。周りを見ても、本調子の人は少なかったかも。寒い時は省エネモードになりますね。

そして週末。はれのひの社長が会見したかと思いきや、コインチェックのハッキング事件と、個人的に見ていてざわつくニュースが続き、昨日からどっと疲れてしまいました。

命を取られる思いをした人もたくさんいると思います。

眠れなかった人もいると思います。

 

私個人も、多少なりとも資産を入れていますので、他人事ではありません。

ガクガク震え、疲れ、動向を逐一チェックしているうちにますます疲れてしまいました。

 

思い切り寝ました。ダラダラ永遠に寝続けました。

それで多少体調が戻ってなってきたところで、

「資産増やしたいならまずミニマリストになるべきじゃない?」と思いました。

資産を増やすためにミニマリストになるといい理由

 

家事の量が減り体力的に余裕ができる

ぐったりしていた今日、そうは言っても日常をきちんとしないと悪循環ですから、洗濯を回したり掃除をしたりして、少しでも元気になろうと思いました。

 

ただでさえ疲れやすい体質なので、精神的ダメージも肉体的ダメージも極力受けたくないです。

モノが少ないと、掃除洗濯や管理が楽です。疲れているなりに、終わってしまう。

モノが多かった時は、「今日は大掃除だー!」と取り組んでも途中で疲れてしまい、中途半端に出したモノたちがそのままにされ、余計に散らかってしまう、そしてやる気をなくす…という悪循環に陥ってしまいました。

 

そうすると新しいことに取り組む余裕とか、冷静な判断だとかがどんどんできなくなっていきました。

 

疲れているなりに、家事が回る程度にモノを減らしておくと、余裕ができます。「何か初めてみよう」「この投資は検討に値するだろうか」と冷静に考えられるようになります。

 



片付いた部屋をキープすることによる自己肯定効果は高い

部屋の乱れは心の乱れは言うまでもないのですが、綺麗な部屋を継続的に保てていると、自分に自信が持てます。

私は片付けが行き届かない家で育ち、片付いている状態というのが大人になるまでわかりませんでした。

モノを減らして片付いた状態の家 を体感したことで、それがいかに精神の安定に役立つか、自己肯定感につながるかということを激しく体感しました。

新しい家、かっこいい家、大きい家に住むことも確かに自己肯定感につながると思いますが、それはもっとお金に余裕ができてからでも遅くないと思います。

片付いているという事実は、多少狭い家でも、古くても、みじめな気持ちになることを避けてくれます。

逆に、狭くて古くて居心地が悪い家を快適にすることができたら「どんなところでも大丈夫。」という自信になります。これ大事。

 

固定費の圧倒的な削減

モノが部屋のスペースをとっているということはモノのために家賃なりローンなりを払っている(または払った)ということです。

「これ以上狭い部屋に引っ越せない」と思っていました。

そのころのわたしの家は「なんとなく可愛い風のモノたち」「でも安っぽいものたち」であふれていました。

それらのものをえいやと捨て去ったところ、当初はそれでも身体の一部をもぎ取られるような気持ちになりましたが、なくなったほうが家の雰囲気も落ち着いて過ごしやすくなりました。

収納スペース、置き場所に苦心するモノが減れば、部屋のサイズはもっと小さくても大丈夫になります。

毎月必ず払わなくてはいけないお金が減ると思うと、心から楽な気持ちになります。

それでお金が貯まっていったら、その時また改めて「もっと大きい家に住みたいか?」と自分に問うてみてもいいと思います。

 

流動費も減る

そもそも部屋が狭いと余計なものを置けなくなるので、モノを買う時より慎重になるかと思います。

また、モノを減らすと「消費の連鎖」も減っていくと実感しています。

消費の連鎖は何かと言うと、わかりやすいのが洋服ですが、クリーニング屋さんに持っていくことが必要な服が多いほどクリーニング代が増えます。

手持ちの服が一着増えるとそれに合わせるものが欲しくなります。「あれに合うから」という言い訳が増えます。

合わせるもの商法は洋服に限りません。

ジュエリーは重ね付けコーディネートができる人がおしゃれである

この調味料を使うための食材を買わなければ

このメイン料理に合う副菜を作らなければ

スマホを買ったらケースを買わなきゃ、え?なんで裸で持ってるの?(私はケースを付けていません)

 

合わせ商法にはキリがありません。

私は調和がとれていることはとても大事だと思うタチですが(@アセンダント天秤座の性らしい)

少数のものの中で、調和がとれた組み合わせを目指していきたいと思っています。

 

見栄を張らなくてもよくなる

調和がとれていることだったり、少ないものでも確実に自分が好きで合っているものを選んでいれば、例えば同じ服を着ていったりしてもあまり気にならなくなります。

見栄はお金を吹っ飛ばします。冷静な判断ができなくなります。

あまりにも見栄を張らないと付き合っていけないような人は、そもそも自分にとって合わない人なのかもしれませんね。少しずつ距離を置いていくほうがいいのかもしれません。

 

職業金持ちに惑わされない

「セレブの振る舞いをすること」が職業の人もいます。それが収入につながる人です。

そういう人の方が目立ちますから、そっちを目指してしまいがちです。キラキラ、むしろギラギラして眩しいエネルギーを持っています。

「となりの億万長者」の本のように、すごい資産家でもこれだけ質素な生活をしている人がいることを、頭の片隅に入れておくと、おかしな消費を食い止める助けになるかもしれません。

もちろんそんな人ばかりではないですが、「まだそっち側にいっていないうちから、こんなことではいけないぞ」と気持ちを引き締めることに役立つかと思います。

 

ミニマリストの先に

「お金がたくさん増えても、今の生活をしたい?」と聞かれることがあります。
わたしは実際に資産が大きく増えないことには、本当の自分の欲求はわからないのでは…と思っています。

お金が増えた時に、やはり小さく暮らしていきたいと思うか、大きい暮らしをしたいか、それはその時にまた考えてみればいいと思います。

少なくとも今はミニマリストであることを楽しみ、夫とともに豊かさについての勉強をしていきたいと思っています。

ブログ村に参加しました。バナーを押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
ちやな
ミニマリスト/旅行大好き/都内在住夫婦二人暮らし/ランニングウォーキング好き/ゴルフは下手/ホロスコープ(ライツ双子/獅子 ASC天秤)/申酉天中殺